Top > Search of Japanese Patents > WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING MATERIAL AND WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING METHOD USING THE SAME

WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING MATERIAL AND WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING METHOD USING THE SAME

Patent code P06P005162
Posted date Feb 16, 2007
Application number P2005-228682
Publication number P2006-068732A
Patent number P4945742
Date of filing Aug 5, 2005
Date of publication of application Mar 16, 2006
Date of registration Mar 16, 2012
Priority data
  • P2004-231595 (Aug 6, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)山本 民次
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING MATERIAL AND WATER AREA ENVIRONMENT IMPROVING METHOD USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a water area environment improving material for improving a bottom material much in the content of organic matter of a closed water area and the water quality in its periphery, and a water area environment improving method.
SOLUTION: The water area environment improving material containing diatom bonded slag obtained by bonding a diatom to steel making slag, is sprinkled over the water area having the bottom material much in the content of organic matter. The propagation and photosynthetic activity of benthic fine algae are raised by inorganic nutrients eluted from the steel making slag, and the bottom material and water quality are improved by oxygen discharged from the benthic fine algae.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、水域の底質改善に関しては、主として覆砂や浚渫等の土木的手法が行われてきたが、これらの土木的手法はいずれも対症療法的であり、効果の持続性は望めなかった。また、覆砂をするための砂の採取は他所の環境破壊につながり、浚渫土の持って行き場所が新たな問題を生んでいた。



微生物混合群集を有機汚泥の改良材として用いる試みも一部にある。よく知られているものに「EM菌」というものがあるが、構成生物種が明確でない上、海域では効果がないことが明らかにされ、例えば広島県では使用しないことを発表している。



鉄鋼スラグを覆砂材として用いる試みは既にされており、エコサンドなどとして商品化されている。また、例えば特許文献1には、高炉水砕スラグを水底又は水浜に敷設することを特徴とする水中又は水浜の環境改善方法および高炉水砕スラグからなることを特徴とする水中又は水浜の環境改善用資材が記載されている。



水域の環境問題には、富栄養化の進行に伴う藻類ブルーム(いわゆる赤潮)があり、これを抑制するためにリン(P)の削減が行われてきた。上記鉄鋼スラグを覆砂材として用いる場合も、鉄鋼スラグをリン吸着剤として利用していることが多い。ところが、最近ではリン負荷量の過剰な削減によって、逆に貧栄養化を招いている水域も見受けられるようになり、新たな問題となっている。



この新たな問題に対して本願発明者らは、鉄鋼スラグがリン、ケイ素を含み、これらを水中に溶出させ、微細藻の増殖促進剤として利用可能であることを報告している(特許文献2および非特許文献1参照)。



また、本願発明者らは、弱光下での増殖が有利に行われる底生微細藻の培養に成功したこと、当該底生微細藻はリン酸塩の取り込み速度が非常に大きいことを報告し(非特許文献2および非特許文献3参照)、底生微細藻を利用した底質環境改善の可能性を示唆している。
【特許文献1】
特開2004-24204(平成16年1月29日公開)
【特許文献2】
特開2003-134958(平成15年5月13日公開)
【非特許文献1】
T. Yamamoto, M. Suzuki, S. J. Oh and O. Matsuda: Tetsu-to-Hagane, 89, 102-108,2003.
【非特許文献2】
松田治、山本民次、皆川和明、有吉英治:微細藻を用いた瀬戸内海の生態学的底質改善に関する研究報告(その1)、財団法人広島県環境保健協会、2002年3月
【非特許文献3】
松田治、山本民次、皆川和明、有吉英治:微細藻を用いた瀬戸内海の生態学的底質改善に関する研究報告(その2)、財団法人広島県環境保健協会、2003年3月

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水域環境改善材およびそれを用いる環境改善方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水域に散布して当該水域の還元的な底質を酸化的に変える底質改善材であって、
製鋼スラグに付着性の珪藻を付着させてなる珪藻付着スラグを含有し、
上記珪藻はシスト化しており、
上記珪藻付着スラグと珪藻が付着していない製鋼スラグとの混合物であることを特徴とする底質改善材。

【請求項2】
 
水域の還元的な底質を酸化的に変える底質改善方法であって、
請求項1に記載の底質改善材を水域に散布して、底質上に到達させる工程を含むことを特徴とする底質改善方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close