Top > Search of Japanese Patents > BIOPOLYMER DETECTION METHOD AND BIOCHIP

BIOPOLYMER DETECTION METHOD AND BIOCHIP meetings

Patent code P07A009772
File No. A0300117
Posted date Apr 13, 2007
Application number P2003-347072
Publication number P2005-114472A
Patent number P4374230
Date of filing Oct 6, 2003
Date of publication of application Apr 28, 2005
Date of registration Sep 11, 2009
Inventor
  • (In Japanese)嶋本 伸雄
  • (In Japanese)須佐 太樹
  • (In Japanese)福島 和久
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
Title BIOPOLYMER DETECTION METHOD AND BIOCHIP meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biopolymer detection method and a biochip using an antigen-antibody reaction for enhancing the S/N ratio, enhancing the detection sensitivity, and shortening the detection time.
SOLUTION: This biopolymer detection method is used for detecting target biopolymers by acquiring the target biopolymers on the substrate side. The target biopolymers labeled with fluorescence, probe biopolymers, and a polyclonal antibody for ID recognition for beads, or beads with address probe peptide or address linkers which are biopolymers immobilized on surfaces, are put in a solution. After hybridizing the target biopolymers with the probe biopolymers, the address linkers are acquired by an antigen-antibody reaction by using the probe peptide standing in an antigen-antibody relation to the address linkers immobilized on a substrate, or by using the biopolymers or the polyclonal antibody.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、マイクロアレイチップを用いて生体高分子(以下DNAを例にとる)を解読する技術はよく知られている(例えば、特許文献1参照)。そして、この種のDNAのマイクロアレイチップは通常次のように形成され、DNAを解読することができるようになっている。



ガラス(あるいはプラスチック)基板上に、ターゲットとなるmRNA(cDNA)と相補的配列をもつプローブDNAをアレイ状にスポッティングして固定する。その上に、ターゲットとなるmRNA(cDNA)に蛍光ラベルを付けたものを滴下する。このとき、相補的配列同士のプローブとターゲットはハイブリダイズして結合するが、そうでないものは結合しない。



十分ハイブリダイゼーションが進行した後、基板上をウォッシングバッファ液で洗浄し、ハイブリダイズしなかったターゲットを洗い流す。次に、読取装置で光学的に蛍光ラベルの位置および光量を読み取ることにより、ターゲットとなるmRNA(cDNA)の有無およびその量を測定することができる(例えば、特許文献2参照)。



【特許文献1】
特開2000-131237号公報(第2頁、図1-3)
【特許文献2】
特開2000-235035号公報(第2頁、図7-9)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、DNAやRNA(RNAはDNAからの転写産物、すなわちmRNAまたはrRNAまたはtRNAまたは低分子RNAなどである)、タンパク質などの生体高分子を検出する方法およびそれに用いられるバイオチップに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ターゲット生体高分子を基板側に捕捉してターゲット生体高分子を検出する生体高分子検出方法であって、
蛍光標識したターゲット生体高分子と、プローブ生体高分子およびビーズのID認識用のポリクローナル抗体またはアドレスプローブペプチドまたは生体高分子であるアドレスリンカーを表面に固定したビーズとを溶液中に入れて、ターゲット生体高分子とプローブ生体高分子をハイブリダイズさせた後、基板上に固定の前記アドレスリンカーとは抗原・抗体の関係にあるアドレスプローブペプチドまたは生体高分子またはポリクローナル抗体で前記アドレスリンカーを抗原・抗体反応により捕捉することを特徴とする生体高分子検出方法。

【請求項2】
 
前記ターゲット生体高分子とビーズをバッファ溶液と共に容器中に入れ、物理的もしくは電気的もしくは化学的手段により攪拌することを特徴とする請求項1に記載の生体高分子検出方法。

【請求項3】
 
前記ビーズとして磁気ビーズもしくは金属またはプラスチックを用いたビーズを使用したことを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の生体高分子検出方法。

【請求項4】
 
前記ターゲット生体高分子は、DNAからの転写産物であるRNA、またはcDNA、またはタンパク質であることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載の生体高分子検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003347072thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close