Top > Search of Japanese Patents > SURFACE ANTIGEN PECULIAR TO CELL TO BE DIFFERENTIATED TO PANCREAS ENDOCRINE CELL AND DERIVED FROM HUMAN ADULT, AND METHOD FOR SEPARATING CELL BY THE SURFACE ANTIGEN

SURFACE ANTIGEN PECULIAR TO CELL TO BE DIFFERENTIATED TO PANCREAS ENDOCRINE CELL AND DERIVED FROM HUMAN ADULT, AND METHOD FOR SEPARATING CELL BY THE SURFACE ANTIGEN meetings

Patent code P06A009382
File No. H1537
Posted date Oct 19, 2006
Application number P2004-015682
Publication number P2005-204590A
Patent number P4147305
Date of filing Jan 23, 2004
Date of publication of application Aug 4, 2005
Date of registration Jul 4, 2008
Inventor
  • (In Japanese)遠藤 文夫
  • (In Japanese)奥村 健治
  • (In Japanese)久富 雄一朗
  • (In Japanese)松本 志郎
  • (In Japanese)中村 公俊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title SURFACE ANTIGEN PECULIAR TO CELL TO BE DIFFERENTIATED TO PANCREAS ENDOCRINE CELL AND DERIVED FROM HUMAN ADULT, AND METHOD FOR SEPARATING CELL BY THE SURFACE ANTIGEN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To identify a surface antigen peculiar to a cell to be differentiated to a pancreas endocrine cell and derived from a human or mouse adult, and to provide a method for readily and efficiently separating an endodermal stem cell by using the surface antigen.
SOLUTION: The method for separating the cell to be differentiated to the pancreas endocrine cell and derived from the human uses the expression of one or more kinds of the surface antigens selected from the group consisting of CD9, CD13, CD29 (integrin β1), CD44 (hyaluronate receptor), CD49f (integrin α6), CD90 (Thy-1), CD104 (integrin β4), CD105 (endogrin), CD106 (VCAM-1), CD165, CD166 (ALCAM), CD147 (neurothelin), low affinity NGF-R p75NGFR, and β2-microglobulin as an indicator.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


再生医療に有用なポテンシャルを有する幹細胞についての研究が盛んになされている。今日までに報告された代表的な幹細胞として、間葉系幹細胞、神経幹細胞、造血幹細胞、並びに膵幹細胞が挙げられる。



間葉系幹細胞はヒト成体骨髄液より分離された(Pittenger, M.F. et al., Science 284, 143 (1999))。この細胞は、脂肪細胞、軟骨細胞、骨細胞へのin vitroにおける分化誘導が可能である。神経幹細胞(Gage, P.H., Science 287, 1433-1438 (2000))については1992年に成体の中枢神経系からの最初の分離の報告がなされており、2001年には成体の皮膚真皮から神経細胞に分化可能な幹細胞の分離(Toma, J.G. et al., Nature Cell Biology, 3, 778-784 (2001))が報告されている。



造血幹細胞は既に多くの研究がなされているが、その分化機能について報告されたのは比較的新しい。1999年に骨髄細胞が肝細胞に分化することがPatersenらによって明らかにされ(Petersen B.E. et al., Science 284, 1168 (1999))、翌年にはマウス造血幹細胞をc-kittil、Thr-1low、Linneg、Sca-1+にてsortingした細胞分画が、幹細胞に分化転換することが示されている(Lagasse, E. et al., Nature Medicine 6, 1229-1234 (2000))。この他にも造血幹細胞には分化転換能があると考えられており、心筋(Orlic, D. et al., Nature 410, 701-705 (2001))や、さらには肺胞上皮、腸管上皮、皮膚(Orlic, D. et al.,上掲)への分化も報告されている。



以上のように、間葉系もしくは外胚葉系の細胞についての幹細胞研究は進んでいるが、内胚葉系幹細胞の報告は未だ少ない。ヒト肝幹細胞についてはその存在が確実視されているが、未だ確定的な幹細胞の報告はない。膵臓についてはCorneliusらのグループが成体マウス膵臓より膵島産生幹細胞(islet producing stem cells (IPSCs))の分離を行っており、さらにIPSCsよりin vitroにて作製した膵島の移植実験を報告している(Ramiya, V.K. et al., Nature Medicine 6, 278-282 (2000))。この細胞についても、a、b、d細胞への分化は確認されているが、その他の細胞への分化能は確認されていない。膵島よりネスチン(nestin)陽性にて分離した幹細胞が膵臓の内、外分泌および肝臓の表現型へと分化したとの報告はあるが(Zulewski, H. et al., Diabetes 50, 521-533 (2001))、分化マーカーの免疫組織学的検索は示されていない。



【非特許文献1】
Pittenger, M.F. et al., Science 284, 143 (1999)
【非特許文献2】
Gage, P.H., Science 287, 1433-1438 (2000)
【非特許文献3】
Toma, J.G. et al., Nature Cell Biology, 3, 778-784 (2001)
【非特許文献4】
Petersen B.E. et al., Science 284, 1168 (1999)
【非特許文献5】
Lagasse, E. et al., Nature Medicine 6, 1229-1234 (2000)
【非特許文献6】
Orlic, D. et al., Nature 410, 701-705 (2001)
【非特許文献7】
Ramiya, V.K. et al., Nature Medicine 6, 278-282 (2000)
【非特許文献8】
Zulewski, H. et al., Diabetes 50, 521-533 (2001)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ヒト成体由来の膵臓内分泌細胞に分化可能な細胞に特有な表面抗原を利用した細胞の分離方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒト唾液腺由来の細胞混合物から、CD9、CD13、CD29(integrin β1)、CD44 (hyaluronate receptor)、CD49f(integrin α6)、CD90(Thy-1), CD104(integrin β4)、CD105(endogrin)、CD106(VCAM-1)、CD165、CD166(ALCAM)、CD147(neurothelin)、low affinity NGF-R p75NGFR 、β2-microglobulinの全ての発現を指標として、ヒト由来の膵臓内分泌細胞に分化可能な細胞を分離する方法。

【請求項2】
 
CD34、 CD38、CD45、CD133、CD11b/18、CD26、CD68、CD135、LIF-R、及びG-CSFRが発現が陰性であることをさらなる指標とする、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
フローサイトメトリーにより細胞を分離する、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
CD9、CD13、CD29(integrin β1)、CD44 (hyaluronate receptor)、CD49f(integrin α6)、CD90(Thy-1), CD104(integrin β4)、CD105(endogrin)、CD106(VCAM-1)、CD165、CD166(ALCAM)、CD147(neurothelin)、low affinity NGF-R p75NGFR 、及びβ2-microglobulinに対する抗体を含む、請求項1から3の何れかに記載の方法を行うための試薬キット。

【請求項5】
 
マウス唾液腺由来の細胞混合物から、CD29、CD44、CD47、CD49c、CD49f、CD104、Sca-1及びNetrinの全ての発現を指標として、マウス由来の膵臓内分泌細胞に分化可能な細胞を分離する方法。

【請求項6】
 
フローサイトメトリーにより細胞を分離する、請求項5に記載の方法。

【請求項7】
 
CD29、CD44、CD47、CD49c、CD49f、CD104、Sca-1及びNetrinに対する抗体を含む、請求項5又は6に記載の方法を行うための試薬キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close