Top > Search of Japanese Patents > CHARGED CORPUSCULAR BEAM IRRADIATOR AND ROTARY GANTRY

CHARGED CORPUSCULAR BEAM IRRADIATOR AND ROTARY GANTRY

Patent code P07A009850
File No. NIRS-222
Posted date May 11, 2007
Application number P2004-359325
Publication number P2006-166947A
Patent number P4452848
Date of filing Dec 13, 2004
Date of publication of application Jun 29, 2006
Date of registration Feb 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)古川 卓司
  • (In Japanese)野田 耕司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title CHARGED CORPUSCULAR BEAM IRRADIATOR AND ROTARY GANTRY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To miniaturize the whole device, by omitting any one electromagnet of a wobbler electromagnet in the X direction and a wobbler electromagnet in the Y direction.
SOLUTION: A charged corpuscular beam 2 incident in a final deflection electromagnet 7 via four-pole electromagnets 4, 5 and 6, is scanned by including an X directional component, while advancing in a circular arc shape in the final deflection electromagnet 7, by increasing and decreasing a deflection electromagnetic field generated in the final deflection electromagnet 7, for example, with a specific period. The charged corpuscular beam 2 scanned by including the X directional component, is scanned by including an Y directional component while passing through the wobbler electromagnet 8 in the Y direction. Thus, the charged corpuscular beam 2 is scanned by including the X directional component and the Y directional component, and is irradiated so as to, for example, draw a circle to a target 9.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


放射線による癌等の治療には、X線、ガンマ線、電子線等が用いられており、さらに近年では、加速器で加速した高エネルギーの荷電粒子(炭素等のイオン)ビームを用いて癌等の治療を行う荷電粒子線照射装置が開発されている(例えば、非特許文献1参照)。



そこで、このような荷電粒子線照射装置100について、図4および図5を参照して説明する。図4に示すように、シンクロトロン等の加速器(図示せず)を通過して高エネルギで加速された荷電粒子は、四極電磁石110,111,112等を経由して最終偏向電磁石113に入射される。なお、四極電磁石110,111,112は、ビーム輸送管114を通過するビームの発散を抑えるための収束電磁石であり、最終偏向電磁石は荷電粒子を標的に向けて偏向させる偏向電磁石である。そして、最終偏向電磁石113に入射した荷電粒子は、偏向磁場により最終偏向電磁石113内を円弧状に湾曲しながら輸送される。次にこのビームは、図4および図5に示すように、最終偏向電磁石113内を通過するビームの偏向軌跡を含む面と平行でかつ、前記ビームの進行方向に対しては直角なX方向にスキャンされるX方向二極電磁石(照射野形成電磁石)115と、前記ビームの進行方向及びX方向に対して直角のY方向にスキャンされるY方向二極電磁石(照射野形成電磁石)116とを通過して標的117に照射される。あるいは、Y方向二極電磁石を通過してからX方向二極電磁石を通過してもよい。



また、このような荷電粒子線照射装置100を用いて癌を治療する場合、癌の治療効果を上げるため、及び患者に苦痛を与えないために、粒子の照射は癌部を中心にして180°または360°の回転照射によって行うことが好ましい。従って、荷電粒子ビームを癌の治療に用いる場合は、例えば特許文献1に示されているように、ベッドの上に横たえた患者の周囲から陽子線を照射する回転ガントリが広く用いられている。



【非特許文献1】
Timothy R. Renner and William T. Chu Wobbler facility for biological experiments Medical Physics 14(1987) 825-834
【特許文献1】
特開平8-257148号公報(段落0012~0013、図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、荷電粒子ビームを例えば患者の癌細胞に照射して癌治療を行う荷電粒子線照射装置および回転ガントリに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
加速器で加速された荷電粒子を標的に向けて偏向させる偏向電磁石と、前記偏向電磁石を通過した荷電粒子をスキャンして前記標的に面照射させる照射野形成電磁石とを備える荷電粒子線照射装置において、
前記偏向電磁石は前記荷電粒子のビームを前記偏向させると共に、偏向電磁場の大きさを増減させることにより、前記ビームの偏向軌跡を含む面と平行でかつ前記ビームの進行方向に対しては直角なX方向にスキャンさせ、
前記照射野形成電磁石は、前記ビームを前記ビームの進行方向と前記X方向に対して直角のY方向成分を含んでスキャンさせ
前記偏向電磁石による前記ビームのX方向のスキャンと、前記照射野形成電磁石による前記ビームのY方向成分を含んでのスキャンとで、前記標的に対して照射を行う
ことを特徴とする荷電粒子線照射装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の荷電粒子線照射装置を用いたことを特徴とする回転ガントリ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004359325thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close