Top > Search of Japanese Patents > POROUS COORDINATION POLYMER AND CATALYST COMPRISING THE SAME

POROUS COORDINATION POLYMER AND CATALYST COMPRISING THE SAME

Patent code P06A009370
File No. 870
Posted date Oct 13, 2006
Application number P2005-067871
Publication number P2006-248989A
Patent number P4783894
Date of filing Mar 10, 2005
Date of publication of application Sep 21, 2006
Date of registration Jul 22, 2011
Inventor
  • (In Japanese)北川 進
  • (In Japanese)堀毛 悟史
  • (In Japanese)長谷川 真平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title POROUS COORDINATION POLYMER AND CATALYST COMPRISING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new porous coordination polymer composed of a ligand and a metal ion, and obtained by alternately coordinately bonding the ligand and the metal ion; and to provide a catalyst having high catalytic activities and comprising the porous coordination polymer.
SOLUTION: The porous coordination polymer comprises the tridentate or polydentate ligand having an amide group and the metal ion, and obtained by alternately coordinately bonding the ligands and the metal ions. The catalyst comprises the porous coordination polymer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


多孔性物質は、従来無機材料や炭素材料を中心に、多孔性構造による機能の発現の研究とその応用が精力的に進められてきた。多孔性物質の代表であるゼオライトや活性炭は、ガスや液体の吸着、分離、および石油の接触分解などに見られる不均一触媒から、イオン交換にわたる広い範囲で実用化されてきた。このような多孔性物質の持つチャンネル空間の形状やサイズ、あるいは物理的、化学的環境を分子レベルで設計し、ナノからマクロ(バルク)構造を合理的に構築することができれば、これまでになかった新しい機能を持つ多孔性物質の創製が可能となり、「機能性物質」の分野に大きく貢献するものと期待できる。しかしながら、ゼオライト骨格は、安定な多孔子骨格を持つという利点があるが、ミクロ孔の空隙率に限界があること、ミクロサイズの化学的装飾が容易でないことなどの問題が挙げられる。



一方、ポリエチレンに代表されるような共有結合で構築された有機高分子材料は安定な高分子構造を形成し得る。しかしながら、その分子レベルでの構造体の制御が極めて困難で、均一な骨格の形成には適さないなどの問題が挙げられる。



近年、高活性で、かつ特異的な機能を発現し得る多孔性物質として、配位子および金属イオンからなり、配位子と金属イオンが交互に配位結合されてなる多孔性配位高分子が注目を集めている(非特許文献1)。多孔性配位高分子は、有機高分子材料と比較して、多様で強固な三次元構造を与えることができる。また、多孔性配位高分子からなる不均一触媒において、ゲスト分子はミクロ孔内の内壁と相互作用し、分子が変形、または分解するときに化学反応が生じることになる。しかしながら、これまでに知られている多孔性配位高分子では、ゲスト分子を充分にトラップすることができないので、充分な触媒作用を有していないのが現状である。



【非特許文献1】
平尾俊一、原田明著「超分子の未来」、(株)化学同人出版、2000年6月30日、p.107―121

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、多孔性配位高分子およびそれからなる触媒に関し、さらに詳しくはクネベナーゲル反応、アルドール反応またはマイケル付加反応などに使用する不均一塩基性触媒に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アミド基を有する三座以上の配位子および金属イオンからなり、該配位子と該金属イオンが交互に配位結合されてなる多孔性配位高分子であって、前記アミド基を有する三座以上の配位子が1,3,5-ベンゼントリカルボキシ酸トリス[N-(4-ピリジル)アミド]であり、前記金属イオンが遷移金属イオンであることを特徴とする多孔性配位高分子

【請求項2】
 
アミド基を有する三座以上の配位子および金属イオンからなり、該配位子と該金属イオンが交互に配位結合されてなる多孔性配位高分子であって、前記アミド基を有する三座以上の配位子が1,3,5-ベンゼントリカルボキシ酸トリス[N-(4-ピリジル)アミド]であり、前記金属イオンが亜鉛イオン、カドミウムイオン、銀イオン、銅イオンまたはコバルトイオンであることを特徴とする多孔性配位高分子。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の多孔性配位高分子からなり、クネベナーゲル反応、アルドール反応またはマイケル付加反応に用いられる触媒。

IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14864_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close