Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC FIELD GENERATOR

MAGNETIC FIELD GENERATOR

Patent code P07A009934
File No. NIRS-125
Posted date Jun 1, 2007
Application number P2001-086098
Publication number P2002-289425A
Patent number P4623848
Date of filing Mar 23, 2001
Date of publication of application Oct 4, 2002
Date of registration Nov 12, 2010
Inventor
  • (In Japanese)幸田 勉
  • (In Japanese)熊田 雅之
Applicant
  • (In Japanese)日立金属株式会社
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title MAGNETIC FIELD GENERATOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a permanent magnet type magnetic field generator that can generate a ferromagnetic field of ≥3 T in its magnetic field generating space.
SOLUTION: This magnetic field generator 10 has the magnetic field generating space 2 at its center in the axial direction, and includes a Halfback type first magnetic circuit 12 formed on the central part of the outer periphery of the space 2 and a second magnetic circuit 16 which is formed to surround the space 12 on the inside of the circuit 14. The first magnetic circuit 14 is formed of permanent magnets 20a-20f and central parts A of permanent magnets 22a-22f. The second magnetic circuit 16 is formed of a pair of pole pieces 24a and 24b each having saturation magnetization of ≥1.6 T and central parts B of permanent magnets 26a-26d which magnetically couple the pole pieces 24a and 24b with each other.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、高磁界を発生させる永久磁石型の磁気回路としては、特開2000-243621号に示されるような略三角形の永久磁石を環状に配置したハールバッハ型の磁気回路が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は磁界発生装置に関し、より特定的には、偏向磁石、粒子加速器、磁気共鳴画像診断装置、癌治療用装置、癌診断装置および元素分析装置等に用いられる永久磁石型の磁界発生装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
環状に配置される複数の第1永久磁石を含む第1磁気回路、ならびに
前記第1磁気回路の内部に設けられ磁界発生空間を形成するために対向配置されかつそれぞれ1.6T以上の飽和磁化を有するS極側のポールピースおよびN極側のポールピースと、前記S極側のポールピースおよび前記N極側のポールピースを磁気的に結合する複数の第2永久磁石とを含む第2磁気回路を備え
前記複数の第2永久磁石は、前記S極側のポールピースから前記N極側のポールピースに向かうように磁化され、
前記複数の第1永久磁石は、
前記S極側のポールピースの外面に設けられかつ前記S極側のポールピースからみて外方に磁化された複数の永久磁石と、
前記N極側のポールピースの外面に設けられかつ前記N極側のポールピースに向かうように内方に磁化された複数の永久磁石と、
前記複数の第2永久磁石の外面に設けられ、前記外方に磁化された複数の永久磁石から前記内方に磁化された複数の永久磁石に向かうように磁化されかつ前記外方に磁化された複数の永久磁石と前記内方に磁化された複数の永久磁石とを磁気的に結合する複数の永久磁石とを含み、
前記第2永久磁石の保磁力は前記第1永久磁石の保磁力より大きく設定される、磁界発生装置。

【請求項2】
 
前記第2永久磁石の磁化方向と前記磁界発生空間の磁界方向とのなす角度が0度を超える、請求項1に記載の磁界発生装置。

【請求項3】
 
前記第1永久磁石の長手方向両端部にそれぞれ配置される第3永久磁石をさらに含む、請求項1または2に記載の磁界発生装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001086098thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close