Top > Search of Japanese Patents > MICROTISSUE REPEATEDLY COMPRESSING APPARATUS

MICROTISSUE REPEATEDLY COMPRESSING APPARATUS

Patent code P06P004503
File No. T29
Posted date Nov 10, 2006
Application number P2005-121178
Publication number P2006-296650A
Patent number P4482691
Date of filing Apr 19, 2005
Date of publication of application Nov 2, 2006
Date of registration Apr 2, 2010
Inventor
  • (In Japanese)落合 直之
  • (In Japanese)吉井 雄一
  • (In Japanese)小林 浩三
Applicant
  • (In Japanese)学校法人筑波大学
Title MICROTISSUE REPEATEDLY COMPRESSING APPARATUS
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To analyze a pathologic condition of a disorder caused by external micro force by repeatedly compressing a bundle-shaped and continuous microtissue such as the peripheral nerve or the blood vessel of an animal.

SOLUTION: This microtissue repeatedly compressing apparatus comprises a compressing device fixed by a fixing device and applying pressure to the microtissue, a compressor continuously supplying air pressure to the compressing device using a relief valve, a pressure sensor detecting the air pressure supplied from the compressor, a pressure regulator regulating the pressure to be supplied to the compressor based on a value detected by the pressure sensor, a solenoid valve switching between the supply and stop of the air pressure to the compressing device, a program type controller controlling the opening/closing of the solenoid valve, and a computer transferring a program for automating the operation to the program type controller, analyzing data formed by converting the signals of the values of the pressure sensor by a pressure transducer and displaying them on a monitor.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


微小外力による末梢神経等の障害を病態生理学的に理解するための実験として、兎などの動物が使用される。兎を静脈麻酔により沈静させ、大腿部を展開して坐骨神経に圧迫などの刺激を加えることで、神経活動の変化を測定することができる。



末梢神経等の微小組織に対して圧迫するものとして、末梢神経圧迫用チャンバーという装置も開発されている。



また、特許文献1に記載されているように、イヌ又はネコの電気生理学的方法による神経疾患及び運動疾患の検査又は診断を行う際の記録電極及び刺激装置の設置を容易にし、安定した記録を行うことを可能にする発明も公開されている。

【特許文献1】特開2004-267657号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、動物の末梢神経や血管などの束状で連続性のある微小組織に対して反復的に圧迫し、微小外力による障害の病態を解析するための微小組織反復圧迫装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
中央に差込孔を有する上部材と、前記上部材の下側に連結され、内側に上面が空き下面が膨張可能なシリコンゴムを有する中部材と、前記中部材の下側に取り外し可能に連結され、微小組織を置くための凹部を設けた下部材とからなり、前記上部材に取り付けた接続部材を通じて、前記中部材に空気圧を送り込むことによりシリコンゴムを膨張させ、前記下部材の凹部に置いた微小組織に圧力を加えることを特徴とする圧迫器。

【請求項2】
 
固定器で固定され微小組織に圧力を加える請求項1に記載の圧迫器と、前記圧迫器に対する空気圧の供給をリリーフ弁を使用して持続的に行うコンプレッサーと、前記コンプレッサーから供給された空気圧を検出する圧力センサと、前記圧力センサで検出した値を元に前記圧迫器に供給する圧力を調節する圧レギュレータと、前記圧迫器への空気圧の供給又は解除を切り替える電磁バルブと、前記電磁バルブの開閉を制御するプログラム式コントローラと、前記プログラム式コントローラに動作を自動化するためのプログラムを転送するとともに、前記圧力センサの値を圧トランスデューサにより信号を変換したデータを解析してモニタに表示するコンピュータとからなることを特徴とする微小組織反復圧迫装置。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
  • High polymer
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005121178thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close