Top > Search of Japanese Patents > OZONE GENERATION METHOD AND APPARATUS USING HEMIMORPHIC CRYSTALS

OZONE GENERATION METHOD AND APPARATUS USING HEMIMORPHIC CRYSTALS

Patent code P06A009568
File No. 924
Posted date Jan 12, 2007
Application number P2005-151900
Publication number P2006-327856A
Patent number P3874361
Date of filing May 25, 2005
Date of publication of application Dec 7, 2006
Date of registration Nov 2, 2006
Inventor
  • (In Japanese)伊藤 嘉昭
  • (In Japanese)吉門 進三
  • (In Japanese)中西 義一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)中西 義一
Title OZONE GENERATION METHOD AND APPARATUS USING HEMIMORPHIC CRYSTALS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ozone generation method and apparatus which do not require a high voltage power source and a vacuum device and which can generate a high concentrated ozone in the atmosphere and easily.
SOLUTION: The ozone generation method and apparatus which can generate a high concentrated ozone in an atmosphere in the vicinity of the crystal by repeatedly heating and cooling hemimorphic crystal bodies wherein their directions of polarization are uniform.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


本発明者等は、3~6Pa程度の真空ないし低気体圧雰囲気中に焦電結晶として知られているニオブ酸リチウム(LiNbO3)単結晶などの異極像結晶体を配置し、これに周期的に温度変化を与えることによって、結晶表面で電荷の相殺に追随できないために表面に生じた電子を含む荷電粒子をターゲットあるいは異極像結晶に衝突させてX線を発生させる装置を発明し(特願2003-407985、2004-98371)、このX線をベリリウム窓などを通して酸素を含む気流中に照射してオゾンを発生させる装置を発明(特願2004-99069)した。さらにこの真空筐体内に異極像結晶体とともに熱電子を発生する電子銃を併設し、これからの熱電子を結晶体の温度変化によって生じた高電界を利用してX線ターゲットへ指向衝突させ、ターゲットからの制動輻射による強力X線によってより効率的にオゾンを発生させる装置も発明(特願2005-94742)した。
【特許文献1】
特願2003-407985
【特許文献2】
特願2004-98371
【特許文献3】
特願2004-99069
【特許文献4】
特願2005-94742

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、異極像結晶を熱励起することによって結晶の回りに発生する高電界を利用して、大気中でオゾンを生成させる方法および装置に関するもので、特に常圧雰囲気中に高濃度のオゾンを発生させる手段を提供するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
常圧以上の大気雰囲気中に、分極の向きを一方向に揃えた異極像結晶体を配置し、この異極像結晶体を周期的に加熱・冷却することにより当該結晶体付近の大気中に高電界を発生させ、この高電界よって大気中に発生する軟X線と、大気中の酸素分子の解離・再結合、との複合作用によって大気中の酸素分子をオゾン化することを特徴とする異極像結晶を用いたオゾン生成方法。

【請求項2】
 
常圧以上の大気を封入した筐体内に、分極方向を一方向に揃えた異極像結晶体をその一方の極性側表面が直接大気に接するように配置し、結晶体の他方側にこれを熱励起する手段を設け、この熱励起手段を介して前記結晶体の温度を周期的に昇降させることにより結晶体の周辺に高電界を発生させ、この高電界による荷電粒子の挙動を利用して筐体内の大気中にオゾンを生成させることを特徴とする異極像結晶を用いたオゾン生成装置。

【請求項3】
 
異極像結晶体を筐体内に複数個配置し、各結晶体をその温度昇降周期の位相をずらせて各別に熱励起することを特徴とする請求項2に記載の異極像結晶を用いたオゾン生成装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005151900thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close