Top > Search of Japanese Patents > REARING WATER TANK FOR FISHES AND METHOD FOR REMOVING SLUDGE IN REARING WATER TANK OR THE LIKE

REARING WATER TANK FOR FISHES AND METHOD FOR REMOVING SLUDGE IN REARING WATER TANK OR THE LIKE

Patent code P06P005048
File No. E-022
Posted date Oct 5, 2006
Application number P2005-044746
Publication number P2006-223271A
Patent number P4686706
Date of filing Feb 21, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)菊地 正憲
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学
Title REARING WATER TANK FOR FISHES AND METHOD FOR REMOVING SLUDGE IN REARING WATER TANK OR THE LIKE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for removing sludge in a rearing water tank for fishes designed to gather the sludge such as fish feces precipitating in the bottom of the water tank by actions of a fluid during draining and effectively discharge the sludge.
SOLUTION: The water tank 1 is formed by installing a large-diameter part 1a and a small-diameter part 1b so that the diameter D2 of the cylindrical lower part is smaller than the diameter D1 in the upper part and dividing the parts through a net body or a lattice body 11. A drain 2 and a discharge pipe 3 having a diameter comparable to that of the drain 2 are mounted in the bottom of the water tank with a somewhat gap S kept from the bottom of the water tank. When water is periodically discharged from the drain 2, a swirling flow is imparted to water in the upper part 1a of the water tank. When discharged from the drain 2 in the bottom, water is moved to the lower part 1b of the water tank. Since the diameter D2 of the lower part 1b of the water tank is smaller than the diameter D1 of the upper part of the water tank, the swirling speed is increased by the law of preservation of angular momentum. On the other hand, the swirling speed is extremely reduced due to the viscosity of water in the bottom of the water tank 1. Thereby, centrifugal force by swirling is smaller than that of water in the upper part. A strong flow toward the center is produced in the bottom because of the imbalance and the flow is bent upward in the center of the swirling.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、魚類の飼育用水槽における沈殿物除去の方法は様々ある。水を抜いての清掃や、通常は平らな水槽の底に円錐状の傾斜をつけ沈殿物を中央に集めるもの、サイフォン効果を用いるもの、自動の清掃ロボット等である。しかし、飼育には海水を使用するためポンプは錆び易く、できるだけ機械設備の簡易なものが望ましい。また、水槽の底に傾斜をつけたものでは水槽内での清掃作業等の際の危険性を増すばがりでなく労力やコストが嵩む。



そこで、水槽内の水表面の浮遊物を除去する装置として、水を吸引する取水口と、吸引された水を浄化する浄化手段と、浄化された水を水槽内へ吐出する吐出口とを有し、この取水口を水槽内の底部に設けると共に、かつ複数の吐出口を水槽内の相対向する側壁に相対向しないように設け、取水口を渦の中心とする渦巻き流を水槽内に発生せしめるもの(例えば、特許文献1参照。)、魚類介類の飼育水槽の底に排水管を立設して設け、この排水管の上端で水面近傍の浮遊物を、排水管の下端で底部の堆積物を排出するようにしたものがある(例えば、特許文献2参照。)。



【特許文献1】
特開2000-15017号公報
【特許文献2】
特開2001-224277号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、魚類の飼育用水槽などの水槽内の水を浄化する技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
筒状水槽の下部の直径が上部の直径よりも小となるように区画して形成し、収容された流体に付与される旋回流によって生じるトルネード効果により水槽底部の汚泥を旋回流の回転軸に向って集約すると共に、旋回流の回転軸上で且つ水槽底部から上方に突出する汚泥排出筒を設け、回転軸に倣って上昇させて集約することを特徴とする魚類の飼育水槽。

【請求項2】
 
水槽の上部及び/又は下部の断面が楕円形、矩形及び/又は多角形若しくは円形であり、水槽の下部の水平断面積が上部より小となるように区画して形成したことを特徴とする請求項1記載の魚類の飼育用水槽。

【請求項3】
 
水槽を上部と下部に区画して形成し、下部の直径又は水平断面積が上部より小となるように成し、収容された流体に付与される旋回流によって生じるトルネード効果により水槽底部の汚泥を旋回流の回転軸に向って集約すると共に、旋回流の回転軸上で且つ水槽底部から上方に突出する汚泥排出筒を設け、回転軸に倣って上昇させて集約して排出することを特徴とする魚類の飼育水槽等の汚泥除去方法。

【請求項4】
 
水槽底部に設けた排水口の弁の開閉を反復することにより、汚泥排出筒と底部排水口の両者から汚泥を排出することを特徴とする請求項3記載の魚類の飼育水槽等の汚泥除去方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005044746thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close