Top > Search of Japanese Patents > HOT AIR HEATER

HOT AIR HEATER

Patent code P07A009962
File No. NIRS-184
Posted date Jun 1, 2007
Application number P2003-377124
Publication number P2005-140421A
Patent number P4304333
Date of filing Nov 6, 2003
Date of publication of application Jun 2, 2005
Date of registration May 15, 2009
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 和年
  • (In Japanese)鈴木 寿
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title HOT AIR HEATER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a clean hot air heater having a heat insulating structure and a heating means with extremely low dust generating property, which is suitable for miniaturization and, further, a hot air heater having a refrigerant intake port, a temperature sensor connecting port, and an inspection window and enabling efficient and rapid heating/cooling and temperature control by combining with a gas bath having a heat insulating structure.
SOLUTION: The hot air heater is adapted so that gas is heated while it is passed between a quartz covered pipe 8 provided on the inside of a heater outer cylinder pipe 61 and a quartz covering glass 92 for covering the heating part of the heating element 91 of the heater. The heater outer cylinder pipe 61 has a vacuum heat insulating double structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、熱風ヒータは種々の用途に用いられている。しかし、特に小型(気体浴を除く本体部分が直径30mm以下、長さ150mm以下程度)の熱風ヒータにおいて、断熱構造を併せ持つ熱風ヒータ、さらには発塵防止機能を併せ持ち、対象物を熱風で加熱する熱交換室である気体浴まで断熱構造であるヒータは存在していなかった。そのため、短寿命である放射性薬剤の自動合成装置のように小型で複雑な装置の内部にヒータを組込む場合、周囲の機器、特にアナログセンサーなどまで加熱され、出力値に誤差を与え、チューブを溶かしてしまう場合もあり、その対策が求められていた。また、平成14年度より、一部の自動合成装置が医療用具に認定されるようになり、使用部品には発塵しないものが求められるようになり、ヒータもその例外ではない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、熱風ヒータに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
気体がヒータの発熱体の加熱部とその外筒管の間を通過する間に加熱されるように構成され、該外筒管が真空断熱二重構造であり;上流側には気体導入口を、下流側には外筒管に接続した気体を通過させる筒状の周壁で形成された気体浴を備え、該気体浴の周壁が真空断熱二重構造であり;かつ該気体浴部に冷媒導入部及び温度センサー導入部を備える熱風ヒータ。

【請求項2】
 
発熱体の加熱部が石英ガラスで覆われている請求項1記載の熱風ヒータ。

【請求項3】
 
外筒管の気体流路部が石英で覆われている請求項1もしくは2記載の熱風ヒータ。

【請求項4】
 
気体浴がその内部を監視するための石英ガラスからなる覗き窓を備えてなる請求項1~3のいずれか記載の熱風ヒータ。

【請求項5】
 
ヒータ本体部分が直径30mm以下、長さ150mm以下の寸法を有する請求項1~4のいずれか記載の熱風ヒータ。

【請求項6】
 
気体がヒータの発熱体の加熱部とその外筒管の間を通過する間に加熱されるように構成され、該外筒管が真空断熱二重構造であり;上流側には気体導入口を、下流側には外筒管に接続した気体を通過させる筒状の周壁で形成された気体浴を備え、該気体浴の周壁が真空断熱二重構造であり;該気体浴部に冷媒導入部及び温度センサー導入部を備える熱風ヒータ;ならびに該気体浴の下流側に設けてなる反応容器、からなることを特徴とする化学物質の合成装置。

【請求項7】
 
反応容器の熱交換部が該気体浴内部に挿入されるように設けられた請求項6記載の化学物質の合成装置。

【請求項8】
 
反応容器が放射性薬剤の合成装置である請求項6もしくは7記載の化学物質の合成装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003377124thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close