Top > Search of Japanese Patents > MONITORING SYSTEM, MONITORING AND CONTROLLING METHOD AND MONITORING AND CONTROLLING PROGRAM

MONITORING SYSTEM, MONITORING AND CONTROLLING METHOD AND MONITORING AND CONTROLLING PROGRAM

Patent code P07A009923
File No. 知財3号
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-106478
Publication number P2005-322219A
Patent number P4314369
Date of filing Apr 1, 2005
Date of publication of application Nov 17, 2005
Date of registration May 29, 2009
Priority data
  • P2004-111728 (Apr 6, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)藤井 雄作
  • (In Japanese)吉浦 紀晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title MONITORING SYSTEM, MONITORING AND CONTROLLING METHOD AND MONITORING AND CONTROLLING PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To attain a crime prevention in a community by effectively utilizing information that each family acquires, owns and manages in individual monitoring areas and information of another monitoring area through a network.
SOLUTION: This monitoring system is provided with: a camera 11 which picks up images of objects in the individual monitoring areas; and a PC 10 which stores the images picked up with the camera 11 in an image storage part by condition setting of individual setting conditions, requests the images of the objects in other monitoring areas to other systems via the network, retrieves an image to be stored in the image storage part and transmits the image to other systems according to requests of the images of the objects of the individual monitoring areas from other systems through the network. Then the PC 10 is connected to other systems throgh the network to be made correspond to the conditional setup of the individual setting conditions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


昔のコミュニティでは、外部から入ってきた人に対して、各個人が目で見て、その情報を、各個人の記憶として蓄え、重大な事件等があった場合には各人の記憶がコミュニティに提供され、それにより、コミュニティ内の防犯が図られるというメカニズムが、広く機能してきた。
これに対して、通信ネットワークを用いた防犯監視システムや、監視カメラを用いた遠隔監視システムとして特許文献1、特許文献2に記載されるものが提案されている。



また、上記システム以外にも防犯監視カメラシステムは、例えば、以下に示すように、すでに数多く存在している。
すなわち、第1の通常の防犯カメラシステムとして、監視カメラの捕らえた画像を、ビデオテープに録画するものがある。また、第2の民間企業が提供するネットワークカメラを用いた監視システムとして、監視画像に動きがあった時などに、当該画像を、企業内のサーバーに転送・保存するものがある。



さらに、第3のPC(パーソナルコンピュータ)用カメラを用いた監視システムとして、カメラ等が捕らえた画像について、動きがあったときに、当該画像を、携帯電話等に転送するものもある。また、第4のUS(米国)ホームガードシステムのように、全米5万箇所余りのテロリストに狙われそうな重要施設にネットワークカメラを設置し、その画像を、常時3人以上の米国市民から募った登録者が家庭のPCで監視し、異変が認められたときには当局に通報するものも知られている。
【特許文献1】
特開2002-165211号
【特許文献2】
特開2003-50628号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、監視エリアの被写体の画像を監視する監視システムに関し、さらに詳細には、従来、人間のコミュニティが有していた相互監視システムを、コンピュータ技術を用いて、現代社会に合わせて強化した形で再現することができる監視システム、監視制御方法監視制御プログラム、及びネットワークシステムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
自システムの個別監視エリアの被写体画像を撮像する画像撮像手段と、
前記画像撮像手段により撮像された前記個別監視エリアの前記被写体画像を個別設定条件の条件設定により前記自システムの画像保存部に保存する画像保存手段と、
ネットワークを介して他システムの画像保存部に保存された前記他システムの個別監視エリアの被写体画像を要求する画像要求を行うことにより、ネットワークを介して画像要求先の前記他システムから送信された前記他システムの個別監視エリアの前記被写体画像を受信する画像要求手段と、
自システムに個別に設定された、画像の検索の結果として画像を送信するか否か、画像の時刻を送信するか否か、前記画像撮像手段の名前を送信するか否か、及び画像の枚数を送信するか否かを定めた設定条件を含む個別アクセス条件に基づいて、画像要求があった前記他システムが画像要求元として許可されているか否かを判別する判別手段と、
ネットワークを介しての、前記判別手段で前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムからの、前記自システムの個別監視エリアの被写体画像の要求に応じて、前記画像保存手段により前記自システムの画像保存部に保存された前記個別監視エリアの被写体画像を検索して、ネットワークを介して前記判別手段で前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムに、前記設定条件に応じて検索の結果を送信する画像検索手段と、
を備えた監視システム。

