Top > Search of Japanese Patents > IMAGE PROCESSOR, IMAGE FORMING APPARATUS, IMAGE PROCESSING METHOD, IMAGE PROCESSOR CONTROL PROGRAM, AND COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM

IMAGE PROCESSOR, IMAGE FORMING APPARATUS, IMAGE PROCESSING METHOD, IMAGE PROCESSOR CONTROL PROGRAM, AND COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM

Patent code P07A009819
File No. 817
Posted date Apr 27, 2007
Application number P2005-230952
Publication number P2007-049365A
Patent number P4599561
Date of filing Aug 9, 2005
Date of publication of application Feb 22, 2007
Date of registration Oct 8, 2010
Inventor
  • (In Japanese)宗像 豊哲
  • (In Japanese)佐藤 彰洋
  • (In Japanese)徐 普永
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title IMAGE PROCESSOR, IMAGE FORMING APPARATUS, IMAGE PROCESSING METHOD, IMAGE PROCESSOR CONTROL PROGRAM, AND COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image processor capable of generating an effect by which a preceding output signal modulates a succeeding output signal as a residual image effect with the use of a small capacity of memory.
SOLUTION: A pixel value reader 32 in the image processor 1 reads a precedingly outputted pixel value to be noted from a storage 4. An output pixel value generator generates an output pixel value for indicating a result obtained by quantizing the value, which is obtained by changing an input pixel value in response to the preceding pixel value, with the use of a threshold to be changed at random. A pixel value updating part 33 stores the generated output pixel value in the storage 4 as the preceding pixel value of the pixel to be noted.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、ビデオ、DVD、AV機器といったデジタル家電が普及してきており、手軽に画像を加工するニーズが高まっている。画像の加工には、例えば、動画像中の被写体の奇跡を鮮明にするために、残像効果を生じさせるものがある。ここで、残像効果とは、物体が通過した後に物体の軌跡の像が残って表示される現象を生じさせる効果のことである。動画像に残像効果を発生させるために、ビデオのフィードバックの原理を利用した方法が、従来広く使われている。ビデオのフィードバックとは、ビデオカメラの出力信号を映し出している表示装置を撮影した場合に起こる現象で、映像が何重にも繰り返して表示される現象のことである。ビデオカメラの撮影条件やコントラストや表示装置の表示条件等を調節することで、スパイラルパターン、スポットパターンなどの様々なパターンを作り出すことが可能である。このようなビデオのフィードバックの原理を利用した残像効果の発生は、フィードバックされるフレームがどの程度ブレンドされるかを調整することによって、実現されている(例えば、非特許文献1、2参照)。
【非特許文献1】
Physical Review E、Vol. 61, No.4, (2000) 3743
【非特許文献2】
Nature, Vol. 414, DEC (2001) 864

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、動画像に対して加工処理を行う画像処理に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の画素からなる画像のそれぞれの画素に対して、入力信号を量子化して出力信号に変換する画像処理装置において、
注目画素の今回の出力信号よりひとつ前に出力された当該注目画素の出力信号である前信号を記憶部から読み出す前信号読み出し手段と、
上記入力信号を上記前信号に応じて変更した値について、ランダムに変化する閾値により量子化した結果を示す出力信号を生成する出力信号生成手段と、
上記生成された出力信号を、上記注目画素の前信号として上記記憶部に記憶させる前信号更新手段と、
を備えることを特徴とする画像処理装置。

【請求項2】
 
ノイズにより上記閾値をランダムに変化させるノイズ発生手段を備えることを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

【請求項3】
 
上記出力信号生成手段は、上記入力信号と所定の係数を乗算した上記前信号とを加算した値を、ランダムに変化するディザパターンの値を閾値として量子化することにより、出力信号を生成することを特徴とする請求項1または2に記載の画像処理装置。

【請求項4】
 
請求項1~3の何れか1項に記載の画像処理装置を備え、各画素をそれぞれ上記生成された出力信号にて出力することを特徴とする画像形成装置。

【請求項5】
 
複数の画素からなる画像のそれぞれの画素に対して、入力信号を量子化して出力信号に変換する画像処理方法において、
注目画素の今回の出力信号よりひとつ前に出力された当該注目画素の出力信号である前信号を記憶部から読み出す前信号読み出しステップと、
上記入力信号を上記前信号に応じて変更した値について、ランダムに変化する閾値により量子化した結果を示す出力信号を生成する出力信号生成ステップと、
上記生成された出力信号を、上記注目画素の前信号として上記記憶部に記憶させる前信号更新ステップと、
を含むことを特徴とする画像処理方法。

【請求項6】
 
請求項1~3の何れか1項に記載の画像処理装置を動作させるための制御プログラムであって、コンピュータを上記画像処理装置における上記各手段として機能させるための画像処理装置制御プログラム。

【請求項7】
 
請求項6に記載の画像処理装置制御プログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記録媒体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005230952thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close