Top > Search of Japanese Patents > AGENT FOR ENHANCING ANTITUMOR EFFECT OF TUMOR NECROSIS INDUCTION THERAPY

AGENT FOR ENHANCING ANTITUMOR EFFECT OF TUMOR NECROSIS INDUCTION THERAPY

Patent code P06P004507
File No. T35
Posted date Dec 8, 2006
Application number P2005-159492
Publication number P2006-306824A
Patent number P4560629
Date of filing May 31, 2005
Date of publication of application Nov 9, 2006
Date of registration Aug 6, 2010
Priority data
  • P2005-105408 (Mar 31, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)串田 茂樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title AGENT FOR ENHANCING ANTITUMOR EFFECT OF TUMOR NECROSIS INDUCTION THERAPY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an effective agent for enhancing antitumor effect of a tumor necrosis induction therapy using cytokine without inducing severe adverse events.
SOLUTION: The agent comprises a cytokine cocktail comprising a combination of an interferon, a Th1 cytokine, a Th2 cytokine, an inflammation-inducing cytokine and a dendritic cell-inducing cytokine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


温熱療法、凍結療法、放射線療法、光凝固法、光線力学的治療法、腫瘍血管塞栓療法などの物理療法や、抗癌剤、ホルモン剤、血管新生阻害剤、分子標的薬などによる薬物療法など、腫瘍細胞に壊死を誘導する治療方法は、ある種の癌に対して効果があることは疑いのない事実である。しかしながら、その効果は必ずしも十分なものではなく、臨床患者においては、腫瘍壊死誘導療法だけでは癌の原発巣ならびに転移を完全に抑制することは困難な場合が多い。そこで、腫瘍壊死誘導療法の抗腫瘍効果を増強するために、ある種のサイトカインを腫瘍壊死誘導療法に併用する治療方法が提案されている。この治療方法は、サイトカインによって宿主の免疫系を活性化することで、腫瘍壊死誘導療法の抗腫瘍効果を増強しようとするものである。例えば、非特許文献1には、TNF-αとIL-2を全身温熱療法と併用する治療方法が記載されている。また、非特許文献2や非特許文献3や非特許文献4には、IL-2を局所温熱療法と併用する治療方法が記載されている。また、非特許文献5には、TNF-αとIFN-γと抗癌剤であるメルファラン(melphalan)を局所温熱療法と併用する治療方法が記載されている。
【非特許文献1】
Fritz, K.L. et al. J. Surg. Res. 60, 55-60(1996)
【非特許文献2】
Geeham, D.M. et al. J. Surg. Oncol. 59, 35-39(1995)
【非特許文献3】
Nakayama, J. et al. Br. J. Dermatol. 130, 717-724(1994)
【非特許文献4】
Shen, R.-N. et al. Cancer Res. 50, 5027-5030(1990)
【非特許文献5】
Lienard, D. et al. J. Clin. Oncol. 10, 52-60(1992)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、腫瘍壊死誘導療法の抗腫瘍効果増強剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
インターフェロンと、Th1サイトカインと、Th2サイトカインと、炎症誘導サイトカインと、樹状細胞誘導サイトカンインを組み合わせて構成されるサイトカインカクテルとして、IFN-α、IFN-β、IFN-γ、IL-2、IL-12、IL-15、IL-18、IL-4、IL-1α、TNF-α、IL-3、GM-CSFからなることを特徴とする腫瘍壊死誘導療法としての温熱療法の抗腫瘍効果増強剤
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005159492thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close