Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF RECOVERING FORMALDEHYDE FROM POLYACETAL

METHOD OF RECOVERING FORMALDEHYDE FROM POLYACETAL

Patent code P07A009915
File No. ShIP‐5012N-UE01
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-260554
Publication number P2007-070298A
Patent number P4934803
Date of filing Sep 8, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Mar 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)上野 晃史
  • (In Japanese)伊藤 友章
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title METHOD OF RECOVERING FORMALDEHYDE FROM POLYACETAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and an apparatus for recovering formaldehyde from polyacetal, in which formaldehyde can be recovered from polyacetal efficiently in a low temperature range.
SOLUTION: Formaldehyde is recovered from polyacetal by dry-type heat decomposition of the polyacetal using a solid catalyst capable of producing a proton (H+). The solid catalyst capable of producing a proton (H+) is preferably a solid catalyst comprising a metal oxide subjected to acid treatment, or a proton (H+) exchange-type zeolite.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ポリアセタールはギアやカム、ファスナー、ローラーなどとして、自動車や各種家電製品の部品に使用されている。これらの部品は自動車や家電製品が廃棄されるときに回収されることはなく、ほとんどが、いわゆるシュレッダーダストとして埋立て処分や焼却処分に供されている。



一部ではこれらの部品を回収し、硫酸などの酸性溶媒で分解してホルムアルデヒドを回収する湿式法が試みられている。(特許文献1、2参照)
湿式法では溶媒の循環利用が要求され、循環過程には不純物除去のためのフィルターが設置されている。しかし、ギアをはじめとするポリアセタール製品には機械強度向上のためにフィラーが添加されており、これがフィルターの目詰まりを生じさせる原因となっている。また、使用済み硫酸溶媒の廃棄処理についても未解決の難問となっている。



この問題を解決するために乾式法が検討され、ポリアセタール破砕物の単純熱分解によるホルムアルデヒドの回収が試みられている。(非特許文献1参照)
しかし、この方法は、ホルムアルデヒドを70%以上の高収率で回収するためには350℃以上の温度が必要であり、250℃以下の低温領域ではホルムアルデヒドはほとんど回収することができない。



【特許文献1】
特開平04-273869号公報
【特許文献2】
PCT/US93/02536
【非特許文献1】
米国特許第3883309号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法に関し、詳しくは自動車や各種家電製品の部品等に使用されているポリアセタールからの低エネルギーで効率よくホルムアルデヒドを回収するための方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリアセタールをプロトン(H)を発生可能な固体触媒を用いて乾式で熱分解してポリアセタールからホルムアルデヒドを回収することを特徴とするポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項2】
 
プロトン(H)を発生可能な固体触媒が、金属酸化物を酸処理した固体触媒、又はプロトン(H)交換型ゼオライトであることを特徴とする請求項1に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項3】
 
金属酸化物を酸処理した固体触媒が、金属酸化物を硫酸水溶液に浸漬し、乾燥後200℃~500℃の温度範囲で焼成して得られる固体触媒であることを特徴とする請求項2に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項4】
 
プロトン(H)を発生可能な固体触媒が、硫酸イオンを含む金属酸化物であり、該金属酸化物中に含まれる硫酸イオン濃度が1~12質量%である、請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項5】
 
金属酸化物が、アルミナ、酸化チタン、シリカ、酸化鉄及び酸化ジルコニウムの群から選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項2乃至請求項4のいずれか1項に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項6】
 
ポリアセタールの破砕物とペレット状又は粉末状の固体触媒を、固体触媒/ポリアセタールの質量比が1/100~1/6の範囲となるように混合して不活性ガス雰囲気中で180℃350℃の温度範囲で熱分解することを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれか1項に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。

【請求項7】
 
不活性ガス雰囲気が、窒素ガス雰囲気又はヘリウムガス雰囲気であることを特徴とする請求項6に記載のポリアセタールからホルムアルデヒドを回収する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close