Top > Search of Japanese Patents > CLEAN HOT CELL FOR SYNTHESIZING RADIOACTIVE MEDICINE, AND DISPOSITION STRUCTURE THEREFOR

CLEAN HOT CELL FOR SYNTHESIZING RADIOACTIVE MEDICINE, AND DISPOSITION STRUCTURE THEREFOR

Patent code P07A009936
File No. NIRS-119
Posted date Jun 1, 2007
Application number P2001-205272
Publication number P2003-021696A
Patent number P3864198
Date of filing Jul 5, 2001
Date of publication of application Jan 24, 2003
Date of registration Oct 13, 2006
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 和年
  • (In Japanese)吉田 兵吾
  • (In Japanese)鈴木 寿
  • (In Japanese)福村 利光
  • (In Japanese)湯浅 光秋
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title CLEAN HOT CELL FOR SYNTHESIZING RADIOACTIVE MEDICINE, AND DISPOSITION STRUCTURE THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To keep cleanness in a shielded chamber in a hot cell by negative pressure/positive pressure control inside, and keep cleanness by disposing a number of hot cells in a U-shape, and forming a door in an interface area.
SOLUTION: In this clean hot cell for synthesizing radioactive medicine, and a group of the hot cells for radioactive medicine, the shielded chamber 3 in the hot cell 1 is controlled to have a positive pressure or a negative pressure inside to keep cleanness, or the hot cells 1 are disposed in the U-shape to provide the interface area 30 to keep cleanness in each hot cell 1 during work.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、用いられていたこの種のホットセルとしては、第1従来例として、放射性物質を取り扱うための陰圧制御によるホットセルが採用されていた。
また、第2従来例として、薬剤合成で使用される陽圧制御によるホットセルが採用されている。
また、従来のホットセル群としては、第3従来例として、前室を設けたホットラボがあり、ホットラボの中にホットセルが配置されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、放射性薬剤合成用クリーンホットセルに関し、特に、遮蔽室内を陰圧及び陽圧の何れにも制御可能とし、大扉を開ける時は、空気の流れが大扉の手前に変更されてエアーカーテンが形成されると共に陽圧に変更され、理工学、医学及び薬学等の広い分野に応用できるようにするための新規な改良に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも同位元素、化合物及び薬剤の何れか又は組合せからなる放射性物質、すなわち、放射性薬剤を扱うようにした遮蔽室(3)を有するホットセル(1)からなる放射性薬剤合成用クリーンホットセルにおいて、
前記遮蔽室(3)にブロア下流ダンパ(8A)を介して接続された給気ブロア(8)と、前記遮蔽室(3)の入口側に設けられた大扉(5)と、前記遮蔽室(3)内の上部及び床(12)側に設けられた第1、第2パンチングボード(11,13)と、前記床(12)の前記大扉(5)側に形成され小扉(5a)及び搬送スペース調整ダンパ(20)が位置するバイアル搬送路(50)と、前記床(12)に接続されたセル排気ダンパ(22)及び前記バイアル搬送路(50)に接続された搬送スペース排気ダンパ(21)と、を備え、
前記セル排気ダンパ(22)を作動させ前記ブロア下流ダンパ(8A)を閉じることにより前記遮蔽室(3)内に陰圧を作ると同時に層流を作り、
前記大扉(5)を開く時は、扉開ボタンを押すことにより前記セル排気ダンパ(22)が閉まると同時に前記給気ブロア(8)及びブロア下流ダンパ(8A)が働いて前記遮蔽室(3)内に強制給気され、同時に前記搬送スペース調整ダンパ(20)が開き、前記大扉(5)が開く時は空気の流れは前記搬送スペース調整ダンパ(20)に向い前記大扉(5)の手前にエアーカーテンが形成され前記遮蔽室(3)内に陽圧が確保される構成としたこと特徴とする放射性薬剤合成用クリーンホットセル。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001205272thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close