Top > Search of Japanese Patents > ZEBRAFISH EXHIBITING HEART FAILURE SYMPTOM

ZEBRAFISH EXHIBITING HEART FAILURE SYMPTOM meetings

Patent code P07P005435
Posted date Jun 8, 2007
Application number P2005-328106
Publication number P2007-129982A
Patent number P4630989
Date of filing Nov 11, 2005
Date of publication of application May 31, 2007
Date of registration Nov 26, 2010
Inventor
  • (In Japanese)田中 利男
  • (In Japanese)島田 康人
  • (In Japanese)西村 訓弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title ZEBRAFISH EXHIBITING HEART FAILURE SYMPTOM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for making heart failure model animals by a simple and low-cost method.
SOLUTION: This method for producing Zebrafish (for example, Danio rerio) exhibiting a heart failure symptom comprises breeding fertilized Zebrafish eggs in the presence of a chemical substance, such as tacrolimus hydrate or astemizole. The method for identifying a candidate of heart failure remedy comprises using the obtained Zebrafish exhibiting the heart failure symptom. The Zebrafish exhibiting a heart failure symptom is useful as a model animal for researches and developments related to the treatments and preventions of heart failures.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


心不全などの心疾患を治療および予防するための新規薬剤の開発においては、心疾患の症状を呈するモデル動物、あるいは心疾患に関連する遺伝子または蛋白質に異常を有する変異体培養細胞または遺伝子組み換え培養細胞を用いて、候補薬剤の薬効を調べることが必要である。しかし、哺乳動物のモデル動物は高価であり広い実験施設を必要とするため、候補化合物を広くスクリーニングするのには適していない。また、培養細胞を用いる場合には、候補化合物が培養細胞で示す挙動と哺乳動物中での挙動とは必ずしも対応しない。



一方、より安価で大量の処理に適した方法として、ゼブラフィッシュ、メダカなどの小型の魚類をモデル動物として用いることも研究されており、毒性試験、変異原性試験等に応用されている。このようなモデル動物を得る1つの方法は、変異原を作用させて突然変異を引き起こした後に、所望の表現型を有する個体を選択する方法である。しかし、安定な変異株を樹立するためには繰り返し交配させる必要があるため、非常に手間がかかる。また、疾患に関連する標的遺伝子が過剰発現するかまたは欠損しているトランスジェニック動物を得る方法も知られているが、この方法は疾患に関連した遺伝子が同定されている場合にしか適用することができないという制限がある。さらに、ゼブラフィッシュの発生における特定の遺伝子または蛋白質の役割を調べる目的で、発生過程の種々の期間にその遺伝子の発現または蛋白質の機能の阻害剤を添加する実験が行われている(Chang, et al., Cell 118, 649-663, 2004, Lee el al., Developmental Dynamics published online, Sep. 2005)。しかしながら、これらの方法は、阻害剤が発生に及ぼす影響を遺伝子レベルで調べる目的で行われているものであり、疾患モデル動物を作製する方法、特にスクリーニングに適した安定した形質を有する疾患モデル動物を大量に作製することは示唆されていない。



【非特許文献1】
Chang, et al., Cell 118, 649-663, 2004
【非特許文献2】
Lee el al., Developmental Dynamics published online, Sep. 2005

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、心不全の治療および予防に関する研究開発のためのモデル動物として有用なゼブラフィッシュに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
心不全症状を呈するゼブラフィッシュの製造方法であって、ゼブラフィッシュ受精卵をタクロリムス水和物またはアステミゾールの存在下で飼育することを特徴とする方法。

【請求項2】
 
ゼブラフィッシュが拡張型心筋症症状を呈する、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
ゼブラフィッシュ受精卵を受精直後から6日目までの間に連続的または断続的にタクロリムス水和物の存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項4】
 
ゼブラフィッシュ受精卵を受精後24時間から34時間までの間、タクロリムス水和物の存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項5】
 
ゼブラフィッシュ受精卵を受精直後から6日目までの間に連続的または断続的にアステミゾールの存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項6】
 
心不全治療薬の候補物質を同定する方法であって,試験物質を請求項1記載の方法により製造された心不全症状を呈するゼブラフィッシュと接触させ,前記試験物質がゼブラフィッシュの心不全症状を変化させるか否かを測定することを含む方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005328106thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close