Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MEASURING TNFα ACTIVITY USING S+L-CCC CELL, METHOD FOR SCREENING TNFα ACTIVITY INHIBITOR AND KIT FOR MEASURING TNFα ACTIVITY

METHOD FOR MEASURING TNFα ACTIVITY USING S+L-CCC CELL, METHOD FOR SCREENING TNFα ACTIVITY INHIBITOR AND KIT FOR MEASURING TNFα ACTIVITY

Patent code P06A009403
File No. IP16-012
Posted date Nov 2, 2006
Application number P2004-246400
Publication number P2006-061054A
Patent number P4257428
Date of filing Aug 26, 2004
Date of publication of application Mar 9, 2006
Date of registration Feb 13, 2009
Inventor
  • (In Japanese)黒崎 大
  • (In Japanese)後藤 文夫
  • (In Japanese)星野 洪郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title METHOD FOR MEASURING TNFα ACTIVITY USING S+L-CCC CELL, METHOD FOR SCREENING TNFα ACTIVITY INHIBITOR AND KIT FOR MEASURING TNFα ACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for measuring tumor necrosis factor alpha (TNFα) activity, to provide a kit for measuring TNFα activity, and to provide a method for screening medicines having TNFα activity-inhibiting performance.
SOLUTION: The TNFα activity is measured by using S+L-CCC cells, more precisely, the TNFα activity such as inducing activity for the death of the cells is measured.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


TNFα(tumor necrosis factor α:腫瘍壊死因子α)は、元々は、腫瘍部位に出血性壊死を誘導する因子として発見されたサイトカインであるが、近年ではマクロファージなどの細胞から主に産生され、炎症を通した生体防御機構に広く関わるサイトカインとして理解されている。
TNFαの過剰な産生や、不適切な場所や時間での産生、TNFαネットワークの破綻などが、組織障害を引き起こしたり、種々の病気の原因や増悪をもたらしたりすることが知られている。そのひとつの典型的な例が、慢性関節リウマチである。また、TNFαは、神経変性疾患、エイズ、劇症肝炎などにおけるアポトーシスに関与していることも報告されている。



TNFαが関与する疾患を治療するための医薬としては、抗TNFα抗体、可溶性TNFα受容体などのタンパク質医薬が知られている。しかしながら、TNFα活性阻害作用を有する低分子化合物などの非タンパク質医薬は未だ開発されていない。TNFα活性阻害剤の開発やTNFαシグナルのメカニズムの解明のためには、TNFα活性をインビトロで高感度で検出可能な系が必要である。これまで、TNFαの活性測定は、L929細胞(非特許文献1)などの細胞を用いて行われてきたが、その感度は十分ではなかった。



S+L-CCC 細胞はネコ腎線維芽腫由来の細胞である。この細胞は、ウイルスの評価などに使用された報告はあるが(非特許文献2または3)、TNFα活性の測定に用いられた報告はなかった。
【非特許文献1】
J Biol Chem. 1992 Mar 5;267(7):4304-4307
【非特許文献2】
J Virol. 1973 June; 11 (6): 978-985
【非特許文献3】
Virology. 1985 Nov;147(1):223-226

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は新規なTNFα活性測定方法、TNFα活性測定キット及びTNFα活性阻害能を有する医薬のスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
TNFα活性の測定方法であって、S+L-CCC 細胞にTNFαを添加し、該細胞におけるTNFα活性を測定することを特徴とする方法。

【請求項2】
 
前記TNFα活性が細胞死誘導活性である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
S+L-CCC 細胞に医薬候補物質およびTNFαを添加し、該細胞におけるTNFα活性を測定することにより、TNFα活性を阻害する物質を選択することを特徴とする、TNFα活性阻害能を有する医薬のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
S+L-CCC 細胞を含む、TNFα活性測定用キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004246400thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close