Top > Search of Japanese Patents > ANTI-TUMOR AGENT

ANTI-TUMOR AGENT

Patent code P06P005110
File No. IP17-018
Posted date Feb 23, 2007
Application number P2005-223927
Publication number P2007-039359A
Patent number P4496369
Date of filing Aug 2, 2005
Date of publication of application Feb 15, 2007
Date of registration Apr 23, 2010
Inventor
  • (In Japanese)久保原 禅
  • (In Japanese)保坂 公平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title ANTI-TUMOR AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new anti-tumor agent which contains a specific compound or its salt as an active ingredient.
SOLUTION: This anti-tumor agent contains a compound represented by general formula (I) (R1 is a 1 to 10C alkyl, a 2 to 10C alkenyl or a 2 to 10C alkynyl; R2 is a 1 to 30C alkyl, a 2 to 30C alkenyl or a 2 to 30C alkynyl; R3 is a 1 to 10C alkyl) or its pharmacologically acceptable salt as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


抗癌剤はがん治療やがん患者延命のために臨床的に使用されてきたが、副作用などの問題を含め未解決の問題は少なくない。しかしながら、近年、抗癌剤による副作用を軽減する薬剤との併用や、複数の抗癌剤の組合せによる治療、有効な新規抗癌剤の登場などによって抗癌剤の有用性は再認識されている。したがって、今後も新規抗癌剤の開発は重要な課題といえる。



ディクチオグルコサミンと呼ばれる化合物は、細胞性粘菌であるディクチオステリュウム ディスコイディウム(Dictyostdium discoideum)から単離された化合物である(非特許文献1参照)。しかしながら、この化合物が抗腫瘍活性を有することは知られていなかった。
【非特許文献1】
Tetrahedron Letters 43 (2002) 1477-1480

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、下記一般式(I)で表される化合物又はその塩を有効成分とする抗腫瘍剤に関する。なお、本発明において抗腫瘍剤とは広義の腫瘍の治療に用いることのできる薬剤をいい、悪性腫瘍に対して用いられる抗癌剤を含む概念である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(I)で表される化合物またはその薬学的に許容される塩を有効成分とする抗腫瘍剤。
【化1】
 



式中、R1は炭素数1~5のアルキル基を示し、R2は炭素数10~25のアルキル基を示し、R3メチル基を示す。

【請求項2】
 
下記式(II)で表される化合物またはその薬学的に許容される塩を有効成分とする抗腫瘍剤。
【化2】
 



【請求項3】
 
下記式(III)で表される化合物またはその薬学的に許容される塩を有効成分とする抗腫
瘍剤。
【化3】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

15569_10SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close