Top > Search of Japanese Patents > AGENT AND METHOD FOR DIAGNOSING AUTOIMMUNE DISEASE

AGENT AND METHOD FOR DIAGNOSING AUTOIMMUNE DISEASE commons

Patent code P07P004518
File No. NU-0068
Posted date Apr 27, 2007
Application number P2005-295048
Publication number P2007-101488A
Patent number P4774513
Date of filing Oct 7, 2005
Date of publication of application Apr 19, 2007
Date of registration Jul 8, 2011
Inventor
  • (In Japanese)内田 浩二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title AGENT AND METHOD FOR DIAGNOSING AUTOIMMUNE DISEASE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new index regarding autoimmune diseases.
SOLUTION: This diagnostic agent contains a reagent for detecting one among lipid peroxidation aldehyde, its modifier, or an autoantibody which reacts with either one.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


自己免疫疾患としては、全身性エリテマトーデス(SLE)、I型糖尿病(IDDM)、慢性関節リウマチ(RA)を始めとして多くの疾患が知られている。例えば、SLEにおいては血液中に抗DNA抗体などの自己抗体が産生され、それらは病因であるとともに酵素抗体法を用いた臨床検査における自己免疫疾患の重要な指標(バイオマーカー)となっている。また、本発明者は、高度不飽和脂肪酸残基が酸化を受け、更に、過酸化分解することにより生ずる産物であるアクロレイン(2-プロペナール又はアクリルアルデヒド)や4-ヒドロキシ-2-ノネナール(4-HNE)などは酸化ストレス性代謝産物であって、タンパク質と高い反応性を有していることを既に開示している(非特許文献1、2、3、4)。
【非特許文献1】
FEBSLetters 第359巻(1995年)第189~191頁
【非特許文献2】
Proc.Nacl. Acad.Sci.USA 第91巻(1994年)2616~2620頁
【非特許文献3】
日本油化学会誌 第47巻(1998年)第29~37頁
【非特許文献4】
日本農芸化学会誌 第71巻(1997年)第311頁

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、自己免疫疾患の診断、予防又は治療に関し、特に、自己免疫疾患の診断剤、診断方法、自己免疫疾患の予防または治療用の薬剤の探索方法及び自己免疫疾患の予防又は治療用の薬剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
自己免疫疾患の診断剤であって、
アクロレイン、4-ヒドロキシ-2-ノネナール、4-ヒドロキシ-2-ヘキセナール及びクロトンアルデヒド並びにこれらの修飾体から選択されるいずれかと反応する自己抗体を検出する検出試薬を含む、診断剤。

【請求項2】
 
前記修飾体は、以下の一般式(1)~(4)から選択されるいずれかである、請求項1に記載の診断剤。
【化1】
 


(前記式中、R1及びR2は、タンパク質のリジン残基に結合するタンパク質のタンパク質残基若しくはペプチドのリジン残基に結合するペプチド残基を表すか又はR1は水素原子を表しR2は水酸基を表す。)
【化2】
 


(前記式中、R3及びR4は、タンパク質のリジン残基に結合するタンパク質のタンパク質残基若しくはペプチドのリジン残基に結合するペプチド残基を表すか又はR3は水素原子を表しR4は水酸基を表す。)
【化3】
 


(前記式中、R5及びR6は、タンパク質のリジン残基に結合するタンパク質のタンパク質残基若しくはペプチドのリジン残基に結合するペプチド残基を表すか又はR5は水素原子を表しR6は水酸基を表す。)
【化4】
 


(前記式中、R7及びR8は、タンパク質のリジン残基に結合するタンパク質のタンパク質残基若しくはペプチドのリジン残基に結合するペプチド残基を表すか又はR7は水素原子を表しR8は水酸基を表す。)

【請求項3】
 
前記修飾体はタンパク質による修飾体である、請求項1又は2のいずれかに記載の診断剤。

【請求項4】
 
前記自己免疫疾患は、全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチ、シェーグレン症候群、進行性全身性硬化症、多発性筋炎、皮膚筋炎及びI型糖尿病から選択されるいずれかである、請求項1~3のいずれかに記載の診断剤。

【請求項5】
 
前記検出試薬は、アクロレイン、4-ヒドロキシ-2-ノネナール、4-ヒドロキシ-2-ヘキセナール及びクロトンアルデヒド並びにこれらの修飾体から選択されるいずれか又はその断片である、請求項1~4のいずれかに記載の診断剤。

【請求項6】
 
自己免疫疾患の診断キットであって、
アクロレイン、4-ヒドロキシ-2-ノネナール、4-ヒドロキシ-2-ヘキセナール及びクロトンアルデヒド並びにこれらの修飾体から選択されるいずれかと反応する自己抗体を検出する検出試薬を含む、診断キット。

【請求項7】
 
前記検出試薬は、アクロレイン、4-ヒドロキシ-2-ノネナール、4-ヒドロキシ-2-ヘキセナール及びクロトンアルデヒド並びにこれらの修飾体から選択されるいずれか又はその断片である、請求項6に記載の診断キット。

【請求項8】
 
自己免疫疾患の検査方法であって、
被験試料中のアクロレイン、4-ヒドロキシ-2-ノネナール、4-ヒドロキシ-2-ヘキセナール及びクロトンアルデヒド並びにこれらの修飾体から選択されるいずれかと反応する自己抗体を検出する検出工程を備える、検査方法。

【請求項9】
 
前記検出工程は、前記被験試料中の前記抗体の含有量を測定する工程である、請求項8に記載の検査方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16195_07SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close