Top > Search of Japanese Patents > POLYCHLORINATED BIPHENYL DECOMPOSITION METHOD

POLYCHLORINATED BIPHENYL DECOMPOSITION METHOD meetings

Patent code P06P004191
Posted date Apr 2, 2007
Application number P2005-249422
Publication number P2007-061706A
Patent number P3914995
Date of filing Aug 30, 2005
Date of publication of application Mar 15, 2007
Date of registration Feb 16, 2007
Inventor
  • (In Japanese)辻本 和雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
Title POLYCHLORINATED BIPHENYL DECOMPOSITION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a decomposition method which can efficiently decompose organic chlorine compounds in an aqueous solution.
SOLUTION: The organic chlorine compounds (4-CBP) are captured by a hydrophilic host compound H with a hydrophilic field in the aqueous solution, and then decomposed by light irradiation. The hydrophilic host compound H is, for example, cyclodextrin or its derivative, and incorporates the organic chlorine compound as a guest compound to form a clathrate complex. An electron releasing group may be introduced into the cyclodextrin, or an electron donor may be added into the aqueous solution.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年の環境汚染の原因物質には、その利便性から大量且つ多方面に使用され、その結果として環境中に放出されて広範囲に広がってしまったものが多く見受けられる。例えば、界面活性剤や有機塩素化合物等が代表例である。



これらの中で、ポリ塩素化ビフェニル(PCB)のような有機塩素化合物は、化学的に安定であるため、自然界の浄化力や通常の排水処理方法等では十分に分解除去されず、水中や土壌中等に残り環境汚染物質となる。



このような状況下、前記有機塩素化合物を分解処理する方法について、各方面で検討が進められており、例えば焼却炉で燃焼することにより酸化分解する方法が提案されている(例えば、特許文献1等を参照)。特許文献1には、炉本体での燃焼温度をPCBの酸化分解に必要な1400℃以上の分解温度で完全に燃焼処理するようにした方法が開示されており、これによりPCBを完全に、且つ分解効率良く酸化分解できるとしている。



しかしながら、燃焼により有機塩素化合物を分解すると、塩素が酸素と結びついてダイオキシンとなり、却って環境破壊の原因となるおそれがある。ダイオキシンになると捕集が更に難しくなり、これを効率的に処理することは難しい。また、前記燃焼による分解は、例えば廃油等の形で回収されたものあれば、これを炉中に投入することで処理することが可能であるが、例えば水中や土壌中に残存する有機塩素化合物の分解には適さない。



そこで、本発明者は、有機溶媒中で脂肪族アミン存在下、光照射により有機塩素化合物を分解する技術を開発した(非特許文献1を参照)。この非特許文献1記載の発明では、例えばアセトニトリル中、トリエチルアミンの存在下で低圧水銀ランプにより光照射を行うことで、4-クロロビフェニル(MCB)がビフェニルと塩素に分解されることを確認している。
【特許文献1】
特開平7-91638号公報
【非特許文献1】
Journal of The Chemical Society Chemical Communications p384 (1973)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ポリ塩素化ビフェニル(PCB)のような有機塩素化合物を分解処理するための分解処理方法に関するものであり、水溶液中での分解処理を可能とする新規な分解処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水溶液中において、ポリ塩素化ビフェニルに疎水性場を有する親水性ホスト化合物を作用させることにより包接錯体を形成した後、前記包接錯体を含む水溶液に光照射することにより前記親水性ホスト化合物を分解することなくポリ塩素化ビフェニルを分解することを特徴とするポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項2】
 
前記親水性ホスト化合物がシクロデキストリンまたはその誘導体であり、前記ポリ塩素化ビフェニルをゲスト化合物として包接錯体を形成することを特徴とする請求項1記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項3】
 
前記シクロデキストリンがβ-シクロデキストリンであることを特徴とする請求項2記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項4】
 
前記親水性ホスト化合物に電子供与性の置換基を導入することを特徴とする請求項1から3のいずれか1項記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項5】
 
前記電子供与性の置換基がアミノ基またはアミド基であることを特徴とする請求項4記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項6】
 
前記水溶液に電子供与体を添加することを特徴とする請求項1から3のいずれか1項記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項7】
 
前記電子供与体がジエチルアミン、トリエチルアミン、アンモニアから選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項6記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項8】
 
前記光照射が紫外線照射であることを特徴とする請求項1から7のいずれか1項記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項9】
 
低圧水銀灯を用いて前記紫外線照射を行ってポリ塩素化ビフェニルを分解した後、前記親水性ホスト化合物を有機溶媒で洗浄して再利用することを特徴とする請求項1から8のいずれか1項記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。

【請求項10】
 
前記有機溶媒がヘキサンであることを特徴とする請求項9記載のポリ塩素化ビフェニルの分解処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005249422thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close