Top > Search of Japanese Patents > LARYNGOPHARYNGEAL INSPECTION AND TREATMENT APPARATUS

LARYNGOPHARYNGEAL INSPECTION AND TREATMENT APPARATUS

Patent code P07A009767
File No. TUK20030909
Posted date Apr 6, 2007
Application number P2006-174571
Publication number P2007-029718A
Patent number P4469987
Date of filing Jun 23, 2006
Date of publication of application Feb 8, 2007
Date of registration Mar 12, 2010
Priority data
  • P2005-184774 (Jun 24, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)武田 憲昭
  • (In Japanese)金 昌信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人徳島大学
Title LARYNGOPHARYNGEAL INSPECTION AND TREATMENT APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a laryngopharyngeal inspection and treatment apparatus capable of performing a laryngopharyngeal treatment by insertion only from an oral cavity, deforming a part to be inserted to the laryngopharyngeal part into a shape suitable for a patient, and safely, correctly, and rapidly performing the laryngopharyngeal treatment.
SOLUTION: The laryngopharyngeal inspection and treatment apparatus comprises: a grip body 11; an operation part 40 arranged in the grip body 11; a flexible hollow tube 20 which is supported by the grip body 11, is arranged by extension forward, is not deformed by outer force to be received in insertion to the laryngopharyngeal part and operation in the part, and is deformed into the desired shape by the outer force being larger than the former outer force to be received in the insertion and operation; and endoscope 50 to be supported by the grip body 11 and supported by the flexible hollow tube 20 in a put-through state; and forceps 30 or a suction tube which are supported by the grip body 11 and supported by the flexible hollow tube 20 in the put-through state, and whose operation is controlled by the operation part 40 of the grip body 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、耳鼻咽喉科の喉頭咽頭の異物摘出や腫瘤の切除等では、鼻腔から内視鏡を挿入して咽喉頭咽頭を観察し、口腔より喉頭咽頭鉗子を挿入する操作がなされていた。



耳鼻咽喉科で常用される喉頭咽頭鉗子としては、図14に示すいわゆる万能型喉頭咽頭鉗子が知られている。この万能型喉頭咽頭鉗子は、鉗子を患者の口腔(水平)から喉頭咽頭(垂直)方向へ挿入し易いよう、ロッド部分の先側の半部が90°近く湾曲してなる。



この他に、使用される鉗子としては、図15に示すシュミット鉗子が知られている(特許文献1参照。)。シュミット鉗子は、ロッド部分が口腔及び喉頭咽頭に挿入しやすいように湾曲自在である。



また、喉頭咽頭鉗子と内視鏡とを組み合わせて、片手で把持し操作できる喉頭咽頭治療装置が知られている(特許文献2参照。)。



【特許文献1】
米国特許第3,895,636号明細書
【特許文献2】
特開2000-300574号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、内視鏡と喉頭咽頭鉗子又は吸引管とを具備した喉頭咽頭検査治療装置に関し、詳しくは、内視鏡カメラによる患部の確認と観察が可能であり、かつ、口腔及び喉頭咽頭に挿入する中空管が可撓性であるため、喉頭咽頭の手術、処置、異物摘出等の治療等を正確かつ確実に、そして効率よく適格かつ迅速に行うことができる喉頭咽頭検査治療装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
グリップ本体と、
該グリップ本体に設けられた操作部と、
前記グリップ本体に支持されると共に先方へ延設された、喉頭咽頭内への挿入及び操作時に受ける外力では変形せず、該挿入及び操作時に受ける外力よりさらに大きな外力で所望の形状に変形可能な可撓性中空管と、
前記グリップ本体に支持されると共に、前記可撓性中空管に挿通状態で支持された内視鏡と、
前記グリップ本体に支持されると共に、前記可撓性中空管に挿通状態で支持された、前記グリップ本体の操作部によりその動作が制御される鉗子又は吸引管とを備えたことを特徴とする喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項2】
 
可撓性中空管が、蛇腹状中空管であることを特徴とする請求項1に記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項3】
 
可撓性中空管の先端部に、角度調節部材が設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項4】
 
内視鏡及び/又は鉗子の軸周り方向の調整が可能となっていることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項5】
 
可撓性中空管の軸周り方向の調整が可能となっていることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項6】
 
鉗子又は吸引管が着脱自在であることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項7】
 
可撓性中空管が着脱自在であることを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の喉頭咽頭検査治療装置。

【請求項8】
 
内視鏡が、観察画像を電気信号に変換し無線にて送信する送信機を備えたことを特徴とする請求項1~7のいずれかに記載の喉頭咽頭検査治療装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006174571thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close