Top > Search of Japanese Patents > KIT AND METHOD FOR EXAMINING MUSCULUS SKELETI

KIT AND METHOD FOR EXAMINING MUSCULUS SKELETI meetings

Patent code P06P005096
File No. IP16-053
Posted date Nov 2, 2006
Application number P2005-070378
Publication number P2006-250841A
Patent number P4150796
Date of filing Mar 14, 2005
Date of publication of application Sep 21, 2006
Date of registration Jul 11, 2008
Inventor
  • (In Japanese)村上 徹
  • (In Japanese)依藤 宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title KIT AND METHOD FOR EXAMINING MUSCULUS SKELETI meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a kit and a method for examining accurately a degree of atrophy in a musculus skeleti.
SOLUTION: This kit uses a combination of (a) an anti-slow-muscle myosin antibody, (b) an actin staining reagent, (c) an antidesmin antibody and/or an anti α-actinin antibody. A nuclei staining reagent and an anti-acetylation tublin antibody are preferably used further concurrently therein.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


寝たきり老人の対策には、その機序や病態に関する基礎的知見の充実が必要である。そのような研究は従来あり(非特許文献1~4)、骨格筋で廃用性萎縮が見られ、廃用数週間で筋線維に変化が現れることがわかっている。最近では、廃用性萎縮を起こしている筋での遺伝子発現が調べられたり(非特許文献5,6)、筋線維の変化を低減する方法の試みもある(非特許文献7~14)。
しかし、どちらかといえばそのような研究報告は散発的であり、骨格筋廃用性萎縮に関する総括的理解を得るには未整備であった。未整備であることの一つとして、骨格筋廃用性萎縮の進行程度を評価する基準がないことがあげられる。そのために、複数の研究報告相互を比較して論じることが困難であった。
また、筋ジストロフィーや神経原性筋萎縮などにおいても骨格筋における病変を正確に検査する方法は確立されていなかった。
【非特許文献1】
Adv Space Res, 2002. 30(4): p. 777-81.
【非特許文献2】
J Gravit Physiol, 2001. 8(1): p. P71-2.
【非特許文献3】
Muscle Nerve, 1998. 21(10): p. 1280-9.
【非特許文献4】
Acta Physiol Scand, 1998. 163(4): p. 369-77.
【非特許文献5】
J Physiol, 2003. 551(Pt 1): p. 33-48.
【非特許文献6】
J Cell Biochem, 2001. 83(3): p. 508-19.
【非特許文献7】
Neurosci Res, 2004. 48(2): p. 119-27.
【非特許文献8】
Jpn J Physiol, 2003. 53(2): p. 77-87.
【非特許文献9】
J Physiol, 2002. 545(Pt 3): p. 819-28.
【非特許文献10】
Acta Physiol Scand, 2002. 176(4): p. 293-300.
【非特許文献11】
J Appl Physiol, 1999. 87(1): p. 3-9.
【非特許文献12】
Am J Physiol, 1998. 275(3 Pt 1): p. E373-9.
【非特許文献13】
Aviat Space Environ Med, 2002. 73(7): p. 635-9.
【非特許文献14】
Am J Physiol Cell Physiol, 2000. 278(3): p. C582-8.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は骨格筋の萎縮の程度などを検査するためのキット及び骨格筋の検査方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の(a)~(c)の抗体を含む骨格筋検査用キット;
(a)抗遅筋ミオシン抗体
(b)アクチン染色試薬
(c)抗デスミン抗体及び/又は抗α-アクチニン抗体。

【請求項2】
 
さらに、核染色試薬を含む、請求項1に記載の骨格筋検査用キット。

【請求項3】
 
さらに、抗アセチル化チューブリン抗体を含む、請求項1又は2に記載の骨格筋検査用キット。

【請求項4】
 
骨格筋の廃用性萎縮の検査用である、請求項1~3のいずれか一項に記載の骨格筋検査用キット。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか一項に記載のキットを用いて生体から単離された骨格筋試料を検査する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005070378thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close