Top > Search of Japanese Patents > ACTIVATED CARBON, ITS MANUFACTURING METHOD AND POLARIZABLE ELECTRODE FOR ELECTRIC DOUBLE LAYER CAPACITOR

ACTIVATED CARBON, ITS MANUFACTURING METHOD AND POLARIZABLE ELECTRODE FOR ELECTRIC DOUBLE LAYER CAPACITOR

Patent code P07A009900
File No. ShIP‐P04063
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-042840
Publication number P2006-229069A
Patent number P4625950
Date of filing Feb 18, 2005
Date of publication of application Aug 31, 2006
Date of registration Nov 19, 2010
Inventor
  • (In Japanese)岡島 敬一
  • (In Japanese)須藤 雅夫
  • (In Japanese)太田 定孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title ACTIVATED CARBON, ITS MANUFACTURING METHOD AND POLARIZABLE ELECTRODE FOR ELECTRIC DOUBLE LAYER CAPACITOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polarizable electrode for an electrochemical capacitor high in electrostatic capacity in a high charging and discharging current, an activated carbon optimum for the electrode, and its manufacturing method.
SOLUTION: The activated carbon is obtained by processing activated carbon material through carbon oxide gas containing low temperature plasma treatment or boric acid containing water vapor low temperature plasma treatment and, in this case, the activated carbon material is preferable to be the activated carbon material obtained by carbonating and activating a carbon quality material. The activated carbon is obtained by processing the activated carbon material through carbon oxide gas containing low temperature plasma treatment or boric acid containing water vapor low temperature plasma treatment, and the obtained activated carbon is formed and employed as the polarizable electrode for the electric double layer capacitor.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電気二重層キャパシタを含む電気化学キャパシタ(以下キャパシタ)は、高出力密度と優れたサイクル特性を示すエネルギー貯蔵デバイスであり、ハイブリッド自動車・燃料電池自動車の補助電源や通電加熱触媒(EHC)電源への応用にむけ高容量化が期待され、そのためには高充放電電流でのキャパシタ特性の向上が不可欠である。



キャパシタの高容量化に関する研究開発はこれまで様々行われているが(例えば,特許文献1)、高充放電電流に対応するハイパワーキャパシタ電極の技術開発はこれまで主に電流取出部の低抵抗化または電極の存在しないデスボリュームの低減(例えば、特許文献2)等のキャパシタユニットとしての技術開発が主流であり、電極材料である炭素組成物の技術開発による高充放電電流キャパシタ特性の向上は見られない。



ハイブリッド自動車・燃料電池自動車の補助電源や通電加熱触媒(EHC)電源へのキャパシタの適用には、高充放電電流、特に50mA/平方センチメートル以上、好ましくは100mA/平方センチメートル以上の高充放電電流におけるキャパシタ電極静電容量増大が必要である。



プラズマ処理を用いる類似技術としては、特許文献3、特許文献4等が挙げられるが、これらは窒素ガスもしくはフッ素化合物を用いたものである上、充放電電流密度50mA
/平方センチメートル以上での高充放電電流特性の向上については触れられていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、活性炭、その製造方法、及びこの活性炭を用いて成形され、特に高電流充放電特性に優れた電気二重層キャパシタ用分極性電極に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
活性炭材料を含ホウ酸水蒸気低温プラズマ処理してなることを特徴とする活性炭。

【請求項2】
 
活性炭材料が炭素質材料を炭化し賦活して得られた活性炭材料からなることを特徴とする請求項1に記載の活性炭。

【請求項3】
 
BET比表面積が1500m2/g以上3300m2/g以下の範囲であることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の活性炭。

【請求項4】
 
活性炭が電気二重層キャパシタ用分極性電極用活性炭であることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の活性炭。

【請求項5】
 
活性炭材料を含ホウ酸水蒸気低温プラズマ処理することを特徴とする活性炭の製造方法。

【請求項6】
 
活性炭材料が炭素質材料を炭化し賦活して得られた活性炭材料からなることを特徴とする請求項5に記載の活性炭の製造方法。

【請求項7】
 
活性炭のBET比表面積が1500m2/g以上3300m2/g以下の範囲であることを特徴とする請求項5または請求項6に記載の活性炭の製造方法。

【請求項8】
 
活性炭が電気二重層キャパシタ用分極性電極用活性炭であることを特徴とする請求項5乃至請求項7のいずれか1項に記載の活性炭の製造方法。

【請求項9】
 
請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載の活性炭を含む組成物を成形してなることを特徴とする電気二重層キャパシタ用分極性電極。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16350_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close