Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SCREENING DRUG CANDIDATE SUBSTANCE UTILIZING CELLULAR SLIME MOLD

METHOD FOR SCREENING DRUG CANDIDATE SUBSTANCE UTILIZING CELLULAR SLIME MOLD meetings

Patent code P06P005105
File No. IP16-079
Posted date Jan 19, 2007
Application number P2005-166839
Publication number P2006-340615A
Patent number P4452829
Date of filing Jun 7, 2005
Date of publication of application Dec 21, 2006
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)久保原 禅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title METHOD FOR SCREENING DRUG CANDIDATE SUBSTANCE UTILIZING CELLULAR SLIME MOLD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently screening a drug candidate compound such as an antitumor agent or antidiabetic agent.
SOLUTION: The method for screening a drug candidate substance involves utilizing a mutant HM44 cell or the like that produces no factor DIF-1 inducing the endogenous differentiation of cellular slime mold such as Discotyostelium discoidem and using as criterion e.g. the activity of inducing differentiation to stalk cell. Compounds promoting the differentiation of the cellular slime mold include those having cancer cell proliferation-inhibitory effects and saccharometabolism-promoting effects.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


新規医薬の開発は、社会の重要課題の1つである。その医薬開発の方法の1つとして、各種培養細胞の変化(分化状態や細胞増殖)を指標として天然物質や人工化合物の効果を検定し、医薬候補物質をスクリーニングする方法がある。従来、いろいろな細胞が医薬候補物質のスクリーニングに利用されており、たとえば、各種癌細胞をin vitro培養して、サンプル化合物が癌細胞の増殖を抑制することができるかどうか評価することによって、抗癌剤の候補物質のスクリーニングが行われている。また、天然化合物(混合物)をこのようなスクリーニング系にかけ効果を確認しながら、混合物の中から有効成分を分離、精製することも行われている。
しかしながら、各種哺乳類細胞を利用した薬剤スクリーニングは相当数試みられており、従来の方法では、混合物中の既知の成分の効果がむしろ判定の邪魔になって、新規成分を分離、精製することが難しくなるケースもでてくる。
そこで、医薬候補物質をスクリーニングするための新たな細胞系の確立が必要となってくる。



下等真核生物である細胞性粘菌は、発生過程において2種類の細胞(胞子と柄細胞)より成る子実体を形成する。柄細胞への分化には、細胞が分泌している脂溶性低分子DIF-1(式(I))が必要であることが知られている。これまでに、細胞性粘菌の分化を指標として医薬候補物質のスクリーニングが行われたことはなかった。



【化1】


Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、細胞性粘菌の培養系を利用した簡便な医薬候補物質のスクリーニング法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
細胞性粘菌の培養系に化合物又は化合物を含む画分を添加し、細胞性粘菌の分化を誘導する化合物を糖代謝促進剤の候補物質として取得することを特徴とする、糖代謝促進剤の候補物質のスクリーニング方法。

【請求項2】
 
細胞性粘菌がディクチオステリュウム ディスコイディウム(Dictyostelium discoideum)である、請求項1に記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
ディクチオステリュウム ディスコイディウムが下記式(I)で示されるDIF-1を産生しない変異株である、請求項2に記載のスクリーニング方法。
【化1】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005166839thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close