Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MEASURING ION CONCENTRATION IN BIOLOGICAL FLUID

METHOD FOR MEASURING ION CONCENTRATION IN BIOLOGICAL FLUID

Patent code P06P004432
File No. IP102
Posted date Oct 13, 2006
Application number P2005-079248
Publication number P2006-255268A
Patent number P4710005
Date of filing Mar 18, 2005
Date of publication of application Sep 28, 2006
Date of registration Apr 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)寺井 崇二
  • (In Japanese)三浦 泉
  • (In Japanese)坂井田 功
  • (In Japanese)沖田 極
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR MEASURING ION CONCENTRATION IN BIOLOGICAL FLUID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for easily and continuously measuring the ion concentration of a biological fluid in real-time, and to provide a device to be used for the method.
SOLUTION: A reserver tube 7 having a dialysis membrane is indwellt in pars intercerebralis of an object 6, e.g., a mouse, for providing the biological fluid. A reflux liquid stored in a reflux liquid storage is supplied to the reserver tube at fixed speed with the use of a pulseless flow micro-constant rate pump through a tube 101. A dialysis liquid dialyzed in the dialysis chamber of the reserver tube is discharged from a discharge tube, passes through a tube 102, and returned to the reflux liquid storage from the tube 103 by way of a changeover valve 8. The changeover valve 8 is changed-over, so as to guide the dialysis liquid passing through the tube 102 to a tube 104. The ion concentration is measured by supplying the dialysis liquid to the column of an ion chromatography by an automatic injection device.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


生体内アンモニア濃度は肝疾患の病態をコントロールするうえで重要なファクターである。そのため、生体内のアンモニア濃度を測定することは重要な意味を持つ。特に患者の病状変化を逐次追跡し対応するためには、アンモニア濃度の経時的変化をリアルタイムで把握する必要がある。



しかるに従来は、血中に溶存するアンモニアをアンモニウムイオンに変換して測定する手段であり、酵素法や比色法が用いられている。これらの方法では前処理として血液等のタンパク質等を除去するため遠心分離工程を必要としたり、また氷冷等、煩雑な手段を必要とし、多くの手数と時間とを要するため、迅速なリアルタイムでの測定や、多くの検体を短時間で処理することは、極めて困難であった。



更に、生体内アンモニア(アンモニウムイオン)濃度の測定方法として、血液以外の生体液を用いる手段は、一般に知られておらず、実質的に不可能と考えられており、血液以外の生体液を用いてルーチン的に生体内アンモニア濃度を測定したという報告は現在のところ存在しない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、生体液中のイオン濃度を測定する方法に係わる。特に髄液中のアンモニウムイオン濃度を測定する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
還流液留中の等張液又は低張液を流通させるための無脈流微量定量ポンプ、透析膜を付したリザーバーチューブ、及び還流液留とこれらを連結した流通用パイプによる還流路並びに該液流通用パイプには、リザーバ―チューブを出た後の透析液を取り出すための切り替え弁を介して、イオン濃度測定装置を直列に連結した液流通用パイプを備え、生体液中のイオンを経時的に測定可能とする生体液中のイオン測定装置。

【請求項2】
 
還流液留中の等張液又は低張液を流通させるための無脈流微量定量ポンプ、透析膜を付したリザーバーチューブ、及び還流液留とこれらを連結した流通用パイプによる還流路並びに該液流通用パイプには、リザーバ―チューブを出た後の透析液を取り出すための切り替え弁を介して、透析液をイオンクロマトグライフィーに供給するための自動注入装置及びイオンクロマトグラフィーを直列に連結した液流通用パイプを備え、生体液中のイオンを経時的に測定可能とする請求項1記載の生体液中のイオン測定装置。

【請求項3】
 
測定される前記イオンがアンモニウムイオンである請求項1又は2記載のイオン測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005079248thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close