Top > Search of Japanese Patents > HIGHLY CARBON DIOXIDE-IMMOBILIZED COMPOUND

HIGHLY CARBON DIOXIDE-IMMOBILIZED COMPOUND commons

Patent code P06A009466
Posted date Nov 17, 2006
Application number P2005-033574
Publication number P2006-219406A
Patent number P5055536
Date of filing Feb 9, 2005
Date of publication of application Aug 24, 2006
Date of registration Aug 10, 2012
Inventor
  • (In Japanese)葭田 真昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title HIGHLY CARBON DIOXIDE-IMMOBILIZED COMPOUND commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new carbonate compound to whose electrochemical functions the function of flame retardancy is imparted.
SOLUTION: The highly carbon dioxide-fixed compound is represented by general formula (1), (2) or (3) (A is O or NH).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カーボネート類は、リチウムイオン電池用電解質、電気二重層キャパシタ用電解質、アルカリ金属電気化学電池用電解質などに利用されている化合物群である。



これまでその電気化学的な機能を高めるために、環状カーボネート官能基を有するポリマーが提案されたり(特許文献1)、新規なグリセリンジカーボネートが提案されたり(特許文献2)、環状カーバメート等が提案されている(特許文献3)。
【特許文献1】
特開平10-60210号公報
【特許文献2】
特開2003-40885号公報
【特許文献3】
特開2003-77536号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規な二酸化炭素の高度固定化物に関し、詳しくは電気化学電池に使用されるカーボネート誘導体である二酸化炭素の高度固定化物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(4a)及び(4b)で表される化合物を超臨界二酸化炭素で処理することにより、下記一般式(1)で表される、二酸化炭素の高度固定化物を製造する方法。
【化1】
 



【請求項2】
 
下記一般式(5a)及び(5b)で表される化合物を超臨界二酸化炭素で処理することにより、下記一般式(1)で、二酸化炭素の高度固定化物を製造する方法。
【化2】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

15101_10SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close