Top > Search of Japanese Patents > As-1 PROTEIN DERIVED FROM ANOPHELES STEPHENSI HAVING BLOOD CLOTTING INHIBITION ACTIVITY

As-1 PROTEIN DERIVED FROM ANOPHELES STEPHENSI HAVING BLOOD CLOTTING INHIBITION ACTIVITY

Patent code P06A009692
Posted date Mar 2, 2007
Application number P2001-317330
Publication number P2003-116573A
Patent number P3648548
Date of filing Oct 15, 2001
Date of publication of application Apr 22, 2003
Date of registration Feb 25, 2005
Inventor
  • (In Japanese)鎮西 康雄
  • (In Japanese)油田 正夫
  • (In Japanese)伊澤 晴彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title As-1 PROTEIN DERIVED FROM ANOPHELES STEPHENSI HAVING BLOOD CLOTTING INHIBITION ACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new protein having blood clotting inhibition activity.
SOLUTION: The present invention provides an As-1 protein which is a new protein derived from Anopheles stephensi and provide an As-1 gene encoding the protein. The As-1 protein has blood clotting inhibition activity and, accordingly, pharmaceuticals containing the As-1 protein as an active component are useful as a new blood clotting inhibition agent for the treatment and prevention of myocardial infarction, pulmonary infarction and cerebral infarction. The As-1 protein is highly expectable also in the field for the development of pharmaceuticals as a leading compound of a blood clotting inhibitor.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


高齢化社会を迎え、成人病がますます重要な社会問題となってきた。成人病に起因する症状、特に血液関連の疾病、例えば高血圧症、肺高血圧症、心筋梗塞、脳梗塞、肺梗塞、クモ膜下出血後の血管攣縮などのように、血管が細くしかも硬くなることによって起こる疾病を治療したり、予防することは、高年齢層の社会では重要な課題である。これらの疾病は、血管弛緩拡張剤や血液凝固阻害剤によって治療したり予防することができる。その様な目的に使用が可能である抗凝固活性を有するペプチドとしては、ヒルの唾液腺由来のヒルジンがこれまでに知られていた。ヒルジンは吸血するムシの唾液腺から同定された抗凝固活性ペプチドであり、トロンビン阻害活性を有する。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、吸血昆虫であるハマダラカ(Anopheles stephensi )の唾液腺に由来し、血液凝固阻害活性を有するAs-1蛋白質、及び当該As-1蛋白質をコードする遺伝子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ハマダラカ由来の蛋白質であり、以下の(a)または(b)に示すアミノ酸配列からなることを特徴とする蛋白質。
(a)配列表の配列番号1に示す、アミノ酸番号(-21)-80で示されるアミノ酸配列からなることを特徴とする蛋白質。
(b)血液凝固阻害活性を有し、(a)のアミノ酸の10個以下が欠損、置換若しくは付加された蛋白質。

【請求項2】
 
請求項1記載の蛋白質をコードする遺伝子。

【請求項3】
 
ハマダラカ由来の蛋白質であり、以下の(c)または(d)に示すアミノ酸配列からなることを特徴とする蛋白質。
(c)配列表の配列番号1に示す、アミノ酸番号1-80で示されるアミノ酸配列からなることを特徴とする蛋白質。
(d)血液凝固阻害活性を有し、(c)のアミノ酸の10個以下が欠損、置換若しくは付加された蛋白質。

【請求項4】
 
ハマダラカ由来の蛋白質をコードし、以下の(e)または(f)に示す塩基配列からなることを特徴とする遺伝子。
(e)配列表の配列番号2に示す、塩基番号1-456 で示される塩基配列からなることを特徴とする遺伝子。
(f)血液凝固阻害活性を有する蛋白質をコードし、(e)の塩基の10個以下が欠損、置換若しくは付加された遺伝子。

【請求項5】
 
請求項3記載の蛋白質を有効成分として含有する、血液凝固阻害剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close