Top > Search of Japanese Patents > ADSORBENT EXHIBITING SELECTIVE ADSORBENT PROPERTY TO SILVER ION AND LEAD ION

ADSORBENT EXHIBITING SELECTIVE ADSORBENT PROPERTY TO SILVER ION AND LEAD ION meetings

Patent code P06P004447
File No. IP119
Posted date Oct 26, 2006
Application number P2005-100044
Publication number P2006-272296A
Patent number P4872073
Date of filing Mar 30, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Dec 2, 2011
Inventor
  • (In Japanese)中山 雅晴
  • (In Japanese)田頭 寛基
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title ADSORBENT EXHIBITING SELECTIVE ADSORBENT PROPERTY TO SILVER ION AND LEAD ION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an adsorbent capable of selectively and efficiently adsorbing silver and lead from waste water containing silver which is a noble metal and a useful material, from waste water, tap water, or the like containing lead which presents a danger to public health, without adsorbing sodium, calcium, or the like which are mixed in the waste water, or the like containing silver or lead.
SOLUTION: The adsorbent comprises a layered manganese oxide, a thin film which is obtained by electrically oxidizing a divalent manganese compound under the presence of organic quaternary ammonium ions, and being intercalated with the organic quaternary ammonium ions. The organic quaternary ammonium ions are polycations illustrated as polydiallyldimethylammonium cations.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


産業活動の結果排出される金属類を回収することは、環境保全および資源の有効利用の観点から重要である。



例えば、写真工業、メッキ工業をはじめとする工業分野から排出される廃水中に含まれる銀は、その規制が近年ますます厳しくなってきており、廃水からの銀を効率よく回収する技術が希求されている。



鉛は、脳や神経を始め人体に各種の障害を引き起こす重金属であって、工業廃水や環境水に加え、上水道の鉛配管から溶出される鉛による飲料水汚染が問題になっている。



銀の回収に関しては、従来より種々の技術が開発されている。例えば、特許文献1には、ケイ素を含有する化合物を銀イオンまたはナトリウムイオンの吸着剤とすることが、特許文献2には、銀に配位可能なイオウ原子を有するポリマーを使用することが、特許文献3には、写真現像液を電解処理することが記載されている。



鉛の回収に関しても、従来より種々の技術が開発されている。例えば、特許文献4および特許文献5には、油水相分離現象を利用して鉛を水相側に沈殿分離することが、特許文献6には、鉛イオンを含む溶液をリン酸基、ホスフィン基および/またはホスホン基を有するキレート性イオン交換樹脂と接触させ、鉛イオンを樹脂に吸着させることが記載されている。
【特許文献1】
特開2001-205080号公報
【特許文献2】
特開平7-60243号公報
【特許文献3】
特開平7-97696号公報
【特許文献4】
特開平10-175915号公報
【特許文献5】
特開平10-347302号公報
【特許文献6】
特開平8-10763号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、銀イオンおよび鉛イオンに対し選択的吸着性を示す吸着剤に関するものである。さらに詳しくは、この発明は、有機第4アンモニウムイオンが層状マンガン酸化物にインターカレートされた構造を有する銀イオンおよび鉛イオンに対し選択的吸着性を示す吸着剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2価のマンガン化合物とポリジアリルジメチルアンモニウムカチオンを含む電解液を用い、電気化学的酸化により、陽極上にポリジアリルジメチルアンモニウムをインターカレートして得られた層状マンガン酸化物からなることを特徴とする銀イオンおよび鉛イオンに対し選択的吸着性を示す吸着剤。

【請求項2】
 
前記ポリジアリルジメチルアンモニウムカチオンは、分子量が400,000~500,000である請求項1記載の銀イオンおよび鉛イオンに対し選択吸着性を示す吸着剤。

【請求項3】
 
電解液に存在する2価のマンガン化合物の濃度は0.1mモル乃至1モル濃度であり、ポリジアリルジメチルアンモニウムカチオンは窒素原子濃度として0.1mモル乃至1モル濃度である請求項1または2記載の銀イオンおよび鉛イオンに対し選択的吸着性を示す吸着剤。

【請求項4】
 
前記電気化学的酸化は、銀/塩化銀参照電極に対して0.8乃至1.2ボルトの電圧で行うことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の銀イオンおよび鉛イオンに対し選択的吸着性を示す吸着剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14935_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close