Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR MICRO TRAP SCREENING

METHOD AND DEVICE FOR MICRO TRAP SCREENING

Patent code P06A009474
File No. H04-024
Posted date Dec 1, 2006
Application number P2003-031164
Publication number P2004-239836A
Patent number P3783055
Date of filing Feb 7, 2003
Date of publication of application Aug 26, 2004
Date of registration Mar 24, 2006
Inventor
  • (In Japanese)屋敷 幹雄
  • (In Japanese)福永 徳人
  • (In Japanese)奈女良 昭
  • (In Japanese)西田 まなみ
  • (In Japanese)小嶋 亨
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHOD AND DEVICE FOR MICRO TRAP SCREENING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To allow screening, to allow gas, a liquid and a solid to be applied as an inspection object, to allow application to a micro-sample such as a bio-sample to be applied, to allow all the substances ranging over compounds such as a low boiling point compound and a nonvolatile macromolecular compound to be analyzed by GC, HPLC, CE and the like, to attain high sensitivity, and to solve the problem of carry-over.
SOLUTION: This method includes a container such as a vial with a septum of which the inner space is constituted of at least two phases by sealing a sample, a purge gas supply means for supplying purge gas into the one phase, and a trap means having a disposable micro-trap tube capable of introducing a substance constituting the other phase different from the one phase supplied with the purge gas, and prepared by cutting a GC capillary column.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


GC、HPLC、CE、TLC等の分離分析装置で定性・定量分析を行う場合には、その前処理として、サンプリングした試料を一旦、目的成分(群)について抽出、精製、濃縮等行う必要のある場合が多い。
これらの前処理法には、古くから目的成分に応じた様々な方法が用いられているが、近年、固相抽出(SPE)法、ヘッドスペース(HS)法、パージトラップ(PT)法、固相マイクロ抽出(SPME)法等が使用されている。



【非特許文献1】
”最新の分離・精製・検出法”、p94-104、(株)エヌ・テ ィー・エス、1997.
【非特許文献2】
奈女良 昭、屋敷幹雄、小嶋 亨、福永徳人、法中毒学における固相マイクロ抽出 (SPME)法、法中毒、16, 1-16, 1998.
【非特許文献3】
(社)日本分析化学会ガスクロマトグラフィー研究懇談会編、”キャピラリーガスクロマトグラフィー” p66-79、朝倉書店、1997

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、分析化学分野に属する技術であり、ガスクロマトグラフィー(GC)、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、キャピラリー電気泳動(CE)、薄層クロマトグラフィー(TLC)等の分離分析装置に試料を供給するための前処理として、検体からサンプリングした試料から目的成分を抽出・濃縮する技術に関し、特に、生体からの試料等、極微量な試料から迅速に高精度の分析結果が要求される医療現場等においても、簡易な手段でこれらの達成に寄与できる技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
試料を封入することにより内部を少なくとも2相により構成される容器と、前記1相内にガスを供給可能なガス供給手段と、ガスを供給された前記1相とは別の相を構成する物質を導入可能であり、かつ、市販のガスクロマトグラフィー用キャピラリーカラムを切断して製造された使い捨てにするマイクロトラップ管を有するトラップ手段とを含んで構成されることを特徴とするマイクロトラップスクリーニング装置。

【請求項2】
 
試料を封入することにより内部を少なくとも2相により構成される容器と、前記1相内にガスを供給可能なガス供給手段と、ガスを供給された前記1相を構成する物質を導入可能であり、かつ、市販のガスクロマトグラフィー用キャピラリーカラムを切断して製造された使い捨てにするマイクロトラップ管を有するトラップ手段とを含んで構成されることを特徴とするマイクロトラップスクリーニング装置。

【請求項3】
 
前記切断を、検査試料に最適な長さで行うことを特徴とする請求項1又は2項に記載のマイクロトラップスクリーニング装置。

【請求項4】
 
前記トラップ手段が、前記マイクロトラップ管とその端部に連結された針部とを含んで構成されることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載のマイクロトラップスクリーニング装置。

【請求項5】
 
前記トラップ手段が、前記マイクロトラップ管とこれに外装したステンレス管とを含んで構成されることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載のマイクロトラップスクリーニング装置。

【請求項6】
 
前記容器を加熱可能な容器加熱手段をさらに有することを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載のマイクロトラップスクリーニング装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003031164thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close