Top > Search of Japanese Patents > THREE-DIMENSIONAL VIEW POINT MEASURING DEVICE

THREE-DIMENSIONAL VIEW POINT MEASURING DEVICE

Patent code P07A009870
File No. ShIP‐P04040
Posted date May 25, 2007
Application number P2004-006359
Publication number P2005-198743A
Patent number P4500992
Date of filing Jan 14, 2004
Date of publication of application Jul 28, 2005
Date of registration Apr 30, 2010
Inventor
  • (In Japanese)海老澤 嘉伸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title THREE-DIMENSIONAL VIEW POINT MEASURING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To simultaneously measure the lines of sight of both eyes by two cameras and two light sources.
SOLUTION: A face 7 is photographed by the cameras 1 and 2. When the light source 5 near the camera 1 is lighted, the pupil of a left eye is projected brightly on the camera 1. When the light source 6 near the camera 2 is lighted, the pupil of a right eye is projected brightly on the camera 2. Also, the image of cornea reflection is obtained as well. Since the lines of sight of both eyes can be simultaneously measured from the pupil positions and the cornea reflected images, a congestion angle (angle formed by the lines of sight of both eyes) is measured, a view point (intersection of the lines of sight of both eyes) in a depth direction is measured, and a part in what distance is being watched is recognized as well. As a result, the view point in a three-dimensional space is recognized.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


・特許文献1(特許2739331号:ATR)には、網膜の反射を使用することによって瞳孔検出し、顔画像から瞳孔中心30の3次元位置を2台のカメラで捉えて三角測量によって決める技術が記載されている。これは瞳孔の3次元位置を検出しているものと考えられる。また、照明光として別の波長のものを用意する必要がある。
・特許文献2(特開平10-066678号公報:NTT,NAC)には、顔面に3点のマーカを貼付し、ステレオタイプの2台のワイドカメラにより眼球位置を検出し、1台のナローカメラにより眼球トラッキングを行なう技術が記載されている。
・特許文献3(特許第2988235号:日産自動車)には、複数の照明により角膜反射像から角膜球中心を求め、角膜球中心と瞳孔中心とから視線方向を求める技術が記載されている。
・特許文献4(特許第3324295号:日産自動車)には、特許文献3と同様に複数の照明により角膜反射像から角膜球中心を求め、角膜球中心と瞳孔中心とから視線方向を求める技術が記載されている。これらの技術はいずれも視線方向の向いている視点の位置を求めるものではなく、あくまでも視線方向を検出する技術である。
【特許文献1】
特許第2739331号
【特許文献2】
特開平10-066678号公報
【特許文献3】
特許第2988235号
【特許文献4】
特許第3324295号

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、人の両目の視線方向を同時に検出することにより、三次元視点を計測する装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1のカメラと、第2のカメラと、前記第1のカメラの近傍に配置された第1の光源と、前記第2のカメラの近傍に配置された第2の光源と、前記第1の光源及び前記第2の光源の点灯・消灯を制御すると共に点灯・消灯に同期した画像信号を得る制御手段と、得られた画像信号から被験者の2つの瞳孔及び2つの角膜反射を抽出する演算手段とからなる三次元視点計測装置であって、
演算手段により抽出された被験者の2つの瞳孔及び2つの角膜反射から被験者の2つの眼の視線を検出し、検出された2つの眼の視線から視点の三次元位置を計測することを特徴とする三次元視点計測装置。

【請求項2】
 
前記第1の光源と前記第2の光源の発光波長はほぼ同一である請求項1記載の三次元視点計測装置。

【請求項3】
 
前記演算手段は、前記制御手段によって前記第1の光源及び前記第2の光源を交互に点灯させることで得られた画像信号である明瞳孔画像と暗瞳孔画像とから、画像差分により瞳孔部を検出し、被験者の2つの瞳孔及び2つの角膜反射を抽出することを特徴とする、請求項1または2に記載の三次元視点計測装置。

【請求項4】
 
被験者の2つの眼の視線を同時に検出することを特徴とする、請求項1~3の何れか一項に記載の三次元視点計測装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C316AA03
  • 4C316AA06
  • 4C316AA21
  • 4C316AB17
  • 4C316FB26
  • 4C316FC28
  • 4C316FY08
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004006359thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close