Top > Search of Japanese Patents > OBJECT MEASURING APPARATUS

OBJECT MEASURING APPARATUS

Patent code P07A009823
Posted date Apr 27, 2007
Application number P2005-240479
Publication number P2007-057277A
Patent number P4644809
Date of filing Aug 22, 2005
Date of publication of application Mar 8, 2007
Date of registration Dec 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)信太 克規
  • (In Japanese)木本 晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title OBJECT MEASURING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an object measuring apparatus which easily, speedily, and reliably measures the characteristic and position of an object to be measured by a single detection means (sensor) through the use of the optical characteristics and electrical characteristics of the object to be measured.
SOLUTION: The object measuring apparatus is provided with: a light irradiation means 1 for irradiating the object to be measured 100 with visible light; a detection means 2, and a means 3 for determining the object to be measured. In the detection means 2, two Cds cells 22 and 23 for receiving reflected light from the object to be measured 100 irradiated with the visible light and changing a resistance value of a photoelectric semiconductor between two electrodes 22a, 22b, 23a, and 23b by the received light are separately arranged at a distance (d), an AC power source 25 is connected to the electrodes outside the Cds cell 22, and the electrode 23a outside the other Cds cell 23 is formed as an output terminal 26. The means 3 for determining the object to be measured determines the distance to the object to be measured and its material on the basis of detection signals from the output terminal 26 of the detection means 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、この種の対象物測定装置として、対象物に光を投射することにより対象物までの距離を計測する距離計測装置又は対象物の電気特性の差異により対象物の材質又は対象物との距離を判別する対象物測定装置がある。この従来の対象物測定装置の概略回路構成図を図10に示す。



同図において対象物測定装置は、インピーダンス計測を自動平衡ブリッジ法に基づくLCRメータが用いられるものがあり、対象物に総ての電流が流入するために、測定用のLow側端子を電位が接地電位となる零となるように制御され、試料である測定対象物100の材質又は、測定対象物100との距離を測定できることとなる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ロボットハンド等のセンサとして用いられる対象物測定装置に関し、特に非接触で対象物の位置及び特性を測定できる対象物測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
測定対象物に対して光を照射する光照射手段と、
光が照射された測定対象物からの反射光を受光し、当該受光光により二つの所定面積を有する電極間の光電半導体の抵抗値を変化させる複数の光導電素子を所定の間隔で離隔配設し、前記複数の光導電素子の少なくとも一の光導電素子の一方の電極に交流電源が接続されると共に、他の光導電素子の一方の電極が出力端子として形成される検知手段と、
前記検知手段の出力端子からの検知信号に基づき前記測定対象物の位置及び特性を判別する測定対象物判別手段とを備えることを
特徴とする対象物測定装置。

【請求項2】
 
前記請求項1に記載の対象物測定装置において、
前記検知手段が、二つの光導電素子を同一の平面上に各電極を整列状態にして配設し、当該整列状態の各電極における端部に位置する二つの電極のうちの一方に前記交流電源を接続し、他方を出力端子とすることを
特徴とする対象物測定装置。

【請求項3】
 
前記請求項1又は2に記載の対象物測定装置において、
前記光照射手段が各光導電素子に直接光を照射しない位置に配設され、又は前記光照射手段に遮蔽部を配設することを
特徴とする対象物測定装置。

【請求項4】
 
前記請求項2に記載の対象物測定装置において、
前記光照射手段が、二つの光導電素子が配設される平面近傍であ、二つの光導電素子の中間であって、各光導電素子に直接光を照射しない位置に配設され、又は前記光照射手段に遮蔽部を配設することを
特徴とする対象物測定装置。

【請求項5】
 
前記請求項1ないし4のいずれかに記載の対象物測定装置において、
前記測定対象物判別手段が、検知信号を検知する検知手段と同様の条件で予め測定された各種の測定対象物に関する基準データに基づき前記検知信号から測定対象物の位置及び特性を判別することを
特徴とする対象物測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005240479thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close