Top > Search of Japanese Patents > COMMUNICATION METHOD

COMMUNICATION METHOD

Patent code P06A009494
File No. 04-010
Posted date Dec 1, 2006
Application number P2004-375170
Publication number P2006-186446A
Patent number P4686662
Date of filing Dec 27, 2004
Date of publication of application Jul 13, 2006
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)角田 良明
  • (In Japanese)大田 知行
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人広島市立大学
Title COMMUNICATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a communication method capable of appropriately configuring clusters configuring an adhoc network.
SOLUTION: The communication method configures the adhoc network, wherein the clusters 11 each comprising a plurality of nodes 12 having the same cluster ID and communication is carried out among the clusters 11, and updates the cluster ID of a node Vi, when the node Vi acquires a cluster ID of an adjacent node, the cluster ID of the adjacent node differs from the cluster ID of the node Vi; and the ratio of adjacent nodes, including the cluster ID different from the cluster ID of the node Vi reaches a prescribed value or larger, with respect to all the adjacent nodes.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アドホックネットワークとは、有線ネットワークにおけるルータのようなルーティング機能を持つモバイル端末の集合である。モバイル端末が他のモバイル端末と通信する場合、送信元モバイル端末から発生したデータパケットは、他のモバイル端末を経由する。すなわち、アドホックネットワークにおけるモバイル端末は、携帯電話システムのような基地局を用いることなく通信が行える。モバイル端末がどの方向へ、またどんな速度でネットワーク内を移動しても、集合から離れなければお互いに通信することが可能である。



アドホックネットワークを用いる場合は、クラスタリングとルーティングを適正に行うことが重要である(下記特許文献1を参照)。ここで、クラスタリングとはネットワークをクラスタと呼ばれるサブネットワークに分割することである。また、ルーティングとは、パケット(情報)を転送する端末間の経路を決定することである。
【特許文献1】
特開2004-215064号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、通信方法に関し、特に、アドホックネットワークを構成するクラスタを適正に生成できる通信方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
同一のクラスタIDを有する複数のノードから成るクラスタを生成し、前記クラスタでアドホックネットワークを構成する通信方法であり、
前記ノードは、隣接する隣接ノードのクラスタIDを取得し、
前記ノードのクラスタIDとは異なるクラスタIDを有する隣接ノードの割合が、全ての前記隣接ノードに対して所定の値以上であるときは、前記ノードが自身のクラスタIDを更新することを特徴とする通信方法。

【請求項2】
 
前記隣接ノードの少なくとも1つは、前記ノードと同一のクラスタIDを有することを特徴とする請求項1記載の通信方法。

【請求項3】
 
前記クラスタを構成するノードは、クラスタを管理するクラスタヘッドと、異なるクラスタIDを有するノードに隣接するゲートウェイを含み、
前記隣接ノードの全ては、前記ゲートウェイであることを特徴とする請求項1記載の通信方法。

【請求項4】
 
前記ノードは、移動可能な通信端末であることを特徴とする請求項1記載の通信方法。

【請求項5】
 
前記ノードのクラスタIDとは異なるクラスタIDを有する隣接ノードの割合が、全ての前記隣接ノードに対して40%以上であるときに、前記ノードのクラスタIDを更新することを特徴とする請求項1記載の通信方法。

【請求項6】
 
同一のクラスタIDを有する複数のノードから成るクラスタを生成し、前記クラスタでアドホックネットワークを構成する通信方法であり、
前記ノードは、隣接する隣接ノードのクラスタIDを取得し、
前記ノードと同一のクラスタIDを有する前記隣接ノードの数が、前記ノードとは異なるクラスタIDを有する前記隣接ノードよりも少ないときは、前記ノードが自身のクラスタIDを更新することを特徴とする通信方法。

【請求項7】
 
前記ノードと同一のクラスタIDを有する隣接ノードの数が2以下、且つ、前記ノードとは異なるクラスタIDを有する前記隣接ノードの数が3以上であるときに、前記ノードのクラスタIDを更新することを特徴とする請求項6記載の通信方法。

【請求項8】
 
前記クラスタを構成するノードは、クラスタを管理するクラスタヘッドと、異なるクラスタIDを有するノードに隣接するゲートウェイを含み、
前記隣接ノードの全ては、前記ゲートウェイであることを特徴とする請求項6記載の通信方法。

【請求項9】
 
前記ノードは、移動可能な通信端末であることを特徴とする請求項6記載の通信方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004375170thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close