Top > Search of Japanese Patents > VISUAL-AXIS DIRECTION SPECIFICATION SYSTEM

VISUAL-AXIS DIRECTION SPECIFICATION SYSTEM meetings

Patent code P06A009296
Posted date Sep 1, 2006
Application number P2004-338939
Publication number P2006-141862A
Patent number P4654434
Date of filing Nov 24, 2004
Date of publication of application Jun 8, 2006
Date of registration Jan 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)新井 康平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title VISUAL-AXIS DIRECTION SPECIFICATION SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a visual-axis direction specification system improving the accuracy of detecting the visual-axis direction, and finding the coordinates of the visual axis destination in a visual axis object by grasping not only the abscissa but also the ordinate of the visual axis.
SOLUTION: This visual-axis direction specification system is provided with an imaging device 10, an eye tail detecting means 21 detecting the tails of the both eyes in an image captured by the imaging device 10, a lip detecting means 22 detecting the both lips (angulus oris) in the captured image, an iris center detecting means 23 detecting the iris center in the captured image, a face position/direction specification means 24 specifying the position and the direction of the face based on the eye tails detected by the eye tail detecting means 21 and the lips detected by the lip detecting means 22, an iris direction specification means 25 specifying the iris direction from the iris center detected by the iris center detecting means, and a visual-axis direction specification means 26 specifying the visual-axis direction based on the iris direction specified by the iris direction specification means 25. This system can detect the visual-axis direction by capturing the image of the face with the imaging device by a user.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


背景技術となる視線方向特定システムに類似する技術としては、特開2003-271932号公報に開示される視線方向検出装置がある。この視線方向検出装置は、顔画像撮像手段によって撮像された顔画像から目の位置を特定し、この眼位置特定手段により特定された画像から眼球の回転角を検出するとともに、顔画像位置特定手段によって撮像された顔画像から顔の向きを検出し、これら眼球回転角と顔の向きから視線方向を検出する構成である。この視線方向検出装置によれば、視線方向検出の精度をある程度向上させることができる。
【特許文献1】
特開2003-271932号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、使用者が視線を向けている視線対象物における視線方向先の座標を求める視線方向特定システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
任意に設定可能な基準面に対して使用者が正面を向いた状態で、当該基準面で指定される複数の注視点を注視する毎に基準画像を撮像すると共に、前記使用者の視線を検出するための画像を撮像する撮像装置と、前記基準画像及び視線を検出するための画像に基づいて各撮像した画像内の両眼の目尻を各々検出する目尻検出手段と、前記基準画像及び視線を検出するための画像に基づいて各画像内の両口元(口角)を各々検出する口元検出手段と、前記基準画像及び視線を検出するための画像における前記使用者の黒目の輪郭である真円に近い形を極座標変換で直線に変換し、当該変換された直線成分に基づいて各画像内の黒目中心を各々検出する黒目中心検出手段と、前記目尻検出手段で検出した目尻及び前記口元検出手段で検出した口元から顔の位置及び方向を特定する顔位置方向特定手段と、前記黒目中心検出手段で検出した黒目中心から黒目方向を特定する黒目方向特定手段と、前記顔位置方向特定手段で特定した顔の位置及び方向並びに前記黒目方向特定手段で特定した黒目方向から視線方向を特定する視線方向特定手段とを備えることを
特徴とする視線方向特定システム。

【請求項2】
 
前記請求項1の視線方向特定システムにおいて、
表示装置を備え、
前記基準面が表示装置の表示面であることを
特徴とする視線方向特定システム。

【請求項3】
 
前記請求項2に記載の視線方向特定システムにおいて、
前記表示装置にキーボードを表示し、表示したキーボードへの使用者の視線方向を検出し、視線方向先のキーを特定することを
特徴とする視線方向特定システム。

【請求項4】
 
前記請求項2又は3に記載の視線方向特定システムにおいて、
使用者の視線方向を検出し、前記表示装置の表示面と視線方向が交わる場合に、交点部分にカーソルを表示させることを
特徴とする視線方向特定システム。

【請求項5】
 
前記請求項2なしい4のいずれか記載の視線方向特定システムにおいて、
前記基準画像を表示し、さらに、基準画像から検出した目尻及び口元、基準画像から検出した黒目中心を表示した基準画像内で明示することを
特徴とする視線方向特定システム。

【請求項6】
 
前記請求項1ないし5のいずれかに記載の視線方向特定システムにおいて、
前記基準画像が、可視波長の画像であることを
特徴とする視線方向特定システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004338939thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close