Top > Search of Japanese Patents > DETERMINATION METHOD OF BRITTLE TEMPERATURE OF FROZEN ANALYTE UTILIZING DIELECTRIC CHARACTERISTIC

DETERMINATION METHOD OF BRITTLE TEMPERATURE OF FROZEN ANALYTE UTILIZING DIELECTRIC CHARACTERISTIC

Patent code P06P003855
Posted date Sep 8, 2006
Application number P2005-038470
Publication number P2006-226734A
Patent number P4654435
Date of filing Feb 15, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Jan 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)羽倉 義雄
  • (In Japanese)米村 道子
  • (In Japanese)鈴木 寛一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title DETERMINATION METHOD OF BRITTLE TEMPERATURE OF FROZEN ANALYTE UTILIZING DIELECTRIC CHARACTERISTIC
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for determining nondestructively a brittle temperature optimum for processing a frozen analyte.
SOLUTION: In this determination method of the brittle temperature of the analyte, a measurement result of a capacitance is converted into the brittle temperature following a mathematical expression (1) and a mathematical expression (2), based on the fact that a relation between a capacitance relaxation finish temperature and a relaxation time and a relation between the brittle temperature and a strain time follow an Arrhenius type expression.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


魚体を凍結すると、魚体の力学物性は凍結温度とともに変化する。この力学物性の変化は魚体の組織ごとに異なっており、それぞれの組織は異なった温度で脆性を示す。一般に、脆性が発現する温度を脆化温度という。従来、魚体組織の脆化温度の違いを利用し、魚体の輪切りや三枚おろしを行う切断加工および凍結粉砕を利用した魚体の組織分離について検討が行われている(非特許文献1~3)。



魚体を低温加工する場合、脆化温度付近で切断加工や凍結粉砕が行われる。このため、脆化温度が予め明らかになっていないと、精度の高い切断や効率の良い分離を行うことができない。これまで、脆化温度は力学的な材料試験を行うことにより求められており(非特許文献4)、凍結状態の魚肉については、その強度が比較的高く、しかも塑性が少ないことや、三点曲げ試験の結果からその強度に異方性があることなどが報告されている(非特許文献5)。
【非特許文献1】
羽倉義雄:「食品とガラス化・結晶化技術」、 (村瀬則郎、 佐藤清隆編)、サイエンスフォーラム、pp.215-220.(2000)
【非特許文献2】
Y.Hagura、H.Watanabe、 M.Ishikawa and Y.Sakai :An application of cryo-shattering to low-fat meat separation from whole fish of mackerel and sardine、 Nippon Suisan Gakkaishi、55、 2119-2122(1989)
【非特許文献3】
羽倉義雄 :冷凍、68 (787)、pp.57-62(1993)
【非特許文献4】
羽倉義雄、 渡辺尚彦:シャルピー衝撃試験機を用いた最適凍結粉砕分離温度の決定、日本冷凍協会論文集、 9(3)、pp. 277-282、 (1992)
【非特許文献5】
岡本清、羽倉義雄、鈴木寛一、久保田清:曲げ荷重により切断した凍結魚肉の切断面角度に及ぼす筋繊維配向角度の影響、日本食品科学工学会誌、43(9)、1035-1041、(1996)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、誘電特性を利用した凍結被検体の脆化温度の決定方法に関するものであり、特に、凍結被検体の静電容量を測定し、上記静電容量と力学的特性との相関関係を見出して、凍結被検体の加工に最適な脆化温度を決定する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検体の静電容量を測定する静電容量測定ステップと、
上記静電容量と被検体の凍結温度との関係に基づいて緩和終了温度を算出する緩和終了温度算出ステップと、
上記緩和終了温度と周波数との比例関係に基づいて緩和時間を算出する緩和時間算出ステップと、
【数1】
 


に基づいて上記緩和時間から歪み時間を算出する歪み時間算出ステップと、
上記歪み時間を、
【数2】
 


に代入することによって脆化温度を算出する脆化温度算出ステップと、を備えることを特徴とする被検体の脆化温度の決定方法。

【請求項2】
 
上記歪み時間を、
【数3】
 


に基づいて算出することにより、上記歪み時間を被検体の変形速度によって調整することを特徴とする請求項1に記載の被検体の脆化温度の決定方法。

【請求項3】
 
上記歪み時間を、
【数4】
 


に基づいて算出することにより、上記歪み時間を粉砕機の粉砕手段の回転速度によって調整することを特徴とする請求項1に記載の被検体の脆化温度の決定方法。

【請求項4】
 
上記被検体は動物であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の被検体の脆化温度の決定方法。

【請求項5】
 
上記動物は魚類または家畜であることを特徴とする請求項4に記載の被検体の脆化温度の決定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005038470thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close