Top > Search of Japanese Patents > IMAGE DISPLAY DEVICE

IMAGE DISPLAY DEVICE meetings

Patent code P07A009916
File No. ShIP‐5014C-SM15
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-264210
Publication number P2007-078863A
Patent number P4214236
Date of filing Sep 12, 2005
Date of publication of application Mar 29, 2007
Date of registration Nov 14, 2008
Inventor
  • (In Japanese)下平 美文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title IMAGE DISPLAY DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image display device capable of displaying a multi-color image by improving luminance while maintaining hue.
SOLUTION: Color space of an object is determined in a color coordinate determination section regarding an image data which is input to an image input section 32, and when it exceeds a specified luminance value and its color coordinates are not on the border of the color space, color conversion is performed with matrix composed of three stimulus values of RGB in a standard color conversion section. Then, the color conversion is performed with matrix composed of three stimulus values of a white color and two pertinent colors of RGB, and data to which a coefficient k of a k-coefficient section 54 and a coefficient h of a h-coefficient section 56 determined in a coefficient determining section 52 are multiplied, are added together in a combining section 58. The combined data of RGBW is input to a gradation conversion section 60 and gradation data are converted, and an image is displayed on a screen 24 by driving a spatial optical modulation element 20 according to the gradation data in a mirror driver section 40.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


多色画像を表示する場合、赤色、緑色及び青色の各色を基準色として画像表示することが一般的に行われていた。このような画像表示装置では、白色を表示する場合、赤色、緑色及び青色の各色を一定量づつ提示することによって行われていたが、3色の合成では、白色の再現性が良好でない場合があった。



これを解消するため、赤色、緑色及び青色の各色に、白色を基準色として追加した画像表示装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。この技術では、RGBの各画素の輝度に比例した白色輝度と白色単体の輝度とを用いて、画像を表示する4色表示装置を提案している。
【特許文献1】
特開2004-286814号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、画像表示装置にかかり、特に、少なくとも予め定めた赤色、緑色及び青色の各色を基準色として画像を表示する画像表示装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
予め定めた赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第1表色系の色成分を表す画像データを用いて多色画像を表示する画像表示装置において、
前記第1表色系と異なる赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第2表色系により画像を表示すると共に、入力されるデバイスデータに応じて前記第2表色系に含まれる白色、赤色、緑色及び青色の各色を画素毎に表示する表示手段と、
入力された第1表色系の画像データを用いて前記表示手段の赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第2表色系における赤色、緑色及び青色の各色成分を表す基本データを求める基本色演算手段と、
入力された第1表色系の画像データを用いて前記表示手段の赤色、緑色及び青色の何れか2色と、白色とを基準色とする第3表色系における前記2色及び白色の各色成分を表す特定データを求める特定色演算手段と、
前記基本色演算手段の各基準データと、前記特定色演算手段の各特定データとを前記表示手段の最大輝度を超えないように同色について合成して白色、赤色、緑色及び青色の各色の合成データを求める合成手段と、
前記合成データに基づいて前記表示手段の各色のデバイスデータを求める出力データ演算手段と、
を備えたことを特徴とする画像表示装置。

【請求項2】
 
前記合成手段は、前記基本色演算手段の基準データと、前記特定色演算手段の特定データとを所定比率で各色毎に加算する加算手段と、前記所定比率を決定する決定手段とから構成することを特徴とする請求項1に記載の画像表示装置。

【請求項3】
 
入力手段をさらに備え、前記合成手段は、前記入力手段の入力値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の画像表示装置。

【請求項4】
 
前記画像データの輝度値を演算する輝度演算手段をさらに備え、前記合成手段は、前記輝度演算手段による輝度値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1乃至請求項3の何れか1項に記載の画像表示装置。

【請求項5】
 
入力された画像データの色座標を演算する座標演算手段をさらに備え、前記決定手段は、前記座標演算手段による座標値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1乃至請求項4の何れか1項に記載の画像表示装置

【請求項6】
 
前記合成手段において、前記特定色演算手段の各特定データを合成データに含めることを禁止する禁止手段をさらに備えたことを特徴とする請求項1乃至請求項5の何れか1項に記載の画像表示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005264210thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close