【請求項2】
 
前記画像保存手段は、前記画像撮像手段により撮像された画像を取得する画像取得部と、該画像の変化の基準値を記憶する画像変化基準値記憶部と、前記画像に前記基準値以上の変化があることを検出する画像変化検出部と、前記個別設定条件を設定する保存条件設定部と、前記個別設定条件の条件設定により前記画像を保存する画像保存部とを有することを特徴とする請求項1に記載の監視システム。

【請求項3】
 
前記画像保存手段は、前記画像保存部以外の転送対象を予め設定する転送対象設定部と、前記転送対象に前記画像を転送して保存する画像転送保存部と、を有することを特徴とする請求項2に記載の監視システム。

【請求項4】
 
前記画像保存手段は、予め許可された前記他システムからの検索対象を登録する検索対象登録部と、前記画像変化検出部による変化検出画像が前記検索対象登録部に登録された前記検索対象であるか否かを判定する検索対象判定部と、を有し、
前記変化検出画像が前記検索対象であるときに前記他システムへ通知すると共に、前記検索対象の画像を前記画像転送保存部により前記他システムへ転送して保存することを特徴とする請求項3に記載の監視システム。

【請求項5】
 
前記画像要求手段は、被写体画像を要求する画像要求先である1又は複数の他システムを入力する画像要求対象入力部と、前記他システムが、要求する被写体画像に対応する前記他システムの個別監視エリアの被写体画像が保存される前記他システムであるか否かを判別する画像要求対象判別部と、前記画像要求対象判別部により判別された1又は複数の前記他システムを画像要求先として設定する要求対象設定部と、ネットワークを介して前記要求対象設定部により設定された1又は複数の前記他システムに対して前記被写体画像の要求を送信する画像要求送信部と、を有することを特徴とする請求項1に記載の監視システム。

【請求項6】
 
前記画像要求手段は、前記画像要求先である1又は複数の前記他システムに対して以前に行った前記被写体画像の要求の結果に基づいて、いずれの他システムからいずれの要求した被写体画像が得られたかを判断する画像要求結果判断部と、前記画像要求結果判断部による判断結果から前記画像要求先である1又は複数の前記他システムからの前記要求した被写体画像に対する特性を記憶する要求対象特性記憶部と、を有し、
前記要求対象特性記憶部に記憶される前記画像要求先からの前記要求した被写体画像に対する特性に基づいて、前記画像要求対象判別部による前記画像要求先の判別が行われることを特徴とする請求項5に記載の監視システム。

【請求項7】
 
前記判別手段は、前記個別アクセス条件に基づいて、前記他システムが前記画像要求元として無制限で又は制限付で許可されているか否かを判別するものであることを特徴とする請求項1に記載の監視システム。

【請求項8】
 
自システムの個別監視エリアの被写体画像を撮像する画像撮像ステップと、
前記画像撮像ステップにより撮像された前記個別監視エリアの被写体画像を個別設定条件の条件設定により前記自システムの画像保存部に保存する画像保存ステップと、
他システムからの画像要求時に、自システムに個別に設定された、画像の検索の結果として画像を送信するか否か、画像の時刻を送信するか否か、前記画像撮像手段の名前を送信するか否か、及び画像の枚数を送信するか否かを定めた設定条件を含む個別アクセス条件に基づいて、画像要求があった前記他システムが画像要求元として許可されているか否かを判別する判別ステップと、
ネットワークを介しての、前記判別ステップで前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムからの、前記自システムの個別監視エリアの前記被写体画像の要求に応じて、前記画像保存ステップにより前記自システムの画像保存部に保存された前記個別監視エリアの前記被写体画像を検索して、ネットワークを介して前記判別ステップで前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムに、前記設定条件に応じて検索の結果を送信する画像検索ステップと、
前記他システムへの画像要求時に、ネットワークを介して前記他システムの画像保存部に保存された前記他システムの個別監視エリアの前記被写体画像を要求する画像要求を行うことにより、ネットワークを介して前記画像要求先の前記他システムから送信された前記他システムの前記個別監視エリアの前記被写体画像を受信する画像要求ステップと、
を含む監視制御方法。

【請求項9】
 
前記画像保存ステップは、画像撮像手段により撮像され取得された画像に画像変化の基準値以上の変化があることを検出し、前記個別設定条件の条件設定により画像を画像保存部に保存する工程を含むことを特徴とする請求項8に記載の監視制御方法。

