Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING CHONDROITIN

METHOD FOR PRODUCING CHONDROITIN

Patent code P06P003856
Posted date Sep 8, 2006
Application number P2005-039838
Publication number P2006-225485A
Patent number P4696236
Date of filing Feb 16, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)羽倉 義雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHOD FOR PRODUCING CHONDROITIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method whereby bone tissue can be easily separated even from conventionally discarded shark processing residues, and chondroitin sulfate can be produced from the separated bone tissue.
SOLUTION: By grinding shark processing residues (tissue aggregate) while keeping them frozen at -20°C and classifying the obtained group of ground particles, it is possible to easily separate bone tissue from the processing residues being a mixture of muscle tissue and bone tissue and to produce chondroitin sulfate from the separated bone tissue.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、健康を意識した食品の開発が活発に行われており、例えばサメの軟骨に多く存在するコンドロイチンは、1960年代初期に医療用医薬品として認可されて以来、内服薬、注射薬、点眼薬として幅広く使用されており、特に、関節痛、肩間接周囲炎、腰痛症に対する関節軟骨の働きを補う用途として、また、眼角膜表層の保護等として注目されている。



サメの軟骨やサメの肝油由来の医薬品・健康食品は、コンドロイチン以外にも、コラーゲン、ミネラル、スクワレン等のなどが注目を集めている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、コンドロイチンの製造方法に関し、より詳細には、コンドロイチンを、サメの加工残渣から分離した骨組織から製造するための製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
筋肉組織および骨組織を含む組織集合体を用いてコンドロイチンを製造するコンドロイチンの製造方法であって、
上記組織集合体を凍結粉砕して、粉砕粒子群を得る凍結粉砕工程と、
上記凍結粉砕工程によって得られた上記粉砕粒子群から、上記骨組織からなる粉砕粒子を分級する分級工程とを含み、
上記分級工程では、所定の粒子径を有する粉砕粒子を分級することを特徴とするコンドロイチンの製造方法。

【請求項2】
 
上記分級工程では、上記凍結粉砕工程によって得られた上記粉砕粒子群を、互いに異なる目開きの大きさを有する複数のふるいを用いて分級することを特徴とする請求項1に記載のコンドロイチンの製造方法。

【請求項3】
 
上記骨組織は、サメの軟骨であることを特徴とする請求項1または2に記載のコンドロイチンの製造方法。

【請求項4】
 
上記凍結粉砕工程では、上記組織集合体が-15℃~-30℃で凍結していることを特徴とする請求項1から3の何れか1項に記載のコンドロイチンの製造方法。

【請求項5】
 
上記組織集合体は、サメ由来であるとともに、尾鰭、背鰭、胸鰭、および身といった加工部位が回収された後に排出される、頭部や中落ちを含む加工残渣であることを特徴とする請求項1から4の何れか1項に記載のコンドロイチンの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14650_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close