Top > Search of Japanese Patents > OPERATION DEVICE

OPERATION DEVICE meetings

Patent code P06P003713
File No. KP04-081
Posted date Sep 22, 2006
Application number P2005-054275
Publication number P2006-243783A
Patent number P4686707
Date of filing Feb 28, 2005
Date of publication of application Sep 14, 2006
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)塚本 昌彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title OPERATION DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an operation device of satisfactory operability and high stability.
SOLUTION: A mode stored in an actual mode storage part is switched from an X-axis mode where a pointer moves along an X-axial direction from an original position to a Y-axis mode where the pointer moves along a Y-axial direction, or from the Y-axis mode to the X-axis mode, when a time between two pulses output successively comes to a threshold value Tr or more, in a pulse signal output in accompaniment to rotation of an operation dial.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、コンピュータを衣服のように身に付けて使用するウェアラブルコンピューティングが注目されている。このウェアラブルコンピューティングでは、歩きながら利用されたり、作業をしながら利用されるという利用形態が多い。



ウェアラブルコンピューティングの一例としては、頭部装着型の表示装置と、それに接続されたPCカードとを有する頭部装着型表示システムがある(例えば、特許文献1参照)。このシステムでは、PCカードが携帯用コンピュータのPCカードスロットに装填されることによって、表示装置と携帯用コンピュータとが接続される。そして、この表示装置には、携帯用コンピュータから伝送された画像信号に基づく画像が表示される。



ここで、表示装置の表示画面にアイコン等のGUIが表示される場合には、ポインタを利用して種々の操作が必要になるので、ポインティングデバイスが不可欠である。ポインティングデバイスとしては、片手で操作可能なマウスが一般的であるが、手を利用して操作を行うことが困難な場合には、頭部の動きや視線の変化が検出されることによってポインティングが行われることがある(例えば、特許文献2、3参照)。



また、ポインタを利用した操作の他に、文字入力が行われる場合がある。この場合には、文字入力装置としてキーボードが利用されることが多い。
【特許文献1】
特開2001-166253号公報
【特許文献2】
特開2001-67179号公報
【特許文献3】
特開2000-89905号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えばディスプレイに表示されたポインタの位置を移動させるために用いられる操作装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
操作用部材と、
前記操作用部材の回転を検出可能な回転検出手段と、
前記回転検出手段により検出された回転に対応したパルス信号を出力する出力手段と、
ディスプレイに表示されたポインタの位置が前記操作用部材の回転に伴って表示画面上で定められた第1軸方向に沿って変更される第1モードと、ディスプレイに表示されたポインタの位置が前記操作用部材の回転に伴って前記表示画面上で定められ且つ前記第1軸方向と交差する第2軸方向に沿って変更される第2モードとを記憶する第1の記憶手段と、
前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのうちのいずれか1つのモードを記憶する第2の記憶手段と、
前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードにおいて、前記出力手段から出力されたパルス信号に基づいてポインタの位置を変更する変更手段と、
前記出力手段から出力されたパルス信号のうちの連続して出力された2つのパルス間の時間とあらかじめ設定された所定時間とを比較する比較手段と、
前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードを、前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのなかの前記1つのモードとは異なる別のモードに切り換える切り換え手段とを備えており、
前記切り換え手段は、前記比較手段により前記2つのパルス間の時間が前記所定時間以上であるという比較結果が得られた場合に、前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードを、前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのなかの前記1つのモードとは異なる別のモードに切り換えることを特徴とする操作装置。

【請求項2】
 
前記第1軸方向と前記第2軸方向とは直交することを特徴とする請求項1に記載の操作装置。

【請求項3】
 
操作用部材と、
前記操作用部材の回転を検出可能な回転検出手段と、
前記回転検出手段により検出された回転に対応したパルス信号を出力する出力手段と、
ディスプレイに表示されたポインタの位置が前記操作用部材の回転に伴って初期位置を中心とする円周に沿って変更される第1モードと、ディスプレイに表示されたポインタの位置が前記操作用部材の回転に伴って初期位置からの距離が変化するように変更される第2モードとを記憶する第1の記憶手段と、
前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのうちのいずれか1つのモードを記憶する第2の記憶手段と、
前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードにおいて、前記出力手段から出力されたパルス信号に基づいてポインタの位置を変更する変更手段と、
前記出力手段から出力されたパルス信号のうちの連続して出力された2つのパルス間の時間とあらかじめ設定された所定時間とを比較する比較手段と、
前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードを、前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのなかの前記1つのモードとは異なる別のモードに切り換える切り換え手段とを備えており、
前記切り換え手段は、前記比較手段により前記2つのパルス間の時間が前記所定時間以上であるという比較結果が得られた場合に、前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードを、前記第1の記憶手段に記憶された2つのモードのなかの前記1つのモードとは異なる別のモードに切り換えることを特徴とする操作装置。

【請求項4】
 
前記第2モードにおいて初期位置からのポインタの移動距離を変更した後で、前記第1モードにおいて初期位置に対するポインタの移動方向を変更することによってポインタの位置を変更するものであって、
前記切り換え手段により前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードが前記第1モードから前記第2モードに切り換えられる直前に、ポインタの初期位置を更新する更新手段をさらに備えていることを特徴とする請求項3に記載の操作装置。

【請求項5】
 
前記第1モードにおいて初期位置に対するポインタの移動方向を変更した後で、前記第2モードにおいて初期位置からのポインタの移動距離を変更することによってポインタの位置を変更するものであって、
前記切り換え手段により前記第2の記憶手段に記憶された1つのモードが前記第2モードから前記第1モードに切り換えられる直前に、ポインタの初期位置を更新する更新手段をさらに備えていることを特徴とする請求項3に記載の操作装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005054275thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close