Top > Search of Japanese Patents > SPRING-TYPE ACTUATOR AND ITS MANUFACTURING METHOD

SPRING-TYPE ACTUATOR AND ITS MANUFACTURING METHOD

Patent code P06P005098
File No. IP16-088
Posted date Dec 1, 2006
Application number P2005-138128
Publication number P2006-320059A
Patent number P4269058
Date of filing May 11, 2005
Date of publication of application Nov 24, 2006
Date of registration Mar 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)長屋 幸助
  • (In Japanese)畑 秀樹
  • (In Japanese)鄭 娟莉
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title SPRING-TYPE ACTUATOR AND ITS MANUFACTURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a spring-type actuator which can be constituted in small size due to its simple structure, and a method of manufacturing the spring-type actuator, which can manufacture the spring-type actuator in small size.
SOLUTION: This spring-type actuator 10 is equipped with a compressive coil spring 12 consisting of an element wire of nonmagnetic material, a plurality of magnetic layers 14 which are arranged apart in the axial direction of the compressive coil spring 12 and are fixed each to the element wire inside the compressive coil spring 12, and a magnetic field generator 20 which generates magnetic fields so that they may pass each magnetic field 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


コイルばねは、変位を与えると復元力を生じる機械要素であるが、それ自体ではアクチュエータとして機能しない。このため、コイルばねに変位を与え得る別のアクチュエータを組み合わせることによって、復元力を利用するアクチュエータを構成することになる。このようなアクチュエータとして、磁歪素子に磁気を与えることで変位を生じた変位出力部を、変位規制が解除されたときに圧縮コイルばねの復元力で原位置に復帰させる磁歪式アクチュエータが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2005-33978号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、コイルばねの復元力を利用して機械的な運動を生じさせるばね型アクチュエータに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コイルばねと、
前記コイルばねの軸線方向に離間して配置され、それぞれ前記コイルばねの内側で前記コイルばねの素線に固定された複数の磁性体層と、
前記各磁性体層を磁束が通るように磁場を発生する磁場発生装置と、
を備え
前記磁性体層は、接着剤に磁性粉を混合して構成されているばね型アクチュエータ。

【請求項2】
 
前記磁性体層は、シリコン系の接着剤にフェライト粉を混合して構成されている請求項1記載のばね型アクチュエータ。

【請求項3】
 
前記コイルばねの内側における前記磁性体層間に、該磁性体層の接離に伴って減衰力を生じる減衰部材を配置した請求項1又は請求項2記載のばね型アクチュエータ。

【請求項4】
 
前記減衰部材は、前記磁性体層間に挟み込まれ、該磁性体層の接離に伴って変形しつつ空気を出入りさせることで減衰力を生じる多孔性物質にて構成されている請求項3記載のばね型アクチュエータ。

【請求項5】
 
前記磁場発生装置は、前記コイルばねの少なくとも軸線方向一端側に配置された永久磁石と、該永久磁石に対し前記コイルばねとは反対側に設けられ変動磁場を生じ得る電磁石とを含んで構成されている請求項1乃至請求項4の何れか1項記載のばね型アクチュエータ。

【請求項6】
 
コイルばねと、
前記コイルばねの軸線方向に離間して配置され、それぞれ前記コイルばねの内側で前記コイルばねの素線に固定された複数の磁性体層と、
を備えたばね型アクチュエータの製造方法であって、
加熱によって固化する接着剤に磁性粉を混合した磁性粉入接着剤層と、加熱によって溶融又は蒸発する材料より成るスペーサ層とを、前記磁性粉入接着剤層が2つ以上形成されるように前記コイルばね内に該コイルばねの軸線方向に交互に積層する第1工程と、
前記コイルばね内で交互に積層された前記磁性粉入接着剤層及びスペーサ層を加熱して、前記接着剤を固化させると共に前記スペーサ層を除去して、前記コイルばねの軸線方向に離間した複数の磁性体層を形成する第2工程と、
を含むばね型アクチュエータの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005138128thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close