Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND, AND AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND OBTAINED THEREBY

METHOD FOR PRODUCING AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND, AND AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND OBTAINED THEREBY

Patent code P06P004580
File No. T16
Posted date Dec 1, 2006
Application number P2005-138465
Publication number P2006-314224A
Patent number P4866999
Date of filing May 11, 2005
Date of publication of application Nov 24, 2006
Date of registration Nov 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)野村 暢彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title METHOD FOR PRODUCING AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND, AND AROMATIC MONOHYDROXY COMPOUND OBTAINED THEREBY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To readily and efficiently obtain an aromatic monohydroxy compound from an aromatic compound.
SOLUTION: The aromatic monohydroxy compound, e.g. monohydroxydibenzothiophene is produced by bringing a microorganism in which the enzyme activity of a polycyclic aromatic compound-splitting enzyme (bphB) is inhibited by gene-breaking, expression inhibition, use of inhibitor, or the like, or a cell content of the microorganism, e.g. the microorganism of the genus Sphingomonas into contact with the aromatic compound, e.g. dibenzothiophene.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


多環芳香族化合物にヒドロキシル基が付加した化合物は、石油製品をはじめ、除草剤、医薬品などさまざまな製品の原料となりうる物質であることから、常温常圧で生産可能である微生物を用いたバイオプロセス生産を目的とした研究が多数行われてきた。バイオプロセスを用いた工業製品の生産はコスト面で優れており、環境にも優しい技術として従来の化学合成に代わる技術として期待されている。



モノオキシゲナーゼによる多環芳香族化合物(PAH)のヒドロキシ化について、森らは、白色腐朽菌(Phlebia lindtneri)のP450モノキシゲナーゼが、ジベンゾジオキシン(DBD)、ジベンゾフラン(DBF)、ビフェニル(BPH)の位置特異的なヒドロキシル化を担っていることを報告している(非特許文献1)。また、糸状菌や酵母ではヒドロキシ化合物を介した多環芳香族化合物の分解に関する報告がいくつかある(例えば、非特許文献2)。
しかし、白色腐朽菌は、基質のヒドロキシル化のみを担っており、それ以降は分解が進行しない。
一方、単環のベンゼン、トルエンについては、モノヒドロキシ化合物を介した環開裂型分解経路が存在していることが明らかとなっている(非特許文献3)。また微生物を用いた各種芳香環ジオキシゲナーゼを用いてジヒドロジオール等を得ることができることが報告されている(特許文献1乃至4)。
【非特許文献1】
Appl.Microbiol.Biotechnol., 60, 200-205, (2002)
【非特許文献2】
Appl.Environ.Microbiol., 67(4), 1551-1557, (2001)
【非特許文献3】
Aldrichimia Acta, Vol. 32,(2), 35-62, (1999)
【特許文献1】
特開平5-130875号公報
【特許文献2】
特開平6-181789号公報
【特許文献3】
特開2003-269号公報
【特許文献4】
特開2003-93087号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、芳香族モノヒドロキシ体の製造方法及びそれにより得られた芳香族モノヒドロキシ体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
縮合又は非縮合の芳香環を2つ又は3つ有する二環又は三環の多環芳香族化合物であるジベンゾチオフェン、ジベンゾ-p-ジオキシン、ビフェニル、ナフト[1,2-b]チオフェン、ナフト[2,1-b]チオフェン、フェナントレン、又はアントラセンを、多環芳香族化合物分解酵素(bphB)の酵素活性が抑制されたSphingomonas paucimobilis TZS-7株又はその細胞内容物と接触させることを特徴とする芳香族モノヒドロキシ体の製造方法。

【請求項2】
 
前記bphBの酵素活性の抑制が、bphB遺伝子の発現抑制及び遺伝子破壊並びにbphB活性阻害剤の使用からなる群より選択された少なくとも1つによって行われることを特徴とする請求項1記載の芳香族モノヒドロキシ体の製造方法。

【請求項3】
 
前記bphBの酵素活性の抑制が、bphB遺伝子の発現抑制及び遺伝子破壊からなる群より選択された少なくとも1つによって行われることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の芳香族モノヒドロキシ体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close