Top > Search of Japanese Patents > LIVING DUCT DILATOR AND CATHETER

LIVING DUCT DILATOR AND CATHETER

Patent code P06P004445
File No. IP118
Posted date Oct 26, 2006
Application number P2005-099688
Publication number P2006-271881A
Patent number P4686711
Date of filing Mar 30, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)南 和幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title LIVING DUCT DILATOR AND CATHETER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a duct dilator being foldable by reducing the diameter and surely and smoothly dilating a stent.
SOLUTION: This duct dilator is formed by pushing out the stent 16, which has elasticity, is hardly deformed in the circumferential direction and mounted in a hollow duct by being folded into a coiled ring by application of twisting deformation, to the outside of the duct.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


狭窄した血管などの生体管路をもと通りに拡張する方法として、ステント41を狭窄部位に挿入する方法が採用されている。人体の管狭窄への筒径を縮小したステント41の装着は、例えば図14に示すように収縮させたステント41の両端にシリコンチューブ42で保持した状態で生体管路内に挿入し、狭窄部位でバルーン43を拡張させることによりステント41も拡張させ、これがセット時の筒径まで拡張されて固定された後、バルーン43を収縮させてシリコンチューブ42から外す(特許文献1)。



また、図15に示すようにステント41をカテーテル44に装着し、カバーチューブ45で保持しておき、狭窄部位でカバーチュ-ブ45を後方に引っ張りステント41を露出させ、次いでバルーン43を拡張させ、以後前記のような操作を行うことによりステント41を拡張させる方法等により行われる。なお、ステント41は通常円筒状であるが、断面が楕円状等の形状であってもよい。(特許文献1)。



これらステント41を適当な内径を有するチューブに挿通することで畳み込み、収縮させているため、単に長軸方向に伸張するのと異なり、径方向の収縮が大きいために長さ方向の収縮を伴うことなく、又バルーン43により狭窄個所で拡張させる際にも予め設定された径まで容易に再拡張することができる。



上記ステント41は、挿入時径方向への収縮及び拡張時の径方向への拡大を実現するために、金属製又は樹脂製で網目状筒体に形成されているために、生体管路の拡張力が弱くなり、弾性や塑性変形特性を与えるために構造が複雑になる等の問題点があった。
【特許文献1】
特開平5-103830号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、狭窄した生体管路を拡張する生体管路拡張具及び生体管路拡張具に設けられるカテーテルに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数個のフレキシブルで弾性を有する帯状輪が間隔をおいて連結一体化され、各輪は、それぞれ円周方向を軸として一回転ねじられることにより、3回巻きのコイル状を形成して輪が小さな径をもって折り畳まれてねじれ変形した状態となっており、使用に当り該ねじれ変形を開放することにより、コイル状に折り畳まれた状態から各輪は元の輪径を回復しうる構造であることを特徴とするステントよりなる管路拡張器。

【請求項2】
 
請求項1記載のステントは、コイル状に折り畳まれた状態で、カテーテルの先端部に備えられた中空管体に装着され、更に該カテーテルは、ステントを押し出し該中空管体から離脱させる手段を貝備していることを特徴とする管路拡張器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005099688thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close