Top > Search of Japanese Patents > OUTPUT CONTROLLER

OUTPUT CONTROLLER

Patent code P06A009756
File No. KU2004085En
Posted date Apr 2, 2007
Application number P2005-250666
Publication number P2007-067780A
Patent number P4774512
Date of filing Aug 31, 2005
Date of publication of application Mar 15, 2007
Date of registration Jul 8, 2011
Inventor
  • (In Japanese)宇佐川 毅
  • (In Japanese)▲苣▼木 禎史
  • (In Japanese)松尾 浩太郎
  • (In Japanese)中島 栄俊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
Title OUTPUT CONTROLLER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an output controller capable of effectively suppressing howlings which occur simultaneously at different two or more frequencies.
SOLUTION: The output controller 10 is provided with a difference calculator 11, a criterion information storage 12, a difference comparator 13, an abnormality determination portion 14, and an output control unit 15. The calculator 11 calculates a level difference between signals detected by two microphones 102a, 102b, and the comparator 13 compares the level difference with criterion information stored beforehand in the storage 12. Based on the comparison by the comparator 13, the determination portion 14 determines whether or not an abnormal signal enters. The output control unit 15 suppresses frequency components specified by the determination portion 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


音波、機械振動、電磁波などの各種信号を取り扱う信号検出装置と信号出力装置とが近接して用いられると、それらの装置間に信号の回り込みが生じることがあり、それに起因して、所謂ハウリングなどのような異常なエネルギー発散が発生してしまうことがある。



このような異常なエネルギー発散が生ずると、人体や物体に対して有害な影響を与えることがある。ハウリングをその典型的な一例とすると、このハウリングは基本的に可聴周波数帯域での音波エネルギーの異常発散であり、無意味なばかりか、比較的高音域等で発生しやすいことなどから、難聴やその他の聴覚障害等の要因とさえなり得る。また、ハウリングの頻繁な発生は、それを聴く人に神経的に多大なストレスを与えることが知られている。



このようなハウリングの発生を防ぐために、従来では、信号や信号の伝達経路を予め推定しておき、それに基づいて、その回り込みによって生じ得る特定の周波数成分のみの抑圧を行う提案がなされている(特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2004-297304号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば両耳補聴システムのような信号検出装置と信号出力装置とが近接したシステムに適用されることにより、異常な信号の発生を抑圧するための出力制御装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
信号を検出する少なくとも2つの信号検出装置と、これらの信号検出装置により検出された信号を出力する信号出力装置とを備えたシステムの、前記信号出力装置での出力制御を行う出力制御装置であって、
前記2つの信号検出装置で検出された信号についての周波数成分ごとのレベル差分を算出する差分算出手段と、
前記2つの信号検出装置において異常な信号が検出されていない状態で検出された2つの正常な信号についての周波数成分ごとの複数の被験者によって検出された音波のレベル差分の絶対値の最大値を判定基準情報として格納する判定基準情報記憶手段と、
前記差分算出手段において算出されたレベル差分を前記判定基準情報と比較する差分比較手段と、
前記差分比較手段での比較結果に基づいて前記信号検出装置において異常な信号が取り込まれているか否かを判定する異常判定手段と、
前記異常判定手段の判定結果に基づいて前記信号出力装置に対しての出力制御を行う出力制御手段と
を備えたことを特徴とする出力制御装置。

【請求項2】
 
前記異常判定手段は、異常な信号の取り込みが発生しているときにその周波数成分を特定する機能を有し、
前記出力制御手段は、前記異常判定手段により特定された周波数成分を抑圧するよう出力制御を行う
ことを特徴とする請求項1記載の出力制御装置。

【請求項3】
 
前記出力制御手段は、特定された周波数成分に対して所定の重み付け関数によって得られる係数を乗ずる重み付けを行って出力制御を行う
ことを特徴とする請求項2に記載の出力制御装置。

【請求項4】
 
前記信号検出装置が音波を検出するマイクロホン、前記信号出力装置がスピーカまたはイヤホンである
ことを特徴とする請求項1ないし3のうちいずれか1つの項に記載の出力制御装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005250666thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close