Top > Search of Japanese Patents > RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

Patent code P07A009898
File No. ShIP‐P04088
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-028866
Publication number P2006-214908A
Patent number P4164578
Date of filing Feb 4, 2005
Date of publication of application Aug 17, 2006
Date of registration Aug 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)青木 徹
  • (In Japanese)畑中 義式
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for identifying the incoming direction of high-energy lines and specifying the direction of their radiation source.
SOLUTION: A collimator is made of double rings. An inside ring 2a and an outside ring 2b are arranged with a space Da, and the inside ring 2a and a ring-like one-dimensional sensor 1 are arranged with space Db. By adjusting their intervals, a distribution function of signals is adjusted. When collimation allows incidence on sensors on both adjacent sides of a unit sensor positioned at an angle of 180°, it is possible to eliminate the blind angles of incidence due to the intervals of unit sensors. This system is provided with a structure, in which a plurality of ring-like one-dimensional sensors 1 are stacked on top of each other and are extended with an opening part 3 of the outer circumferential collimator closed and determines the incoming directions from directions perpendicular with respect to the plane of the rings.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来は、放射線をモニターするために電離チャンバーをもちいて、放射線の飛来をモニターしていた。しかしながら、飛来方向の区別がつかないもの、または、多数の飛来に対して、放電が持続し、または区別が不能になるなど、飛来方向の特定には問題点が多かった。
電離チャンバーに代えて、センサーの前面にコリメータを配置して、コリメータの方向から、飛来方向を特定するものはこれまでもあったが、コリメータを線源の方向に向ける必要があるなど、線源の方向を特定するには使いづらいものであった。
また、 2枚以上の2次元センサーを重ねて放射線入射の信号出力の相互位置関係を計算することにより、放射線の入射方向を検出するもの(特許文献1参照)がある。しかし、これは、単一の放射線が各層の特定の画素に相当する位置に信号を出力することから計算出来るものであり、入射放射線の個数が増加すると、区別が困難となる。一定の時間内に多数の放射線が一定の方向から飛来するとき・各層の各画素の積分値は平均化され、方向の判別は出来なくなる。
【特許文献1】
特公平6-105303号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、高エネルギー線の飛来方向を識別し、線源方向を特定する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の単位センサーをリング状または多角形状に配置して構成される一次元センサーの出力信号分布に基づいて、該一次元センサーの外側から到来する高エネルギー線の方向を推定する高エネルギー線源方向判別環状システムであって、
前記一次元センサーの出力信号の強度分布は、該一次元センサーを構成する各単位センサーと前記高エネルギー線とのなす角によって決まる実効面積によるものであり、
前記一次元センサーの出力信号の強度分布を取得し、取得された強度分布に基づいて前記高エネルギー線の方向を推定する
ことを特徴とする高エネルギー線源方向判別環状システム

【請求項2】
 
前記一次元センサーの外周にコリメータを配置することを特徴とする請求項1記載の高エネルギー線源方向判別環状システム。

【請求項3】
 
前記コリメータの開口は該コリメータ直後の単位センサーに入射して透過した高エネルギー線が前記リング状または多角形状の中心に対し反対側180度の位置にある単位センサーの両隣の単位センサーを照射可能なコリメーションとすることを特徴とする請求項2記載の高エネルギー線源方向判別環状システム。

【請求項4】
 
前記複数の単位センサーを適当な間隔で積層して配置し、
前記複数の単位センサーそれぞれの出力信号の強度分布の差異に基づいて、該複数の単位センサーで構成されるリング状又は多角形状の仮想平面に対する前記高エネルギー線の到来方向を推定する
ことを特徴とする請求項2又は3に記載の高エネルギー線源方向判別環状システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005028866thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close