Top > Search of Japanese Patents > SUGAR METABOLISM PROMOTING AGENT AND METHOD FOR SCREENING TREATING AGENT FOR OBESITY AND DIABETES

SUGAR METABOLISM PROMOTING AGENT AND METHOD FOR SCREENING TREATING AGENT FOR OBESITY AND DIABETES meetings

Patent code P07A009924
File No. IP16-078
Posted date May 25, 2007
Application number P2005-114576
Publication number P2006-290810A
Patent number P4534039
Date of filing Apr 12, 2005
Date of publication of application Oct 26, 2006
Date of registration Jun 25, 2010
Inventor
  • (In Japanese)久保原 禅
  • (In Japanese)柴田 宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title SUGAR METABOLISM PROMOTING AGENT AND METHOD FOR SCREENING TREATING AGENT FOR OBESITY AND DIABETES meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new sugar metabolism promoting agent and a screening method for an agent for the treatment of obesity and/or diabetes.
SOLUTION: The sugar metabolism promoting agent contains a compound expressed by formula (I) (R1 is a 1-10C aliphatic hydrocarbon group or phenyl group wherein arbitrary hydrogen atoms of the aliphatic hydrocarbon group or the phenyl group may be substituted with halogen atoms; R2 is a 1-10C aliphatic hydrocarbon group or phenyl group wherein arbitrary hydrogen atoms of the aliphatic hydrocarbon group or the phenyl group may be substituted with halogen atoms; X1 is a halogen; and X2 is hydrogen or a halogen) as an active component.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


糖尿病は、血液中の糖分を調節する機能障害が原因で、血糖値が慢性的に高い状態になることによって、抹消神経や血管傷害、ひいては失明や細胞壊死などが起こる、いわゆる生活習慣病の1つであり、近年その患者数は増加している。治療薬としては、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが用いられるが、その投与は注射によって行われるため、患者への負担は少なくない。また、インスリンが効かないタイプの糖尿病も知られており、いくつかの症状改善薬はあるものの、決定的治療法は確立されておらず、より有効で経口投与可能な治療薬の開発が求められている。
また近年、各種生活習慣病の原因の1つとして、肥満自体が問題になっているが、有効な肥満改善・治療薬の開発も求められている。



DIF-1と呼ばれる下記化合物(A)は細胞性粘菌から単離された化合物であるが、抗腫瘍活性を有することが知られている(非特許文献1)。しかしながら、DIF-1及びその類縁化合物が細胞の糖代謝促進作用を有すること、またそれによる血糖降下作用を有することは知られていなかった。
【化1】


【非特許文献1】
Biochem Biophys Res Commun. 1997 Jul 18;236(2):418-22.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、肥満および糖尿病などの疾患の予防薬又は治療薬として有用な糖代謝促進剤に関する。本発明はまた、肥満及び/又は糖尿病治療薬のスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(I)で示される化合物を有効成分とする糖代謝促進剤。
【化1】
 


式(I)において、R1は炭素数1~5のアルキル基又はフェニル基であって、R2は炭素数3~7のアルキル基である。X1はハロゲンであり、X2は水素又はハロゲンである。

【請求項2】
 
血糖降下剤として用いられる請求項1に記載の糖代謝促進剤。

【請求項3】
 
肥満および/又は糖尿病の予防又は治療用である請求項1に記載の糖代謝促進剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16371_10SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close