Top > Search of Japanese Patents > TARGET DETECTION DEVICE AND TARGET DETECTION SYSTEM

TARGET DETECTION DEVICE AND TARGET DETECTION SYSTEM

Patent code P06A009666
Posted date Feb 16, 2007
Application number P2005-276587
Publication number P2006-119129A
Patent number P5470571
Date of filing Sep 22, 2005
Date of publication of application May 11, 2006
Date of registration Feb 14, 2014
Priority data
  • P2004-274866 (Sep 22, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)荒井 郁男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
Title TARGET DETECTION DEVICE AND TARGET DETECTION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a target detection device smaller than a conventional vehicle detection device, allowing protection from breakage, and also to provide a target detection system detecting a direction of a target in addition to presence/absence of the target.
SOLUTION: A microwave signal 1a generated by a microwave oscillator 1 is divided into first and second reference signals u1, u2and a third transmission signal 4a; the third transmission signal 4a is irradiated to the target 6; the first and second reference signals u1, u2and first and second reception signals w1, w2reflected by the target 6, are inputted to first and second detectors 81, 82; and first and second detection signals 8a, 8b are obtained. Detection data x, y obtained by A/D-converting the detection signals 8a, 8b by first and second A/D converters are arithmetically processed to decide the presence/absence of the target 6. The direction of the target 6 is decided by positive/negative of a phase difference between signal vectors outputted from the respective target detection devices by use of two target detection devices.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、駐車場などで車両や人の有無を検知する装置には、光遮断方式、超音波反射波検知方式、コイルを用いた磁界変化検出方式などがある。



光遮断方式、超音波反射波検知方式を採用した車両検知装置では、各駐車ブロックの入口近傍にポールを立ててそのポール内に発光装置や超音波の発振器を組み込んだり、駐車場の天井に各ブロックに向けて光や超音波等を発するように発光装置や発振器を取付けたりして、光の場合は車両による遮光を検知し、また超音波の場合には車両の存在により変化する反射波を捕らえて車両の有無を検知している。



また、コイルを用いた磁界変化検出方式では、各駐車ブロックにコイルを埋設し、そのブロックに車両が位置することによるコイルのインダクタンス変化を検出して車両の有無を検知している。



光遮断方式の車両検知装置としては、例えば特許文献1に開示されたものがあり、超音波反射波検知方式の車両検知装置としては、例えば特許文献2に開示されたものがあり、コイルを用いた磁界変化検出方式の車両検知装置としては、例えば、特許文献3に開示されたものがある。
【特許文献1】
特開2004-102860号公報
【特許文献2】
特開2001-222791号公報
【特許文献3】
特許第2587746号公報

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、例えば駐車区画での物標の有無及び物標の方向を検知する物標検知装置及び物標検知システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
マイクロ波信号を発生するマイクロ波発振器と、前記マイクロ波信号を送信する送信アンテナと、前記送信アンテナから送信された前記マイクロ波信号が物標で反射された信号を受信し受信信号を出力する受信アンテナと、前記送信信号と前記受信信号を混合して検波信号を出力する検波手段と、前記検波信号をA/D変換して検波データを出力するA/D変換器と、前記検波データに基づき物標の存在の有無を判定する演算処理手段とを具備する物標検知装置を少なくとも2台配置した物標検知システムであって、
物標が存在しない状態で検出される検波データと物標が存在する状態で検出される検波データとの差を求めることにより得られる第1の信号ベクトル成分(x)を出力する第1の物標検知装置と、
物標が存在しない状態で検出される検波データと物標が存在する状態で検出される検波データとの差を求めることにより得られる第2の信号ベクトル成分(y)を出力する第2の物標検知装置と、
前記第1の信号ベクトル成分(x)と前記第2の信号ベクトル成分(y)との位相差を求め、この位相差に基づいて物標の方向を判定する演算処理装置と
を具備することを特徴とする物標検知システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005276587thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close