Top > Search of Japanese Patents > LIPID SOLUBLE FACTOR IN BLOOD, HAVING ANAPHYLAXIS-INHIBITING ACTIVITY

LIPID SOLUBLE FACTOR IN BLOOD, HAVING ANAPHYLAXIS-INHIBITING ACTIVITY

Patent code P06A009761
Posted date Apr 2, 2007
Application number P2005-199934
Publication number P2007-015989A
Patent number P4825970
Date of filing Jul 8, 2005
Date of publication of application Jan 25, 2007
Date of registration Sep 22, 2011
Inventor
  • (In Japanese)杉山 俊博
  • (In Japanese)増田 豊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title LIPID SOLUBLE FACTOR IN BLOOD, HAVING ANAPHYLAXIS-INHIBITING ACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To aim at the improvement of anaphylactic symptoms by finding out a liquid lipid soluble factor for regulating IgG1 function in a living body (in vivo) and elucidating the roles of the factor and a polysaccharide.
SOLUTION: This technology is provided by discovering that the polysaccharide presenting in the unknown lipid soluble factor is essential for the anaphylaxis caused by the IgG1 and applying the lipid soluble factor removed with a polysaccharide chain for the treatment of the IgG antigen specific anaphylaxis.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アナフィラキシーは、循環系に肥満細胞と好塩基球から突然放出された伝達物質が引き起こすことによる急性の、生命を危うくする症候群である。IgEは、古くからこの即時型の過敏反応を引き出す際に中心的な役割を持つと考えられる。マスト細胞や好塩基球の表面に存在するレセプター(Fc RI)にIgEが結合しクロスリンクすると即時性過敏症が惹起される。



しかし、IgEはマウスの場合抗原によって誘発されるアナフィラキシーにはかならずしも必要でない証拠がでてきた。Oettgenらは、IgE欠損マウスを用いた能動的なアナフィラキシーの実験結果からIgE以外の刺激がin vivoでは重要な役割を演じていると報告した。このようなIgEに依存しない発症機構において、IgGの役割はますます注目を集めている。



IgGは糖タンパク質で、Fc領域中の非常に保存されたAsn297でN連結された糖化部位はCH2領域の間に埋没しており、そして、Fcのタンパク質表面で特異的なタンパク質-糖相互作用を形成している。IgGのFcに存在する糖鎖部分は、細胞のFcレセプターや補体と結合すること、抗体依存性の細胞性傷害(ADCC)を誘導すること、抗原-抗体複合体を循環系から迅速に除去することなどの抗体エフェクターとして必須である、しかし、IgGを介するアナフィラキシーにおいてIgGの糖鎖の果たす役割はまだ明らかにされていない。
【特許文献1】
特開平9-2959
【特許文献2】
特開平9-227409
【特許文献3】
特開2002-288093
【非特許文献1】
Biomedical Research 24, 291-297 (2004)

Field of industrial application (In Japanese)


即時型アレルギーに対する治療開発分野

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
抗原投与により得られた血清の脂質分画をNeuraminidase(ノイラミニダーゼ)で脱シアル酸処理した組成物を含んでなる、アナフィラキシーの治療剤。

【請求項2】
 
前記脂質分画が、50kDa以上の分子量を持つ分画であることを特徴とする、請求項1に記載のアナフィラキシーの治療剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close