Top > Search of Japanese Patents > LOW TEMPERATURE PLASMA STERILIZATION METHOD FOR LONG TUBE AND STERILIZATION APPARATUS

LOW TEMPERATURE PLASMA STERILIZATION METHOD FOR LONG TUBE AND STERILIZATION APPARATUS meetings

Patent code P06A009414
File No. IP17-014
Posted date Nov 2, 2006
Application number P2005-149672
Publication number P2006-021027A
Patent number P4119984
Date of filing May 23, 2005
Date of publication of application Jan 26, 2006
Date of registration May 9, 2008
Priority data
  • P2004-171596 (Jun 9, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)稲田 茂昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title LOW TEMPERATURE PLASMA STERILIZATION METHOD FOR LONG TUBE AND STERILIZATION APPARATUS meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sterilization method of a long tube or the like using low temperature plasma and its apparatus which can completely destroy or eliminate microorganisms or germs attached to a surface and the inside of a tube of a long medical device having a thin pipe (the tubule) such as an endoscope as a typical example without increasing the temperature and being used by directly contacting with a hydrogen peroxide solution to corrode a metal.
SOLUTION: In a plasma reaction tube furnace to generate the low temperature plasma, an immersion water tube which is coaxial with the plasma reaction tube furnace is disposed, and in the immersion water tube filled with water, the medical device having the long tube such as the endoscope or the like is arranged by hanging. A low pressure boiling phenomenon of the water stored in the immersion water tube is generated by the vacuum of the plasma reaction tube furnace so that a stain of blood or the like attached to the inner wall of the long tube of the endoscope or the like is eliminated by the low pressure boiling phenomenon, and the germs such as the microorganisms or the like attached to the outer wall of the long tube can be sterilized or destroyed by the plasma irradiation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、使い捨てまたは再利用する内視鏡のような長尺細管を有する医療用器具類や、自動販売機の飲料水を通す長尺の細管を殺菌する方法としては、スチームや乾燥した熱い空気を器具等に当てる高圧蒸気加熱殺菌方法がある。この方法によれば、殺菌に毒性を有することがなく、特に、金属器具類、セルロースや液体の殺菌が可能である。



また、通常消毒液として利用される過酸化水素をプラズマ状態にして殺菌する方法も最近よく用いられるようになっている(例えば、特許文献1を参照。)。この過酸化水素低温プラズマ殺菌法は、1980年代にT.O.Addyらによって開発された方法であり、殺菌温度が約45℃と低く、金属類だけでなく、非耐熱性器具類の滅菌も可能である。殺菌時間も比較的短時間で終わるという利点もある。例えば、特許文献1に記載の方法によれば、まず、消毒すべき内視鏡のような長尺細管を有する医療器具や手術用具である被消毒物を包装材に包んで反応容器に入れ、この反応容器を閉じて真空状態とするとともに、液状の過酸化水素を気体状態にして消毒すべき被消毒物と十分に接触させる。その後、プラズマ電力供給源から高周波電力を供給し、プラズマを発生させる。そして、被消毒物をプラズマ内に5~60分放置させて微生物類を効果的に除去ないし死滅させるようにしている。



また、上記殺菌等の前処理として、通常医療器具等の細管への付着汚れの洗浄を行っている。この方法としては、例えば洗浄性能に優れた中性酵素洗浄剤を使用する非自動洗浄消毒器を用いる方法があり、これにより無機質系の汚れの除去が可能となる。但し、自動洗浄ではなく手動で行うために使用には熟練を要し、交差感染に十分な注意を払う必要があった。
【特許文献1】
特表2003-533248号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、低温プラズマ照射によって内視鏡等の長尺細管を有する医療器具を殺菌あるいは滅菌(以下、「殺菌等」という。)する殺菌方法及び装置に関し、特に、低温プラズマ雰囲気を定常状態で持続させ、内視鏡等の長尺細管の内部を洗浄しかつ細管表面に付着する細菌類を効果的に死滅または除去することができる殺菌方法及び装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
減圧下で低温プラズマを発生し、この発生した低温プラズマ雰囲気内にガラス管を配置して、該ガラス管内に水を浸漬させて長尺細管を配置し、前記長尺細管の洗浄と殺菌を同時に行うことを特徴とする長尺細管の低温プラズマ殺菌方法。

【請求項2】
 
前記長尺細管は内視鏡であることを特徴とする請求項1に記載の長尺細管の低温プラズマ殺菌方法。

【請求項3】
 
外壁に銅パイプをコイル状に巻き付けた円筒形状のプラズマ反応管炉と、
該プラズマ反応管炉の外壁に巻きつけられる前記銅パイプの内部に冷却水を供給する冷却水供給装置と、
前記プラズマ反応管炉の内部に該プラズマ反応管炉と同軸に設けられ、その内部に水が浸漬されかつ長尺細管が軸方向に配置される浸漬水管と、
前記プラズマ反応管炉内の空気を減圧する真空排気装置と、
前記プラズマ反応管炉内にプラズマ発生用反応物を挿入する反応物送入装置と、
前記プラズマ反応管炉の外壁に巻かれた前記銅パイプ状のコイルに高周波電流を供給する高周波電源と、を備え、
該高周波電源により前記プラズマ反応管炉内にプラズマ雰囲気を発生させて、該プラズマを前記浸漬水管内に配置した前記長尺細管に照射することにより前記長尺細管の表面及び内部に付着した微生物等の細菌類を殺菌し、除去することを特徴とする長尺細管の低温プラズマ殺菌装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005149672thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close