【請求項10】
 
前記画像保存ステップは、前記画像保存部以外の転送対象を予め設定し、前記転送対象に画像を転送して保存する工程を含むことを特徴とする請求項9に記載の監視制御方法。

【請求項11】
 
前記画像保存ステップは、予め許可された前記他システムからの検索対象を登録し、前記画像変化が検出された変化検出画像が登録された前記検索対象であるか否かを判定し、
前記変化検出画像が前記検索対象であるときに前記他システムへ通知すると共に、前記検索対象の画像を前記他システムへ転送して保存する工程を含むことを特徴とする請求項10に記載の監視制御方法。

【請求項12】
 
前記画像要求ステップは、被写体画像を要求する画像要求先である1又は複数の前記他システムが入力されると、前記他システムが、要求する被写体画像に対応する前記他システムの個別監視エリアの被写体画像が保存される他システムであるか否かにより画像要求先を判別し、判別された1又は複数の前記他システムを画像要求先として設定し、ネットワークを介して設定された1又は複数の前記他システムに対して前記被写体画像の要求を送信することを特徴とする請求項8に記載の監視制御方法。

【請求項13】
 
前記画像要求ステップは、前記画像要求先である1又は複数の前記他システムに対して以前に行った前記被写体画像の要求の結果に基づいて、いずれの他システムからいずれの要求した被写体画像が得られたかを判断し、この判断結果から前記画像要求先である1又は複数の前記他システムからの前記要求した被写体画像に対する特性を記憶し、
記憶される前記画像要求先からの前記要求した被写体画像に対する特性に基づいて、前記画像要求先の判別が行われることを特徴とする請求項12に記載の監視制御方法。

【請求項14】
 
前記判別ステップは、前記個別アクセス条件に基づいて、前記他システムが前記画像要求元として無制限で又は制限付で許可されているか否かを判別することを特徴とする請求項8に記載の監視制御方法。

【請求項15】
 
自システムの個別監視エリアの被写体画像を撮像する画像撮像手段により撮像された前記個別監視エリアの前記被写体画像を制御するために、
コンピュータに、
前記画像撮像手段により撮像された前記個別監視エリアの前記被写体画像を個別設定条件の条件設定により前記自システムの画像保存部に保存する機能と、
ネットワークを介して他システムの画像保存部に保存された該他システムの個別監視エリアの被写体画像を要求する画像要求を行うことにより、ネットワークを介して前記画像要求先の前記他システムから送信された前記他システムの前記個別監視エリアの被写体画像を受信する機能と、
自システムに個別に設定された、画像の検索の結果として画像を送信するか否か、画像の時刻を送信するか否か、前記画像撮像手段の名前を送信するか否か、及び画像の枚数を送信するか否かを定めた設定条件を含む個別アクセス条件に基づいて、画像要求があった前記他システムが画像要求元として許可されているか否かを判別する機能と、
ネットワークを介しての、前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムからの、前記自システムの個別監視エリアの被写体画像の要求に応じて、前記自システムの画像保存部に保存された個別監視エリアの被写体画像を検索して、ネットワークを介して前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムに、前記設定条件に応じて検索の結果を送信する機能を、
実行させるための監視制御プログラム。

【請求項16】
 
個別監視エリアの被写体画像を撮像する画像撮像手段、及び前記画像撮像手段により撮像された前記被写体画像を個別設定条件の条件設定により画像保存部に保存する画像保存手段を備え、かつ、各々に個別アクセス条件が設定可能な複数の監視システムが、ネットワークを介して相互に接続されたネットワークシステムであって、
前記監視システムの各々に、
他システムの画像保存手段に保存された前記被写体画像を要求する画像要求を行うことにより、前記ネットワークを介して画像要求先の前記他システムから送信された前記他システムの前記被写体画像を受信する画像要求手段と、
自システムに個別に設定された、画像の検索の結果として画像を送信するか否か、画像の時刻を送信するか否か、前記画像撮像手段の名前を送信するか否か、及び画像の枚数を送信するか否かを定めた設定条件を含む個別アクセス条件に基づいて、画像要求があった前記他システムが画像要求元として許可されているか否かを判別する判別手段と、
ネットワークを介しての、前記判別手段で前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムからの、前記自システムの個別監視エリアの被写体画像の要求に応じて、前記画像保存手段により前記自システムの画像保存部に保存された前記個別監視エリアの被写体の画像を検索して、ネットワークを介して前記判別手段で前記画像要求元として許可されていると判別された前記他システムに、前記設定条件に応じて検索の結果を送信する画像検索手段と、
を設けたネットワークシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005106478thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close