Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF LIQUID CRYSTAL GEL COMPOSED OF CURDLAN

MANUFACTURING METHOD OF LIQUID CRYSTAL GEL COMPOSED OF CURDLAN meetings

Patent code P07P005118
File No. IP17-002
Posted date Apr 13, 2007
Application number P2005-272375
Publication number P2007-084615A
Patent number P4238370
Date of filing Sep 20, 2005
Date of publication of application Apr 5, 2007
Date of registration Jan 9, 2009
Inventor
  • (In Japanese)土橋 敏明
  • (In Japanese)山本 隆夫
  • (In Japanese)野辺 正紘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title MANUFACTURING METHOD OF LIQUID CRYSTAL GEL COMPOSED OF CURDLAN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To manufacture liquid crystal gel composed of curdlan that does not injure the human body, is biodegradable, and has an optical birefringence gradient, the molecule thereof itself exhibiting both gelation functions and liquid crystal-forming functions, while controlling birefringence, transparency and gel strength.
SOLUTION: The liquid crystal gel composed of curdlan is formed into a stringy, cylindrical or spherical shape, and has a concentric multilayered structure oriented radially from the center when observed from a cross section perpendicular to the longitudinal direction in the case of the stringy or cylindrical shape and when observed in the diametrical direction in the case of the spherical shape. The cylindrical liquid crystal gel is formed by filling a stock solution, obtained by dissolving curdlan in an alkaline aqueous solution, in a dialyzable membrane tube, sealing the tube and subsequently immersing the tube in an aqueous solution containing a calcium salt thereby dialyzing the stock solution. The thus-formed cylindrical liquid crystal gel is immersed in DMSO thereby to enhance the optical properties and mechanical properties.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カードランは生体に対する毒性がないため、食品、医薬品等の種々の用途に供せられている。多くの場合、カードランはハイドロゲルとして用いられる。ハイドロゲルの調製方法としては、カードラン粉末を水に分散して加熱することによりゲル化させる方法や、アルカリ性水溶液にカードランが溶解した溶解液から中和などによって溶解性物質を前記溶解液から減少させてゲル化した後、所定の形状に成形する方法が開示されている(例えば、特許文献1参照。)。
一方、カードランをアルカリ性水溶液に溶解して調製した紡糸原液を、アルカリ土類金属塩、又はアルカリ金属塩を主成分とする非酸性水溶液からなる凝固浴に吐出して糸条を形成させることを特徴とするカードラン繊維の製造方法が開示されている(例えば、特許文献2参照。)。
【特許文献1】
特公昭48-44865号公報(特許請求の範囲)
【特許文献2】
特開平7-310238号公報(請求項1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、カードランからなる糸状、円柱状、球状の液晶ゲルを製造する方法に関する。更に詳しくは、生成した液晶ゲルの複屈折率、ゲル強度を制御し得るカードランからなる液晶ゲルの製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アルカリ性水溶液にカードラン又は再生カードランであるパラミロンを溶解して原液を調製する工程と、
前記原液を透析膜のチューブに充填して密封する工程と、
前記チューブに充填密封した原液をカルシウム塩、マグネシウム塩、ストロンチウム塩、バリウム塩、銅塩、鉄塩、マンガン塩、カドミウム塩、コバルト塩、或いはアルミニウム塩を含む水溶液中に浸漬して前記原液を透析することにより、カードラン分子のコンフォメーション変化とカルシウム、マグネシウム、ストロンチウム、バリウム、銅、鉄、マンガン、カドミウム、コバルト、或いはアルミニウムによって誘発された架橋を生じさせてチューブ長手方向に垂直な断面で観察したときに中心から放射状に配向しかつ同心円状の多層構造を有する円柱状液晶ゲルを前記チューブ内に生成する工程と、
前記チューブ内に生成された円柱状液晶ゲルを前記チューブとともに或いは前記チューブから取出してジメチルスルホキシド又はジメチルスルホキシドを含む溶液に浸漬する工程と
を含むことを特徴とするカードランからなる液晶ゲルの製造方法。

【請求項2】
 
アルカリ性水溶液にカードラン又は再生カードランであるパラミロンを溶解して原液を調製する工程と、
前記原液をカルシウム塩、マグネシウム塩、ストロンチウム塩、バリウム塩、銅塩、鉄塩、マンガン塩、カドミウム塩、コバルト塩、或いはアルミニウム塩を含む水溶液中に滴下して前記水溶液中において液滴全周囲に透析膜を形成するとともに前記原液を透析することにより、カードラン分子のコンフォメーション変化とカルシウム、マグネシウム、ストロンチウム、バリウム、銅、鉄、マンガン、カドミウム、コバルト、或いはアルミニウムによって誘発された架橋を生じさせて直径断面で観察したときに中心から放射状に配向しかつ同心円状の多層構造を有する球状液晶ゲルを前記透析膜内に生成する工程と、
前記得られた球状液晶ゲルをジメチルスルホキシド又はジメチルスルホキシドを含む溶液に浸漬する工程と
を含むことを特徴とするカードランからなる液晶ゲルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005272375thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close