Top > Search of Japanese Patents > CLEANING DEVICE FOR ENDOSCOPIC SURGICAL INSTRUMENT

CLEANING DEVICE FOR ENDOSCOPIC SURGICAL INSTRUMENT

Patent code P07A009922
File No. IP16-055
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-051512
Publication number P2006-230795A
Patent number P4300294
Date of filing Feb 25, 2005
Date of publication of application Sep 7, 2006
Date of registration May 1, 2009
Inventor
  • (In Japanese)浅尾 高行
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title CLEANING DEVICE FOR ENDOSCOPIC SURGICAL INSTRUMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new cleaning device for an endoscopic surgical instrument, capable of easily, appropriately and immediately cleaning up the endoscopic surgical instrument during an operation, or before or after the operation, not only when a "solid-liquid" interface is formed but also when a "solid-gas" interface is formed, and capable of relieving the stress felt by an operator caused by the deterioration of the visual field.
SOLUTION: The cleaning device 1 for the endoscopic surgical instrument comprises a low-pressure air-tight chamber 2 having an insertion hole 21 with an air-tightness retaining sealing membrane 22 and a connector 23 to be connected to an outside device, and a cleaning liquid holding tank 3 with a nozzle tube 4 with a nozzle 41 disposed inside in such a state that the nozzle 41 is turned upward. The low-pressure air-tight chamber 2 as an upper unit of the cleaning device 1 and the cleaning liquid holding tank 3 as a lower unit of the cleaning device 1 are connected to each other with the insertion hole 21 and the nozzle 41 facing each other.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


内視鏡を活用する手術である、内視鏡下手術は、低侵襲で切開傷が小さく、また短期に社会復帰できるので、Quality of Life (QOL)を重視する先進医療として大いに評価され、そのニーズは極めて高い。その一方、この内視鏡下手術は、局所を近接視する視野で施術するため、全体像が捉えにくく、触ることもできないため極めて高度な手術テクニックを要する。



内視鏡下手術では、患者体内に挿入した、内視鏡手術器具である光伝送スコープによる近接視像を、施術者が大画面モニターで見たり、施術者の眼にスコープをあてて直接観察しながら手術を行う。このため、スコープ先端のレンズあるいは照明用ライト発光面へ血液等体液の付着、電気メス凝固切開の際の飛沫付着、ミストやフュ-ム(煙)による視野阻害が生じると、わずかなミスも許されない施術者にとって、大きなストレスが与えられる。



そして、前記ストレスが手術時間を長引かせたり、ストレスが施術事故の原因にもなりかねない。したがって、手術中にスコープ先端レンズあるいは照明用ライト発光面等のガラス面、あるいは光ファイバライトガイドのファイバ端面等(以下、光学系ヘッドとする場合がある)を洗浄し、視野をクリアアップすることはきわめて重要である。もちろん、光学系ヘッド同様、鉗子やメス等の手術器具の手術中クリアアップも重要である。



内視鏡下手術の場合、鉗子やメス等は、内視鏡チューブの先端にあって施術者が手動操作する「エンドエフェクタ(末端操作アクチュエータ)」の一種であり、内視鏡手術器具の一種でもある。したがって、光学系ヘッドだけでなく、エンドエフェクタを手術中にクリアアップすることも重要である。



そこで、かかる問題を解消するために、たとえば、光学系ヘッドの使用中クリアアップのため、ヘッド部にクリアアップ手段を追加配設したものが提案されている(特許文献1)。



また、使用前後に光学系ヘッドを含む鉗子やメス等の内視鏡下手術用器具を洗浄、クリアアップする装置としては、たとえば、微細洗浄粒子を衝突させて洗浄する内視鏡手術器具の洗浄方法(特許文献2)や、洗浄槽内に入れた洗浄用液体中に内視鏡本体を浸漬させた状態で、液中で発泡作用を呈する洗浄薬剤を洗浄槽内に投与し、その薬剤の発泡作用にて内視鏡を洗浄する洗浄方法が提案されている(特許文献3)。
【特許文献1】
特開平5-184522号公報
【特許文献2】
特開2004-49451号
【特許文献3】
特開平9-276291号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、内視鏡手術器具の洗浄装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
気密保持シール膜が具備されている挿入孔と外部装置と接続するためのコネクタとを備えた低圧気密チャンバーと、ノズルを有するノズルチューブがノズルを上方に向けて位置して内部に配設されている洗浄液保持タンクとを含む内視鏡手術器具の洗浄装置であって、挿入孔とノズルを対面するようにして、低圧気密チャンバーを洗浄装置の上部ユニットとして、また洗浄液保持タンクを洗浄装置の下部ユニットとして、それぞれを連結してなることを特徴とする内視鏡手術器具の洗浄装置。

【請求項2】
 
気密保持シール膜は、挿入孔の周縁部から中心に向かって設けられている複数の切れ目を有するフレキシブル膜である請求項1の洗浄装置。

【請求項3】
 
挿入する内視鏡手術器具の挿入限界を決めるストッパが、ノズル周辺に設けられている請求項1または2の洗浄装置。

【請求項4】
 
低圧気密チャンバーは、上下2層式であり、上層および下層それぞれに連通した挿入孔を備えている請求項1から3いずれかの洗浄装置。

【請求項5】
 
洗浄液保持タンクは、洗浄液の温度を保温する保温手段を備えている請求項1から4いずれかの洗浄装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005051512thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close