Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

Patent code P07A009897
File No. ShIP‐P04087
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-028865
Publication number P2006-214907A
Patent number P4164577
Date of filing Feb 4, 2005
Date of publication of application Aug 17, 2006
Date of registration Aug 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)青木 徹
  • (In Japanese)畑中 義式
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To detect the incoming directions of high-energy lines over a wide range.
SOLUTION: A sensor A (1) and a sensor B (2) are arranged at an interval D2. A collimator S (3) is arranged in the upper surface of the sensor A (1) at an interval D1, and a collimator T (4) is arranged in the lower surface of the sensor B (2) at the interval D1. Photosensitive surfaces of the sensors and the openings of the collimators are of the same size. When a source is located at some distant direction E2 and that radiation arrives along a vector E2, the shadow of the collimator is formed on the sensors A and B. By measuring the length of the shadow of the collimator, it is possible to determine the direction of the source.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


2枚以上の2次元センサーを重ねて放射線入射の信号出力の相互位置関係を計算することにより、放射線の入射方向を検出するもの(特許文献1参照)がある。しかし、これは、単一の放射線が各層の特定の画素に相当する位置に信号を出力することから計算出来るものであり、入射放射線の個数が増加すると、区別が困難となる。一定の時間内に多数の放射線が一定の方向から飛来するとき・各層の各画素の積分値は平均化され、方向の判別は出来なくなる。
【特許文献1】
特公平6-105303号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、高エネルギー放射線の飛来方向を検出する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高エネルギー線を検出して信号を出力する1次元または2次元のセンサーを空間に配置し、高エネルギー線に対し遮蔽機能をもち開口部が形成されたコリメータを、前記センサーと一定の距離を置いて該センサーの前面と前記開口部とが対向するように該センサーと平行に配置し、前記コリメータの開口部の大きさと前記センサーの感度面の大きさとが同じであり、高エネルギー線の到来方向に依存して前記センサーの感度面上に形成された影の分布を該感度面の出力信号の分布に基づいて取得し、取得された影の分布に基づいて該高エネルギー線源の方向を推定することを特徴とする高エネルギー線源方向判別システム

【請求項2】
 
前記センサーは1次元のセンサーを2個以上空間的に離して平行に配置したものであり、高エネルギー線の到来方向に依存して前記複数のセンサーの感度面上に形成された影の分布を該複数の感度面の出力信号の分布に基づいて取得し、取得された影の分布に基づいて該高エネルギー線源の方向を推定することを特徴とする請求項1記載の高エネルギー線源方向判別システム

【請求項3】
 
前記センサーは2次元のセンサーを2個以上空間的に離して平行に配置したものであり、高エネルギー線の到来方向に依存して前記複数のセンサーの感度面上に形成された影の分布を該複数の感度面の出力信号の分布に基づいて取得し、取得された影の分布に基づいて該高エネルギー線源の方向を推定することを特徴とする請求項1記載の高エネルギー線源方向判別システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005028865thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close