Top > Search of Japanese Patents > ANIMAL IN WHICH Psf1 GENE IS DELETED AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME

ANIMAL IN WHICH Psf1 GENE IS DELETED AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME meetings

Patent code P06A009306
File No. KUTLO-2006-016
Posted date Sep 8, 2006
Application number P2004-242022
Publication number P2006-055110A
Patent number P4590629
Date of filing Aug 23, 2004
Date of publication of application Mar 2, 2006
Date of registration Sep 24, 2010
Inventor
  • (In Japanese)高倉 伸幸
  • (In Japanese)上野 将也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title ANIMAL IN WHICH Psf1 GENE IS DELETED AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To elucidate functions in individual level of Psf1 and elucidate various pathologic conditions which Psf1 involves and provide a new research tool utilizing Psf.
SOLUTION: The prevent invention provides a non-human mammal in which functions of Psf1 on a chromosome are defective, provides use of the animal as a bone marrow suppressing disease model animal and provides preparation of hematopoietic stem cell and a medicine-screening method each utilizing the animal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


真核細胞におけるDNA複製の開始は、複製開始点への種々のタンパク質の作用によって制御されている。M期後期、複製開始点には6種のタンパク質(Orc1-6)が結合しているが、ここにCdc6とMcm複合体が結合して複製前複合体を形成し、さらにCdc6のリン酸化と分解を経て細胞はG1期からS期に移行する。そして、この複製前複合体にCdc7/Dbf4複合体が結合し、続くCdc45の結合がシグナルとなって、DNAポリメラーゼが動員され、DNA複製が開始される。



Dpb11はDNAポリメラーゼεの補助因子として、複製開始機構(特にS期のチェックポイント)に関与するタンパクである。出芽酵母を用いた研究で、Dpb11と相互作用する因子として、Sld1/Dpb3、Sld2、Sld3、Sld4/ Cdc45、Sld5、Sld6/Rad53等が同定されており、さらにSld3-Cdc45複合体とDpb11との結合がDNAポリメラーゼの動員に不可欠であることが報告されている(非特許文献1参照)。



Psf1は、Dpb11に関する研究で、Sld5に結合する因子(Partner of Sld Five)として見出された遺伝子である。Arakiらは、Sld5、Psf1、Psf2、Psf3からなる複合体が出芽酵母におけるDNA複製に不可欠であることを報告している(非特許文献2および3参照)。



一方、Psf1は、ヒト、マウス等の哺乳動物にも広くそのオーソログの存在が確認されている。しかしながら、それらは単に配列の相同性から酵母Psf1のオーソログとして同定されただけで、当該哺乳動物における機能は全く解明されていない。そればかりか、酵母においても、Psf1の詳細な機能はほとんど解明されていない。



【非特許文献1】
Kamimura, Y., et al., EMBO J., 2001, 20(8), p2097-2107
【非特許文献2】
Kubota, Y. et al., Genes & Development 2003, 17, p1141-1152
【非特許文献3】
Takayama, Y. et al., Genes & Development 2003, 17, p1153-1165

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Psf1遺伝子の機能が欠損した非ヒト哺乳動物とその利用方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
染色体上の一方のアレルにおけるPsf1遺伝子の機能が欠損している骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物。

【請求項2】
 
Psf1遺伝子の機能が、Psf1遺伝子またはその発現制御領域上における少なくとも一部の配列の欠失、置換、および/または他の配列の挿入によって染色体上の一方のアレルで欠損している、請求項1記載の骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物。

【請求項3】
 
以下の工程で作製される、請求項1または2に記載の骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物:
1)Psf1遺伝子またはその発現制御領域上における少なくとも一部の配列の欠失、置換、および/または他の配列の挿入を目的としたターゲッティングベクターを作製する;
2)上記ベクターをES細胞に導入し、該ベクターで相同組換えされたES細胞を得る;
3)上記組換えES細胞を初期胚に導入し、発生させてキメラ動物を得る;
4)上記キメラ動物を野生型動物と交配して得られるF1ヘテロ接合体動物同士を交配し、得られるF2動物またはその子孫から染色体上の一方のアレルにおけるPsf1遺伝子の機能が欠損している動物を得る。

【請求項4】
 
非ヒト哺乳動物がマウスである、請求項1~3のいずれか一項に記載の骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか一項に記載の骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物に、骨髄抑制剤を投与し、該動物の骨髄から造血幹細胞を取得する方法。

【請求項6】
 
請求項1~4のいずれか一項に記載の骨髄抑制モデル非ヒト哺乳動物に被験物質を投与し、該動物における骨髄機能を改善する該被験物質の効果を評価することを含む、骨髄機能改善剤のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14670_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close